イイ俳優セレクション

田中泯(たなか みん)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アルキメデスの大戦』田中泯

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され、現在も世界各地で活動する。その一方で、2002年に山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』で映画デビューし、第26回日本アカデミー賞助演男優賞と新人俳優賞を受賞。以降、映画やドラマにも数多く出演し『メゾン・ド・ヒミコ』、NHK大河ドラマ『龍馬伝』や、映画『るろうに剣心 京都大火編伝説の最期編』『Vision』などに出演し、迫力あふれる演技で活躍の場を広げている。

イイ男セレクション/出演作

『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』『メゾン・ド・ヒミコ』『地下鉄に乗って』『鉄コン筋クリート』『ヘブンズ・ドア』“Map of the Sounds of Tokyo(原題)”『京都太秦物語』『八日目の蝉』『ほかいびと~伊那の井月~』『外事警察 その男に騙されるな』『祖谷物語 おくのひと』『RETURN』『47RONIN』『永遠の0』『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』『無限の住人』『Vision』『DESTINY 鎌倉ものがたり』『羊の木』『人魚の眠る家』『アルキメデスの大戦』『いのちの停車場』『HOKUSAI』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

声の出演:『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』『海獣の子供』など

雰囲気も、声も、どこか神々しく、佇まいだけで成立しているのがスゴいです。

Recommended by Myson

© 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 © 三田紀房/講談社

from 2019/8/16

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP