REVIEW

野球少女【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『野球少女』イ・ジュヨン

最高134キロの球を投げる高校球児が、女子という理由だけでプロ球団への道を阻まれながらも、諦めずに挑み続ける姿を描いた本作は、1997年に韓国で女性として初めて高校野球部に所属し、韓国プロ野球(KBO)主催の公式試合で先発登板したアン・ヒャンミ選手の実話をモデルにしています。主人公チュ・スインを演じたのは、日本でも大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院クラス』でトランスジェンダーの料理長役を演じブレイクしたイ・ジュヨン。彼女は今作のために40日間の特訓を受け、ノースタントですべてのシーンを演じたそうです。主人公の投球スタイルが物語の鍵となってくるところもあり、演技だけでなくピッチャーとしての技術が要求されますが、スポーツや野球に詳しい人はぜひそんなところにも注目して観てください。
そして、本作は何といっても物語に引き込まれます。ただでさえ入団が難しいプロ球団への道を諦める人が多くいるなかで、女性は入団テストを受けることさえ難しい。それでも諦めずに挑み続けるんだろうなと思いながら観るのですが、普通だったらここで終わるだろうというところでも彼女は立ち止まらず、妥協しないで突き進んでいきます。そんな彼女の姿に勇気をもらえるのはもちろんですが、一方でなかなかここまで戦い抜ける人は稀だということも感じて、これまで女性の多くが妥協を強いられてきたのだなと実感させられます。でも、主人公のように妥協せず諦めなかった人がいるおかげで、他の女性達にとっても少しずつ道が切り拓いていくのだなと思うと希望と共に感謝の気持ちが沸いてきます。また、家族とのやり取りも印象的に描かれていて、夢を追いかけるには周囲の理解や支えも必要だということがひしひしと伝わってきます。女性目線はもちろん、夢を追う人、夢を追う人をサポートする人、いろいろな視点で共感できる映画です。

デート向き映画判定
映画『野球少女』イ・ジュヨン/クァク・ドンヨン

社会には性別が壁になっていることがまだまだ多くあること、そして性別だけでなく家庭の事情や家族の価値観に縛られてしまうこともあることなどを実感できるストーリーなので、お互いのこれまでの経験や価値観を共有する意味でも一緒に観て感想を話すのは有意義だと思います。爽やかな青春映画なので、友達以上恋人未満、初デートで観てもOKです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『野球少女』イ・ジュヨン/イ・ジュニョク

試練はいろいろ出てくるかもしれないけれど、どんな夢を持っても良いんだよと教えてくれるストーリーなので、ぜひキッズやティーンの皆さんにも観て欲しいです。高校生が主人公なので、進路を具体的に考えて動き出している高校生や大学生の皆さんは特に感情移入できるでしょう。主人公のように絶対にこうなりたいという気持ちがあれば妥協せずに進むのも良し、まだここまで固まっていなければいろいろ試してみるのも良しなので、進路を考える一例として観るくらいでも良いのではないでしょうか。

映画『野球少女』イ・ジュヨン

『野球少女』
2021年3月5日より全国公開
ロングライド
公式サイト

© 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP