REVIEW

ドライブアウェイ・ドールズ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドライブアウェイ・ドールズ』マーガレット・クアリー/ジェラルディン・ヴィスワナサン

REVIEW

女子2人のロードムービーという程度の情報で観始めて、冒頭でまず「アレレレレ?」となります(笑)。でも、イーサン・コーエン監督作ということを思い出すと、その後に続くクセ強な描写に「らしさ」を感じて納得します。
本作は、ジェイミー(マーガレット・クアリー)とマリアン(ジェラルディン・ヴィスワナサン)、女子2人が気楽なドライブ旅行で、知らぬ間に犯罪に巻き込まれてしまう珍道中を描いています。性に奔放でモテるジェイミーと、奥手で何年もご無沙汰のマリアンは、道中でレズビアン・バーに立ち寄ったり、道草をします。でも、実は2人が借りた車には、あるブツが積まれていて、ブツを回収しようとする男達が2人を追ってきます。

映画『ドライブアウェイ・ドールズ』コールマン・ドミンゴ

冒頭シーンにはかなり緊張感があるので、そのままのテンションでいくのかどうかドキドキさせられるものの、間にお気楽なシーンが挟まってくるので、良い意味でつかみどころのないおもしろさがあります。でも、決定的に「そっちか!」となる方向性を示す展開が出てくるので、そこからは一層とんでもない方向へ勢いを増していきます。マット・デイモン、ペドロ・パスカル、コールマン・ドミンゴといった豪華俳優陣が脇を固めていながら「そういう話!」となるので、こんな贅沢な起用の仕方をするなんてイーサン・コーエン監督だからこそできる業だなと感じます。そして、マーガレット・クアリー、ジェラルディン・ヴィスワナサン、ビーニー・フェルドスタインがコメディエンヌの才能を爆発させています。まず、マーガレット・クアリーが演じるジェイミーは、モテるのも納得のキャラクターです。ジェイミーのガールフレンドは苦労しそうですが、惚れてしまうのもわかります(笑)。そして、ジェラルディン・ヴィスワナサンは奥手ながらも時によっては大胆なマリアンを好演。ジェイミーの元カノ、スーキーは一番美味しいキャラクターともいえて、ビーニー・フェルドスタインの演技力によって魅力が増しています。
ぶっ飛んだノリに任せて楽しむのも良し、男性性、女性性というようなテーマを念頭に置いて自分なりに解釈するのも良しの作品です。

デート向き映画判定

映画『ドライブアウェイ・ドールズ』マーガレット・クアリー/ジェラルディン・ヴィスワナサン

極端過ぎて、もう恥ずかしい域を越えて笑えるともいえますが、まあまあな下ネタが出てくるので、初デートや交際ホヤホヤのカップルは、反応に困るかもしれません。ここで笑っていいものかと考えてしまうシーンが出てくるので、相手との心の距離感によってデートで観るか検討してください。ある程度、お互いの笑いのツボがわかっていて、ツボが違うところで笑っても理解がある場合は一緒に観るのもアリでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ドライブアウェイ・ドールズ』マット・デイモン

PG-12で大人と一緒なら小学生でも観られるとはいえ、これは親子で観るとかなり気まずいはず。子どもはゲラゲラ笑っちゃうかもしれませんが、大人は子どもの前で笑いづらいかも(苦笑)。思春期の皆さんも笑い飛ばせるか、引くか、反応が分かれそうですが、観るなら仲の良い友達と観るほうが気楽に楽しめるでしょう。

映画『ドライブアウェイ・ドールズ』マーガレット・クアリー/ジェラルディン・ヴィスワナサン/ビーニー・フェルドスタイン/コールマン・ドミンゴ/ペドロ・パスカル/ビル・キャンプ/マット・デイモン/マイリー・サイラス

『ドライブアウェイ・ドールズ』
2024年6月7日より全国公開
PG-12
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023 Focus Features. LLC.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年6月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP