REVIEW

461個のおべんとう

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑

父子で暮らすことになった一樹と虹輝が主人公の物語。本作の原作は2020年で結成30周年を迎える音楽ユニット“TOKYO No.1 SOUL SET”の渡辺俊美が、息子との実話を綴った「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)です。虹輝が高校に通う3年間、虹輝は休まずに学校に行き、一樹は毎日お弁当を作ることを約束します。3年間毎日お弁当を作るなんてそれだけですごいなと思うのですが、さらにそのお弁当のクオリティがめちゃめちゃ高いんです。正直、世のお弁当を作っている親御さん達からすると、「ハードルを上げないでくれ」と思ってしまいそうですが(笑)、一方でとても良いお手本になるお弁当の数々が登場するので参考になります。そのお弁当を見ているだけでもワクワクして、父の愛情を感じるのですが、合わせてそのお弁当を受け取る息子の成長や父への愛も描かれていきます。
息子に自由にのびのびと育って欲しい父、父の思いをわかっていながら簡単にはできないと葛藤する息子。特に息子の言葉一つひとつが、今の若者の心をリアルに投影していて、人にはそれぞれ頑張り方があるし、いつエンジンがかかるかゆっくり見守る必要があるのだということを教えてくれます。男同士、多くを語らないからこそ、こういうコミュニケーションの形もあるんですね。そんな特別な関係をちょっと羨ましく思えるストーリーです。

デート向き映画判定

一樹の恋愛にもリアルな展開があり、「そうそう、こういう人いる」「こういう人と付き合うと、確かにそういう気持ちに陥りそう」と一樹のパートナーの気持ちにも共感できます。それは何なのかは映画で観て頂くとして、ネタバレしないようにざっくりいうと、一緒にいるのに寂しいという感覚です。そんな感覚に陥っている人は、本作を観ると「私もこれだ」と気付くかもしれませんが、そこからどうするかというヒントも、本作を観て客観視すると得られると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

親は子どもに幸せになって欲しくて一生懸命ですが、それが同時にちょっとプレッシャーになることもありますよね。そんな思春期の皆さんの「私だって頑張ってる」「俺だって頑張ってる」という気持ちを、虹輝が代弁してくれています。学校での友達とのお弁当のやり取りも観ていて楽しくて、等身大で楽しめるはずです。私も高校時代に、強面だけど気は優しい男友達が、クラス皆に配れるくらいたくさんのイチゴをタッパーに入れて持参したのを思い出しました(笑)。そんなホッコリが詰まった映画です。

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑/森七菜/若林時英/工藤遥/阿部純子

『461個のおべんとう』
2020年11月6日より全国公開
東映
公式サイト

© 2020「461個のおべんとう」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP