REVIEW

ダ・ヴィンチは誰に微笑む

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』

何年も前に描かれた名画は世の中にたくさんありますが、本作を観ると改めて名画がホンモノなのかどうかというのは見極めが難しいことを実感します。本作は、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の傑作とされながらも100年以上も行方不明だった“サルバトール・ムンディ”=通称「男性版モナ・リザ」が見つかったとされ、その絵を巡って美術界のさまざまな立場の人間達がホンモノか否かで議論し、その売買においても物議を醸した様子が映し出されています。
なんと一般家庭から見つかったとされるこの絵は最初日本円にして13万円で美術商に買われ、その後さまざまな過程を経て最終的に510億円という値が付けられます。なぜそんなことになるのかというと、絵がホンモノかどうかという議論だけではなく、それをビジネスで利用しようとする人々の目論見も絡まってきて、「ホンモノであったほうが都合が良い」という事情のもと価格が高騰していくのです。これはドキュメンタリーですが、信じられないような駆け引きが次々と繰り広げられていき、映画かドラマかなと思うような嘘のような本当の話が映し出されていて、映画としてはとてもおもしろいですが、美術界の実態に見える社会の構造になんとも複雑な気分にさせられます(苦笑)。
美術に興味がある方はもちろん、ビジネスの視点、投資家的な視点、マーケティング的な視点でも楽しめる作品なので、いろいろな角度から楽しんでください。

デート向き映画判定
映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』レオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオもこの絵の展覧時に訪れた客の一人としてちらっと映りますが、それだけ多くの人達がこの絵に興味を持っていることが本作を観るとわかります。本作を観る限りこの絵がホンモノか否かは未だに定かになっていませんが、この絵が辿る過程がとても興味深いので、誰を誘ってもそれなりに楽しんでもらえると思います。本作を観たら美術館に行ってみたくなるので、次のデートに誘う口実にも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』

映画やドラマによく出てくるお金持ちの代表格といえば、ロシアの大富豪やアラブの皇族が挙げられますが、現実を捉えたドキュメンタリーである本作でもロシアの大富豪やアラブの皇族が名画の売買に本当に登場するので、「マジですか!?」という目線で引き込まれます(笑)。トリッキーな駆け引きも取り上げられていてある程度の集中力と理解力が必要なの中学生以上向けかなと思います。ビジネスの仕組みの1つの例としても興味深いので、社会勉強の一環で観るのも良いでしょう。

映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』

『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』
2021年11月26日より全国公開
ギャガ
公式サイト

©2021 Zadig Productions ©Zadig Productions – FTV

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP