取材&インタビュー

短編映画『息をするように』枝優花監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
短編映画『息をするように』枝優花監督インタビュー

伊藤万理華が主演し、男の子役を演じた短編映画『息をするように』。今回は本作の監督と脚本を務めた枝優花監督にリモートでお話を伺いました。本作のキャスティングについてや、物語のテーマの1つでもある“孤独”について監督に直撃してみました。

<PROFILE>
枝優花(えだ ゆうか):監督、脚本
1994年生まれ。映画監督、脚本家、写真家。2017年に初の長編映画『少女邂逅』が新宿武蔵野館をはじめ全国公開し2ヶ月のロングランヒットを記録。香港国際映画祭や上海国際映画祭に招待され、バルセロナ・アジア映画祭では最優秀監督賞を受賞した。2019年には日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞。テレビドラマや映画などを多数手掛ける一方で、STU48やindigolaEnd、KIRINJIなど、多くのアーティストのショートムービーやミュージックビデオも手掛けている。


他人のことが見えないからこそ自分を見つめる時間に孤独を感じて、自分のことを大事にして欲しい

短編映画『息をするように』伊藤万理華/小野寺晃良

シャミ:
本作はシンガーソングライターのKarin.さんの楽曲にインスパイアされて製作されたということですが、具体的にどんな点に惹かれましたか?脚本を作るにあたって、意識された点もあれば教えてください。

枝優花監督:
最初はKarin.さん側から短編映画とミュージックビデオの両方を作って欲しいといった話から始まり、そういう構成で何かを作ったことがなかったので、折り合いを付けてどちらも良い形でというのを模索して作りました。それを1つにまとめたものが今回の作品になっています。なので、Karin.さんの持っているアーティストとしての特徴や楽曲をねじ曲げないようにしたいなというのを念頭に置いて作りました。Karin.さんサイドがこちらを信頼して、「この曲を使って好きに作ってください」というお願いを受けました。もちろんKarin.さんの曲も聴いて、その時に自分が関心のあったことに寄せながら作り上げました。

シャミ:
監督の中で本作を作る上でどんなアイデアがあったのでしょうか?

枝優花監督:
Karin.さんの曲は高校生の時に作られたそうで、その当時悩んでいたことや人と自分が上手く交われないといったことを今回の楽曲に限らず、他の楽曲からも感じたので、それをどう物語にしようかと考えました。また、今回の主演は伊藤万理華さんで元々決まっていたのですが、そのお話をいただく前から伊藤さんのことは気になっていたので、伊藤さんが持っている魅力と、Karin.さんの楽曲の持っている“人と上手く交われない”という部分を合わせたという感じです。

シャミ:
キャスティングについても伺いたいのですが、今回伊藤万理華さんに男の子役をやってもらおうと思った理由を聞かせてください。

短編映画『息をするように』伊藤万理華/小野寺晃良

枝優花監督:
結果的に伊藤さんだったからということなのですが、以前同じ業界の男友達と飲んだ時に聞いた話もきっかけになっています。私と同世代の友達で仲良くしている人は、一緒にいて女だとか男だとかを意識しないで済む人達ばかりで、お互いに結構突っ込んだ話もするんです。その男友達はマインドがすごく中立で、その友達が「自分は異性愛者だし、男性に恋愛的な感情を抱いたことはないけど、女性を見ている時にたまに男として女性を見ているのではなくて、自分の中にいる女性のような感覚でその女性を見ている」と言っていたんです。それは女友達として女の子を見ているみたいな感覚で、よく男女の友情は成立するのかとか言われますが、そういうことではなく自分の中に女性性もあって女の子を見るという絶妙な感覚なんです。男性が女性を見る時にいつでも性的な視点とは限りませんし、その感覚は私もすごくわかるなと思いました。私も男友達といた時に女として男友達を見るのではなく、自分の中にある男性性というかその人をただ1人の人間として見るみたいな感覚があって、それをどうやったら映像化できるんだろうと思いました。今回はそこだけがテーマではありませんし、トランスジェンダーとかそういうことではなくて、敢えて女性が男の子を演じた時に、そこから通して見た男の子をどう映せるんだろうということに興味がありました。

シャミ:
主人公のアキは、アイデンティティも性自認も定かでない思春期の少年で、孤独を感じていましたが、同じように孤独を感じている人は世の中にも多いと思います。監督自身は何か孤独を感じた経験などありますか?

枝優花監督:
それはずっと感じている気がします。小さい頃は近所の皆と同じ保育園に行っていなかったので、近所に友達がいなくて、わかりやすく孤独を感じていました。中学生の時は部活動で頑張り過ぎて、それが空回りして皆と打ち解けられなくて孤立したこともあります。「こうやったけど上手く溶け込めなかった」とか「距離感が難しいな」と思って、「じゃあどうしたらコミュニティの中で浮かずに普通の人として見てもらえるのか」と、いつも試行錯誤していました。なるべく目立たずに注目されずに、どうしたら皆と同じでいられるのかということをずっとやってきたので、誰かに注目されることや皆に必要とされる存在は疲れるなと思っていました。

短編映画『息をするように』伊藤万理華

だけど、いろいろなことがあって結局この仕事に就いた時に、皆がよく「監督は孤独だ」と言っていて、自分がスタッフをやっている時はにわからなかったのですが、いざ監督になった時に「なるほど、こういうのが孤独か」と思うようになりました。皆同じ船に乗って同じところを目指していて、スタッフの皆は私の背中を見て付いてきてくれるのですが、私の前には誰もいなくて、自分で実態のない何かをひたすら目指し続けないといけません。例えば、目の前にわかりやすいゴールがあって「ここを走れば良いんだ」とわかっていたら、同じように皆で手を繋いで走っていけば良いのですが、ゴールがわからないから皆と手を繋げず、とにかく何かに向かって後ろにいる皆を不安にさせないようにしながら走り続けないといけないんです。でも、私もゴールがわからないんですよ(笑)。なので、スタッフと会話をした時に自分だけ何か少し違う感じがして孤独を感じるのですが、それを孤独だと言うのも何か贅沢な気もします。

シャミ:
後ろにたくさんのスタッフの方がいることにプレッシャーを感じる時もありますか?

枝優花監督:
そうですね。この感覚をなかなか共有できないのは、どの監督も皆そうだと思います。最初の頃はそれがしんどいなと思っていましたけど、今は贅沢な悩みだなと思います(笑)。

シャミ:
ありがとうございます。経験や見方が変わることで孤独から抜け出すこともあれば、ずっと孤独を感じてしまう人もいると思うのですが、そういう人に向けて監督から何かアドバイスはありますか?

短編映画『息をするように』伊藤万理華/小野寺晃良

枝優花監督:
SNSでいろいろな方からメッセージや相談をもらって読むと、皆さんがどういう想いで会ったことのない私に赤裸々なメッセージを送ってくるんだろうといつも思うんです。その人達はきっと私に「わかってもらいたい」「わかってもらえそう」と感じるのだと思いますが、その人達から見て私が満たされている人のように見えているのかなと感じます。それは私がメディアで見せている光の当たっている部分を見て、羨ましいと思ったり、「自分はダメな人間で孤独を感じているけど、きっとこの人は違う」「自分みたいな悩みがない」と思っているのかなと感じることがあります。それに対して何でとは思いませんが、人は自分の見せたい面しか見せませんし、こう思われたいからこうするとかもあって、SNSは特にそういう場所なので、自分が世に見せている部分は自分の1%にも満たないのになといつも思います。だから孤独を感じている人の場合、自分と他の人を比べて、その差に対して孤独を感じたり、「自分なんて…」と思ってしまうのかもしれません。たぶん皆見せていないだけで孤独を感じていて、「孤独なのは自分だけじゃない」と思うことで決して孤独を解決できるとは思いませんが、実は孤独を感じること自体は悪いことではないのかしれないとも思います。

シャミ:
アキから見たキイタみたいですね。

枝優花監督:
そうですね。皆「自分だけが」とか「自分が」と思ってしまうし、私も思ってしまいますが、逆に1人の時間を作るとか、自分自身を見つめる時間があまりにも少な過ぎるなと感じます。私の場合は子どもの頃、そういった時間が多かった気がします。多くの人が、他者と一緒にいることで他者のことを考え過ぎてしまい、誰かを通してしか自分を見られなくなっていると思います。でも、それってすごくしんどいことだと思いますね。もっと自分が何をしたいのか、何を好きなのか、何で疲れているのかとか、自分に話しかける時間がもっとできたほうが良いのかなと思います。自分のことをわからないと、他人のこともわからないというか、他人のことが見えないからこそ自分を見つめる時間に孤独を感じて、自分のことを大事にして欲しいと思いますし、それが回り回って、自分以外の人を大事にすることに繋がると思うんです。今は「孤独だな」「自分はダメな人間なんだ」と思って、自分を傷付けることが上手い人がたくさんいますが、それはどうなのかなと思います。SNSでもらう悩み相談は、それぞれ内容は違いますが、それに対して私はいつも同じことを伝えていいます。「そんなに自分のことをいじめないで、もっと自分を大事にする練習をするほうが良いよ」って。

短編映画『息をするように』伊藤万理華

シャミ:
ありがとうございます。少し話題が変わりますが、本作や『MIRRORLIARFILMS Season1』の“Petto”、『少女邂逅』を含め、監督の作品は学生を主人公にした作品が多くありますが、この世代の魅力や映画として描きたくなるポイントはどんな点でしょうか?

枝優花監督:
たまたま学生を描いたということもあれば、自ら学生を描きたいと思って作ることもあるので、一概にそうとは言えませんが、私は未完成だったり未熟なものが好きなんです。確立していなくて、それに葛藤している姿が好きなので、たぶんわかりやすく未完成で描きやすいという点で学生なのかなと思います。あとは、私自身経験していなくて、理解できていない人物の演出をすることがまだできないと思っていて、演出する相手は物じゃなくて人なので、そこに対して誠実に向き合うことがまだ足りていないと感じているのもあります。今は20代後半ですが、20代というものもここ最近までわかりませんでした。私自身、激動だったのもありますが、第2の思春期が来たと思うくらいわからなくて、気が付いたら“女子”というより“女性”として見られるようになって、そう思っていたら今度は「結婚はどうするの?」と言われたり、自分の立ち位置が人からの見方でどんどん変わっていることを感じます。それが全然把握できなかったのもあって、20代を描くことは自分の中でちょっと体力がいることだと感じていました。でも、学生ならもう経験して10年の時が立っていて、自分の中でだいぶ整理できていたので、学生を描くことが多いのかもしれません。最近やっと20代の整理がついてきたので、そろそろ自分の世代の物語を描きたいという気持ちにもなっていて、逆に学生については時代も変わって、だんだんとわからないことも出てきて、学生の気持ちを逆に知ったかぶってしまう怖さもあると感じているので、学生はそろそろ1回お休みしたいなと思っています(笑)。

シャミ:
監督が描く他の世代の話もすごく興味があります!今後の作品も楽しみにしています。

枝優花監督:
ありがとうございます。

シャミ:
では最後の質問で、これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

短編映画『息をするように』枝優花監督インタビュー

枝優花監督:
映画を観ることが小さい頃から好きだったのですが、映画を撮ってみたいとか、映画の世界に違う意味で興味を持ったのは、10代の時に観たグザヴィエ・ドランの『マイ・マザー』でした。あの映画は19歳の時に彼が撮っていて、ずっとお母さんとケンカをしている様子が映し出されているのですが、私の学生時代に近い感覚があって驚きました。監督に会ったこともなければ監督の人生も知りませんし、フランスやカナダのことも知らず、わからないことはたくさんあるのですが、たった1本の映画を観ただけでそういうわからない部分を全部飛び越えて心が動くことがあるんだと感じました。普通ならこの感覚を得るために、英語やフランス語を勉強して、お金を貯めてフランスに行って、コミュニケーションをとるなど、たくさんのハードルがありますが、それがなくても映画1本で気持ちに寄り添えたり、コミュニケーションがとれることを知って、映画は文化や言語を越えられるんだということに衝撃を受けました。自分が撮った作品を全然知らない国の人が観て、「何かわかる」と思ったり、「ちょっと救われたな」と感じてもらえて、さらに観た人と話ができたら、すごくおもしろいなと思いました。単に「こういう映画を撮りたい」とかではない、また違う角度から映画を撮ってみたいという感覚をもらったのは、『マイ・マザー』が初めてでした。その経験が今の自分の夢と繋がっているので大事な映画です。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2021年9月3日取材 TEXT by Shamy

短編映画『息をするように』伊藤万理華

短編映画『息をするように』
2021年9月18日よりユーロスペースにて1週間限定レイトショー公開、他全国順次公開
監督・監督:枝優花
出演:伊藤万理華/小野寺晃良
配給:ブリッジヘッド

アイデンティティも性自認も定かでない思春期の少年アキは、両親の離婚をきっかけに転校し、自分に自信を持てずに息をひそめるように生活していた。そんなある日、クラスで人気者のキイタに声をかけられたことがきっかけで、少しずつ彼と一緒にいる時間が増えていく。しかし、特別なキイタと何もない自分はつり合わないと感じ、アキは距離をおこうとするが…。

公式サイト

©2021 FAITH MUSIC ENTERTAINMENT INC. UNIVERSAL MUSIC LLC

関連記事
  • イイ俳優セレクション/ 伊藤万理華 (後日UP)
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マイ・ダディ』ムロツヨシ マイ・ダディ

最初は2つのストーリーが同時進行していき、それがどう繋がっていくのかというところから…

映画『コンティニュー』ナオミ・ワッツ ナオミ・ワッツ

1968年9月28日イングランド、ショアハム生まれ。14歳の時にオーストラリアのシドニーに移り…

映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀 総理の夫

政治家とその家族からは、政界がどう映っているのかを知ることができ…

映画『Mr.ノーバディ』ボブ・オデンカーク ボブ・オデンカーク

1962年10月22日、アメリカ生まれ。俳優、コメディアン、放送作家、映画監督、脚本家として幅広く活躍中。2009年からスタートした…

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』​ファン・スクリーニング・イベント、トム・ハーディ、アンディ・サーキス監督 ​トム・ハーディ&アンディ・サーキス監督が登場!『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』世界最初の​ファン・スクリーニング・イベント開催

トム・ハーディ主演の映画『ヴェノム』の続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が、2021年に劇場公開!このたび、ロンドンにて世界最初の​ファン・スクリーニング・イベントが行われ、会場に​トム・ハーディとアンディ・サーキス監督、さらにトムの愛犬ブルーも登場しました。

映画『空白』古田新太/松坂桃李 空白

初期の宣伝では、古田新太が演じる主人公の狂気が前面に出されていたこともあり、観る前のイメージとは…

映画『グリーンランドー地球最後の2日間ー』スコット・グレン スコット・グレン

1941年1月26日アメリカ生まれ。1980年に『アーバン・カウボーイ』で注目され…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”メイキング、山下敦弘監督 『MIRRORLIAR FILMS Season1』山下敦弘監督インタビュー

今回は『MIRRORLIAR FILMS Season1』で、“無事なる三匹プラスワンコロナ死闘篇”のメガホンをとった山下敦弘監督にリモートでお話を伺いました。長編映画も手掛ける監督に短編の好きな点やフィルム撮影の良さ、この10年間での映画業界の変化について聞いてみました。

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ クーリエ:最高機密の運び屋

本作は、キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男達の葛藤と決断をスリリングに描いた…

映画『テーラー 人生の仕立て屋』ディミトリス・イメロス ディミトリス・イメロス

1967年6月12日ギリシャ、アテネ生まれ。ギリシャの演劇学校とロシア舞台芸術アカデミーで演劇を学ぶ。2001年から…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  2. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  5. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣

おすすめ記事

Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ 好きな★☆を語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”参加者募集

この度、皆さんからのご要望が多かった“交流会”を開催することにしました。この“交流会”は作品鑑賞はせずに自由に会話していただく機会として実施します。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・ダディ』ムロツヨシ
    マイ・ダディ

  2. 映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀
    総理の夫

  3. 映画『空白』古田新太/松坂桃李
    空白

  4. 映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ
  5. 映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ
  6. 映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル
  7. 映画『アイダよ、何処へ?』ヤスナ・ジュリチッチ
  8. 映画『レミニセンス』ヒュー・ジャックマン
  9. 映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー/ジュディ・デンチ
  10. 映画『スパイラル:ソウ オールリセット』クリス・ロック
PAGE TOP