REVIEW

私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』マリオン・コティヤール

物語の冒頭から、姉アリス(マリオン・コティヤール)と弟ルイ(メルヴィル・プポー)の異様な仲の悪さが印象付けられ、一気に物語に引き込まれます。そして、なぜそれほどまでお互いを避け続けるのか、謎に包まれたまま物語は展開します。一方で、憎み合っているはずのきょうだいの間に、愛があるようにも見えてきます。本作は、2人の間に流れる複雑な感情について、具体的な言葉で明らかにすることはないまでも、絶妙な空気感でリアルに表現しています。

ここからはあくまで私個人の解釈でネタバレを含みますので、鑑賞後にお読みください。

映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』マリオン・コティヤール

アリスとルイはある時まではとても仲が良かったこと、2人の間に明らかな変化があった出来事も明かされます。鍵はその出来事が2人の気持ちに何をもたらしたかです。彼等の両親の関係も鍵となります。両親の関係から想像して、2人はある時まで支え合っていたのでしょう。お互いがとても大切な存在で、芸術的な仕事をする2人はお互いに良い刺激を得ていたとも考えられます。それはきょうだいでありながら、少し恋人のような近さもあったかもしれません。でも、大人になると、きょうだいそれぞれの人生が見えてきます。お互いを手放すべき瞬間がやってきます。それがあの出来事だったのではないでしょうか。お互いの才能を妬んでいるようにも見えて、実はお互いの自立を確信した瞬間、ずっと一緒にはいられないと自覚した辛い瞬間だったのかもしれません。会えば、その複雑な感情と向き合わなければいけません。特別な思いがあるからこそ、2人は距離を置いたと同時に、避けられていることに寂しさと憎悪が膨らんだようにも見えます。
世の中には本当に仲の悪いきょうだいもいます。この2人も本当に仲が悪い可能性ももちろんあります。ただ、限られた2人のシーンには、愛情が溢れています。この見事なシーンを作った、マリオン・コティヤール、メルヴィル・プポーの名演、アルノー・デプレシャン監督の名演出をぜひご堪能ください。

デート向き映画判定
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』マリオン・コティヤール

観る方によって、アリスとルイの関係をどう捉えるかは違うでしょう。言葉では簡単に表せない2人の間の複雑な感情に似たものを感じた経験があっても、パートナーには説明づらいように思います。そうなると、ある意味ではデートで観るのは気まずいともいえます。1人でじっくり観るか、仲の良い幼馴染と観るのが良さそうですね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』マリオン・コティヤール/メルヴィル・プポー

大人になってから観るほうが、主人公達の心情にさまざまな想像を巡らせることができると思います。きょうだいのいるティーンの皆さんは、今の自分達とキャラクターを重ねてみて、数年後にまた観てみると、捉え方が変わるかもしれません。もし、今きょうだいと仲が悪ければ、話し合うのも難しいかもしれませんが、本作で自分達を客観視することで、少し心の硬さがほぐれそうです。

映画『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』マリオン・コティヤール

『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』
2023年9月15日より全国順次公開
PG-12
ムヴィオラ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©︎ 2022 Why Not Productions – Arte France Cinéma

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP