取材&インタビュー

『461個のおべんとう』阿部純子さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『461個のおべんとう』阿部純子さんインタビュー

今回は、2020年に出演作が目白押しの阿部純子さんにインタビューをさせて頂きました。『461個のおべんとう』では、高校生の虹輝の葛藤も印象的に描かれていますが、16歳の頃から俳優を続けている阿部さんに、やりたいことが見つからない時はどうすれば良いかなど聞いてみました。

<PROFILE>
阿部純子(あべ じゅんこ):矢島真香 役
1993年5月7日生まれ、大阪府出身。2010年映画『リアル鬼ごっこ2』で、ヒロインに抜擢され、女優デビュー。慶應義塾大学在学中に、芝居と英語を勉強するためニューヨーク大演劇科に留学。2014年、『2つ目の窓』(河瀬直美監督作品)で主演を飾り、第4回サハリン国際映画祭主演女優賞、第29回高崎映画祭で最優秀新人賞を受賞した。近年の主な映画出演作に『孤狼の血』『サムライマラソン』『ソローキンの見た桜』『Daughters』『罪の声』などがある。2021年は、『燃えよ剣』などの映画が公開を控えている。

置かれた環境によって見つけたものが自分を作っていく

映画『461個のおべんとう』阿部純子

マイソン:
本作にはすごく美味しそうなものがたくさん出てきたのですが、普段阿部さんがテンションが上がる食べ物ってありますか?

阿部純子さん:
私はシーフードが大好きで、カニ、エビ、イクラが好きなので、海沿いに行くのが好きです。新鮮なものが頂けるので、もう大好きです!

マイソン:
甲殻類がお好きなんですね。ロケなどでいろいろなところに行くと思うんですが、思い出深い食べ物はありましたか?

阿部純子さん:
いろいろなところに行かせていただいているので悩みますが、愛媛でいただいた鯛茶漬けが美味しかったです。その場で捌いていただいて、1つの丼にしてもらって豪快に食べました。本場の味というか、そこでしか味わえない味で贅沢にいただきました。

映画『461個のおべんとう』阿部純子さんインタビュー

マイソン:
美味しそう!やっぱり海の幸がお好きなんですね。今回の作品では、美味しそうなお弁当はもちろん、井ノ原快彦さんが演じた一樹と、阿部さんが演じた真香の関係も印象的でした。「一樹さんと一緒にいると寂しくなる」っていう真香の台詞がすごく生々しいと思いました。

阿部純子さん:
わかります!

マイソン:
阿部さんご自身は一樹のような男性ってどう思われますか?

阿部純子さん:
尊敬できる部分がある男性ってすごく魅力的だなと思います。でも一樹さんは自分の好きなものに対して一直線なところがあるので、そこでおいてきぼりにされるのはちょっと寂しいなっていう真香の気持ちはよくわかります。言いたいのに言えない感覚とかもわかるなって思いながら演じていました。

マイソン:
真香の行動や決断で共感できる部分は具体的にありましたか?

阿部純子さん:
やっぱり複雑ですよね。真香の場合は虹輝くん(道枝駿佑)のことを考えての家族の在り方や、一樹さんにとって1番良いのはどういう形だろうってことを考えていたので、そういった部分はすごく思慮深いというか、私がそこまで考えられるタイプかわかりませんが、もし自分がその立場になったら真香と同じようにするんじゃないかなと思いました。

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑

マイソン:
一樹が息子にやりたいことは何でもやれと言っている一方で、息子からするとお父さんのパワフルなバイタリティ溢れる部分がプレッシャーに感じているように見えました。あのやり取りがすごくリアルで、それでも最後は相互作用というか両者が成長していく姿がすごく良いなと思いました。虹輝みたいにまだやりたいことが見つからない若者は世の中にたくさんいると思いますが、阿部さんだったら彼等にどんなアドバイスをしますか?

阿部純子さん:
まず、やりたいことができる現代って奇跡じゃないかと思います。戦争もないし、やりたいことをやらせてもらえるのはすごくありがたいなと。選択肢がたくさんあり過ぎて決められないというのもアリだと思うんです。それはそれで、いろいろな自分の気持ちを心にしまわなければ、いろいろな分野で友達ができるわけですし、自分をその環境に置いてみて、その環境によって見つけたものとかが自分を作っていくものだと思います。絶対にこれってすぐにわからなくても、それで良くて、だんだんわかってくるものだと思います。

マイソン:
最初からビシッとこれじゃなきゃいけないというのではなく、ちょっと気になったらやってみるということですね。阿部さんが俳優になられたのは、高校生の時ですか?

阿部純子さん:
はい。私は学生の時にたまたまやりたいことが見つかったんですけど、それでも両親の薦めでなるべく勉強できる、学べる環境にいなさいということで、いろいろな分野で勉強して、友達もいる学校に行っていました。自分のやりたいことは演技だって思っていましたが、大人になってくると、演技だけじゃなく、いろいろなことに目を向けていたほうが自分の可能性が広がると思いました。なので、今もいろいろなことに興味がありますし、そういう意味でも自分のやりたいことと、何だかよくわからないものの割合を半々くらいに持っているほうが良いのかなと思っています。

マイソン:
俳優さんになりたいと思ったのは何歳の頃だったんですか?

阿部純子さん:
16歳だったと思います。その時は本当に映画が好きで、映画の現場でいろいろな映画を教えてもらって、環境が良くてどんどんハマりました。

映画『461個のおべんとう』阿部純子さんインタビュー

マイソン:
これを観て俳優になりたいというきっかけになった作品はありますか?

阿部純子さん:
年齢によってどんどん変わっていって、「あ!」と思った時に映画館に行って良い映画に出会うということもよくあるんですけど、最初は薬師丸ひろ子さんの『翔んだカップル』や『セーラー服と機関銃』などを作った相米慎二監督の作品を観た時です。今もいろいろな作品を観て、いつも「良い映画だな。頑張らなきゃ!」って思います(笑)。

マイソン:
『翔んだカップル』も『セーラー服と機関銃』も懐かしいですね!では、阿部さんにとって良い映画とはどんな映画でしょうか?

阿部純子さん:
記憶に残る映画です。「ちょっと仕事に疲れたな」とか、「楽しいことをしたい」とか、「今日は映画を観たい気分」っていう時にパッと寄った映画館でやっている映画を観た時に、「意外と良いじゃん」って次の日も頑張ろうって思える映画は、人生の隠し味というか、ちょっとしたスパイスを与えてくれる、記憶に残る良い映画なんじゃないかなと思います。

マイソン:
今はコロナ禍で映画館に行きづらいですが、見直すきっかけになることも結構あると思います。映画館で映画を観るのは格別な体験ではありますが、配信で観たりという選択肢が増えた部分はどう思いますか?

阿部純子さん:
より映像が届きやすくなっているという点は良いと思いますし、このコロナ禍でオンラインというものはこれからどんどん進歩していくのかなとも感じるので、そこはどんどんプラスに皆で動かしていけたら良いだろうなと思います。そんなに簡単なものではないのかもしれないですけど。

マイソン:
良いほうに向くとよいですよね。では最後にいち観客として、今までで特に影響を受けた映画か、俳優、監督などはいますか?

阿部純子さん:
邦画と洋画どちらが良いですか?

マイソン:
じゃあ邦画でお願いします!

映画『461個のおべんとう』阿部純子さんインタビュー
ヘアメイク:CUTTERS DAISHI/スタイリスト:菅沼愛

阿部純子さん:
邦画だとやっぱり小津安二郎とかカッコつけたらどうだろうな(笑)。

一同:
ハハハハハ!

マイソン:
良いと思います!

阿部純子さん:
じゃあ小津安二郎の『東京物語』です。すごく好きで、根底にあるものは家族です。家族の風景って今も変わらないと思っていて、古いものでも新しいというか、永遠に新しいんだなっていうのがすごく心に残っています。

マイソン:
ありがとうございました!

2020年10月13日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦/道枝駿佑/森七菜/若林時英/工藤遥/阿部純子

『461個のおべんとう』
2020年11月6日(金)より全国公開
監督:兼重淳
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.) 森 七菜、若林時英、工藤 遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
配給:東映

長年連れ添った妻との別れを決意した一樹は、15歳の多感な時期を迎えた息子、虹輝と2人で暮らすことになる。その頃、虹輝は高校受験に失敗。一樹は虹輝に自由に好きなように育ってくれたら良いとだけ思っていたが、虹輝は「高校に行きたい」と宣言する。そして、2回目のトライで高校に入学した虹輝に、一樹は毎日お弁当を作ることを約束し…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2020「461個のおべんとう」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP