REVIEW

エミリー、パリへ行く

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン3』リリー・コリンズ/リュカ・ブラヴォー

シーズン3

前シーズンでエミリーの職場が混乱状態になり、どっちつかずのままで板挟みとなったエミリーは、今シーズンでどうなってしまうのか気になっていた方も多いのではないでしょうか。一方、シーズン毎に帰国するのかしないのかでザワザワしますが、タイトルにパリとついてある限り、パリから離れないことは皆さんのご想像の通りです(笑)。

海外ドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン3』リリー・コリンズ/フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー/ブリュノ・グエリ

前シーズンでは激しい恋のバトルが繰り広げられ、ひと段落ついたかに見えましたが、『セックス・アンド・ザ・シティ』を手がけたダーレン・スターの作品で、恋愛のゴタゴタが落ち着くわけがありません!あのカップルから、あのカップルまで、波乱が巻き起こります。個人差はもちろんあるとはいえ、お国柄としてフランス人は恋愛に奔放というイメージがありつつ、今シーズンではあるキャラクターの意外な一面が見えます。「なんだ、やっぱりそういうとこあるじゃん!」と親近感が湧きますよ。一方で、一途に見えた関係にそうでもない面が見えたり、思わぬ展開が出てきます。今シーズンも大きな展開が待ち受けていますが、一難去ってまた一難のラストとなっています。

海外ドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン3』リリー・コリンズ/ルシアン・ラヴィスカウント

もう1点見どころは、エミリーのマーケティング戦略です。エミリーはこれまでも数々のユニークな企画でメキメキと才能を発揮してきました。だから、今シーズンでも顧客のピンチをどうやって救うのか、ちょっとした予測を立てながら観るのもおもしろいですよ。そしてもちろんファッションも華やかで観ていて飽きません。前シーズンとは違うタイプの気になるラストだったので、次シーズンはテンションが変わりそうで楽しみです。

海外ドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン3』リリー・コリンズ/フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー

『エミリー、パリへ行く シーズン3』
2022年12月21日よりNetflixにて配信中
公式サイト

TEXT by Myson

シーズン2

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン2』リリー・コリンズ/ルシアン・ラヴィスカウント

今シーズンもエミリー(リリー・コリンズ)は仕事に恋に大忙し。エミリーを中心とした三角関係も見どころですが、新キャラの登場によりエミリーの恋愛はさらに複雑になっていきます。エミリーの恋は「やっぱりそうなるよね」というお決まりの展開があるものの、最後に誰と一緒になるのか気になり、結局観続けてしまうんですよね(笑)。
個人的にはエミリーの上司であるシルヴィー(フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー)も好きで、今シーズンも彼女の厳しさは健在しつつ、新たな一面が観られるエピソードもあるので注目です。また、今シーズンではあるエピソードでエミリーが大失敗をするのですが、そのシーンはかなりコメディタッチで爆笑できるのでお楽しみに。

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン2』リリー・コリンズ/フィリピーヌ・ルロワ=ボリュー

そして、今シーズンでも美しいパリの街並みやおしゃれなファッションがたくさん観られます。ぜひ華やかな世界を疑似体験したり、旅行の参考にしてみてください。今シーズンのラストもとても気になる終わり方をしていたので、今後も引き続き本作を追っていきたいと思います。今シーズンも全10話なので、まだシリーズを観ていない方も今からならすぐ追いつけますよ。

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン2』リリー・コリンズ

『エミリー、パリへ行く シーズン2』
2021年12月22日よりNetflixにて配信中
公式サイト

CAROLE BETHUEL/NETFLIX

TEXT by Shamy


シーズン1

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ

『セックス・アンド・ザ・シティ』のダーレン・スターが、今度はパリを舞台にしたドラマをリリー・コリンズ主演で描くとなると、興味が湧く人も多いはず。パリが舞台ということは、ファッションやグルメネタに期待が膨らむのは当然で、SATCファンとなるとさらに、恋の街パリでどんな恋模様が描かれるのかワクワクしますよね。本作はそんな期待を全く裏切りません。

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ/リュカ・ブラヴォー

1人の働く女性の日常を描いているだけですが、その中に小さな事件が起き、それぞれが私達の身近な話題として観られるので、等身大で本作の世界人入り込めます。1話が30分前後ということもあり、サクサク観られちゃうのも魅力で、グラウンドストーリーとしても程よく続きが気になる作りになっていて、気楽に観られます。リリー・コリンズが演じるエミリーの衣装が本当に可愛くて、女子なら毎回テンションが上がるはず。

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ/アシュリー・パーク

街並みやレストラン、カフェも気になるところがたくさん出てきて、朝、昼、晩のパリの風景もさまざまな表情を見せるので、行きたくなること間違いなしです。パリで有名なカフェ・ド・フロールも登場しますが、なぜカフェ・ド・フロールが人気のお店になったのかというエピソードがキャラクターの会話の中で語られたり、自然にフランス文化にまつわる知識が増えるのも嬉しいところ。“アメリカ文化vsフランス文化”というテーマがベースになっていることもあり、文化の比較という視点でもすごくおもしろいです。そして、イケメンシェフ、ガブリエル(リュカ・ブラヴォー)も忘れてはいけない見どころで、女子の好きが詰まったドラマとなっています。シーズン2の制作も決まったようで、まだまだこれからファンが増えそうな気がします。

Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ

『エミリー、パリへ行く シーズン1』
2020年10月2日よりNetflixにて配信中
公式サイト

STEPHANIE BRANCHU/NETFLIX
CAROLE BETHUEL/NETFLIX

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP