REVIEW

峠 最後のサムライ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『峠 最後のサムライ』役所広司

幕末の風雲児と呼ばれた越後長岡藩の家老、河井継之助について描いた司馬遼太郎の国民的ベストセラーを、名匠、小泉堯史が映画化した本作。主人公の継之助(役所広司)は、幕末という戦争が当たり前の時代に、戦争を避けようと行動した人物で、本作では彼が時代に抗いながら奔走する姿と、彼の頭の良さや優しい人柄が映し出されています。歴史に詳しくなくても内容にはついていけますが、可能であればサラッと時代背景だけでも調べておくと、物語への理解がより深まりそうです。
キャストは、継之助を演じた役所広司をはじめ、松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、東出昌大、佐々木蔵之介、吉岡秀隆、仲代達矢など、錚々たる面々が集結しています。それぞれが重要な役を演じているので、誰がどの役で継之助と関わってくのかにも注目です。
幕末の混沌とした時代に、継之助が信念を持って自分なりの戦い方をする姿や、周囲の人達への気配りを忘れない姿は、リーダーとして良いお手本になると思います。また、戦争がない世の中を目指す継之助の志は、現代人にとっても何か心に響くものがあるのではないでしょうか。

デート向き映画判定
映画『峠 最後のサムライ』役所広司/松たか子

デートムービーではありませんが、継之助と妻のおすが(松たか子)の関係はカップルにとって参考なる点が多いと思います。2人がお互いを信頼し、想い合う姿はとても素敵で、こういう心の繋がりを築くことができたら理想だなと感じます。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『峠 最後のサムライ』役所広司

歴史の基本的な知識がないと難しいと思うので、キッズはせめて小学校高学年になってから観てください。ティーンは、継之助に注目して観て、彼の素晴らしいリーダーシップや、先々まで考えながら行動する賢さを学んで欲しいと思います。もし鑑賞中に疑問な部分があったら、後から自分で調べると歴史の勉強にもなりますよ。

映画『峠 最後のサムライ』役所広司

『峠 最後のサムライ』
2022年6月17日より全国公開
松竹、アスミック・エース
公式サイト

© 2020『峠 最後のサムライ』製作委員会

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP