取材&インタビュー

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN’S SONGS』湯川ひなさん&長久允監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』湯川ひなさん&長久允監督インタビュー

「女って、何?」という難解なテーマに挑んだ本作で、主演を務めた湯川ひなさんと、長久允監督にインタビューをさせていただきました。ユーモアたっぷりに描きつつ、深いところにも切り込んでいく本作に、お2人はどんな思いで挑んだのかお聞きしました。インタビューはまだ作品を作成中の段階で実施させていただいたものです。

<PROFILE>
湯川ひな(ゆかわ ひな):小池清美 役
2001年2月26日生まれ。東京都出身。2014 年、テレビCM“ミサワホーム”でデビュー。2015年には映画『あえかなる部屋-内藤礼と、光たち』で等身大の役を演じ、女優としてのスタートをきる。2016 年、短編映画『そうして私たちはプールに金魚を、』で主演を飾り、第33回サンダンス映画祭短編部門に正式招待され、日本作品で初めてグランプリを受賞した。その他の主な出演作は、テレビドラマ『受験ゾンビ』(2019)や、『バースデーカード』(2016)、『ウィーアーリトルゾンビーズ』(2019)など。公開待機作に『子供はわかってあげない』がある。

長久允(ながひさ まこと):脚本・総監督
1984年8月2日生まれ。東京都出身。CMプランナー、映画監督、映像作家。大学卒業後、電通に入社。NTTドコモの“ドコモダケ”シリーズなどの広告を手掛け、2013年に世界最大級の広告賞と言われるカンヌ国際広告祭のヤングライオンフィルム部門で日本人初のメダリストとなる。2016年の短編映画『そうして私たちはプールに金魚を、』では、第33回サンダンス映画祭ショートフィルム部門のグランプリを日本映画として初受賞。さらに、2019年の長編映画デビュー作『ウィーアーリトルゾンビーズ』(監督・脚本)も第35 回サンダンス映画祭で日本映画として初めて審査員特別賞のオリジナリティ賞に輝いた。4月には、ミュージカル「消えちゃう病とタイムバンカー」(作・演出)の公演を控える。

どうあっても肯定してくれる力がこの作品にはある

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』湯川ひな

マイソン:
本作には笑えるシーンがあると同時に、深いテーマも描かれています。まず監督に質問で、“女性”がテーマというのはいろいろな意味でチャレンジングいうか、難しい部分もあったんじゃないかと思うんですが、制作する上で苦労された点、そしてこの道はスムーズだったのか、険しかったのか、教えてください。

長久允監督:
まずすごくナイーブというか繊細なテーマだと思っていて、ただ僕が普段暮らすなかで僕が男だとしても世の中に対して発信しないといけないという使命感から、この物語を作ろうと思いました。一つひとつ扱う物語やトピックに対しても、妻がセクソロジーとかジェンダーに関わる仕事をしているので、細かく意見を聞きながら丁寧に歌詞や物語に落としていくということをしているんですけど、やっぱり扱うテーマとして受け取る人のステータスが違うので、さまざまに思われるかなとも思います。僕は、女性であること以前にそれぞれが“個人”であると思うので、それがこの作品を作ることによって女性の枠組みに入れてしまうかもしれないことを危惧しながらですが、いろいろな課題があるにせよ、一度世の中に課題ごと形にして発信しないと議論も始まらないなと思いました。ですので、険しかろうとも発信せざるを得ないという思いで作らせていただいています。

マイソン:
湯川さんは今回この役が決まった時、こんな風に挑んで欲しいというようなリクエストはありましたか?

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』湯川ひなさん

湯川ひなさん:
この作品には確かなメッセージがあるのですが、清美が普通に人として生きているということは、そこに何か提示するものっていうのはなくても良いかなって、自分のなかで考えました。監督も「何かここに意味を持たせて」というようなことは全くおっしゃらなかったので、とにかく物語として観ている方々にも共感できる人として存在したいなと思っていました。

マイソン:
回を追うごとに主人公がいろいろなことを考えつつ、わかっていくようで余計にわからなくなるようなところがすごくおもしろいと感じたのですが、湯川さんは演じてみて、最初の段階から何か変化を感じるところはありますか?

湯川ひなさん:
そうですね。やっぱり清美がいろいろな人と会って成長していく物語なので、大きく変化しなかったとしても、何か必ず変わっていると思っています。だから自分自身も実際にゲストの方々と日々会っていくなかで、すごく刺激を受けますし、いろいろな方がいるなと思って、それが自分のなかでの変化でもありますね。

マイソン:
(監督へ)キャラクターそれぞれがすごくおもしろいのですが、モデルとなる人物がいるのでしょうか?

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』湯川ひな/宮沢りえ/メイリン/菅原小春
第1話出演キャスト:湯川ひな/宮沢りえ/メイリン/菅原小春

長久允監督:
モデルはいないんですけど、僕は比較的自分の中の人格や自分の中の思いを切り分けてキャラクターを作ったりするので、僕なのかなと(笑)。あとは、それこそ(「不思議の国のアリス」の)アリスとアリスの夢の世界の中のいろいろな思想をぶつけては去っていく人々というイメージで作ったので、そこにお互いの関係性として共感はなくとも、それぞれ強い思いをぶつけていただけるようにしたいなと思って、キャラクター作りをさせていただきました。

マイソン:
なるほど。キャスティングもすごくおもしろかったので、どうやって決めていったのか気になりました。

長久允監督:
先に歌詞があって、この歌、この台詞を本当に読んでいただきたい人達ということで、皆さんそれぞれキャスティングさせていただきました。

マイソン:
テーマ自体が結構深いですが、監督なりにゴールを最初からイメージされていたのか、作りながら見えてきたものがあるのか、どうでしょうか?

長久允監督:
最終話のことになりますが、彼女がどう決断すべきなのかっていうのは、本当に最後まで作りながら悩みました。ドラマを観ている人に対してどういう行動を示すべきなのかも含めて作りながら最後まで悩んで、今の形に決断しているというのはありますね。

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』長久允監督インタビュー

マイソン:
湯川さんは、脚本を読んだり、実際に撮影しているなかで、「これって自分とは違う考え方だな」と思ったり、逆に「これはすごくわかる」と思ったことはありますか?

湯川ひなさん:
どうあっても肯定してくれる力がこの作品にはあると思います。自分自身も人から見たらわからないようなコンプレックスとか、気にしていることがいろいろあって、「それでもいいじゃない」って言ってもらえるのはすごく力になると感じます。

マイソン:
では女性を描く上で難しい点と、演じる上で難しい点、逆におもしろい点はありますか?

長久允監督:
やっぱり僕の主観として男の体ではあるので、本当の問題自体を経験していない点が描く上で1番難しい点だと思います。それはいろいろなことを勉強して書くということで、なんとか乗り越えようとしていますが、実体験がないということは1番難しい点でしたね。

マイソン:
逆に作っていく上で発見みたいなものはありましたか?

長久允監督:
そうですね。スタッフが半分かそれ以上女性なので、僕としての回答をいろいろ書いている台詞とか歌詞に対して、「ちょっとこれは納得できない」とか言われていくんです。受け取り手それぞれが私の話だと思って受け取ってもらった時にいろいろな感想をいただけるので、それを全部真摯に受け止めてという日々です。

マイソン:
湯川さんは演じる上でおもしろかった点、難しかった点はありますか?

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』湯川ひなさんインタビュー

湯川ひなさん:
「私は女か、私は女だ」っていう台詞があるんですけど、そうやって認識するってことに、すごく自分自身も共感しました。元々「女だ、男だ」ってことでカテゴライズされたくないタイプだったのですが、そうやって自認することが普段あまりないからこそ、こうやって認識されるってことはやっぱりスッとくるタイプなんだなと思ったり、そういうところがおもしろいなと感じました。

マイソン:
ちょうどカテゴライズのお話が出て、うちの媒体名が「トーキョー女子映画部」ということで女性で括っているのですが、昨今ジェンダーレスな考えや意見に触れることが増えて、時代的に女子って括ること自体がどうなんだろうって最近結構悩むんです(苦笑)。もちろん女子が皆同じとも思っておらず、でも女性特有のことも必ずあるとも思うのですが、お2人は性別によるカテゴライズについてどう思いますか?

長久允監督:
僕自身は個人個人の人生については性にカテゴライズされずに生きられるような社会にすべきだと思っているんですけど、やっぱり体や仕組みが違うし、今抱えている社会問題が違うからその問題提起として無視はできないんじゃないかなと思っています。そういう意味で今回のドラマだとカテゴライズしていかないと進められなかったので、ちょっと葛藤して作っていた部分はあります。

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』長久允監督インタビュー

マイソン:
そうですよね。湯川さんはいかがですか?

湯川ひなさん:
全く同感です!私自身もどっち付かずでいたいというか、小さい頃はずっとそう思っていました。女子でいなきゃいけないのがすごく嫌だったので、そういうことは思いつつ、「私は女だ」っていう風に思うところもあったりします。この作品はカテゴライズしているとはいえ、その先の問題もちゃんと見据えて描いているなって思います。

マイソン:
では最後の質問で、これはインタビューでいつも皆さんに聞いているのですが、今までで大きな影響を受けた映画とか、俳優、監督などがいらっしゃれば教えてください。

長久允監督:
僕は映画が好きなのでもちろんいっぱいいるんですが、今浮かんだのはルイス・ブニュエルという監督です。作品が好きというか、「自由に物事を作って良いのである」「どんな映画でも映画である」という価値観で作られていて、すべての物事がそうだと思うので、その考え方にすごく影響を受けているなと思います。

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』湯川ひなさん

湯川ひなさん:
私は渥美清さんになりたいと思っていたんです。自分にない動きとかユーモアがあって、だけど普段の現実からもかけ離れないで日々生活していてちゃんと地に足を着いて生きていて、表舞台にも出るみたいな、そういう生き方が良いなと思っています。

マイソン:
渥美さんの作品を観たきっかけは何かあったんですか?

湯川ひなさん:
『男はつらいよ』を観てみようと思ったのがきっかけです。渥美さんご自身は寅さんのようなタイプの方ではないらしいんですけど、眼差しからも寅さんにしか見えない、そういう佇まいが良いなと思いました。

マイソン:
本日はありがとうございました!

WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN'S SONGS』湯川ひなさん&長久允監督インタビュー
ヘアメイク:山下亜由美/スタイリスト:岡本さなみ

2021年2月26日取材 TEXT by Myson

『FM999 999WOMEN‘S SONGS』
2021年3月26日(金)より毎週金曜21:30【WOWOWオンデマンド】にて配信/3月29日(月)より毎週月曜21:30【WOWOWプライム】にて放送
脚本・総監督:長久允
出演:湯川ひな/岡部たかし/倉悠貴/TARAKO 【第1話ゲスト】宮沢りえ/メイリン/菅原小春(全10話)

16歳になったばかりの小池清美(湯川ひな)は、不安や喜びなどが渦巻く感情から、思わず「女って何?」と口にする。その途端、清美の頭の中で、「女のうた!レイディオFM999、始まるよ」とDJ(TARAKO)の声が聞こえだし…。

公式サイト

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『キネマの神様』菅田将暉/野田洋次郎 野田洋次郎(のだ ようじろう)

1985年7月5日東京都生まれ。ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル、ギター、ピアノを担当。2016年の映画『君の名は。』では…

【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】ジム・ジャームッシュ監督 ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】全国で拡大上映!

現在、好評開催中のジム・ジャームッシュ監督の特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】。8月6日より、新たにヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺、8月13日より池袋シネマ・ロサでの拡大上映が決定。さらに、全国各地の劇場で続々と上映開始!

映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー すべてが変わった日

物語の舞台は1963年。冒頭では主人公のマーガレット(ダイアン・レイン)とジョージ(ケビン・コスナー)が、息子夫婦と孫と共にモンタナ州の牧場でのどかに暮らす姿が映し出されます。でも…

海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』ワイアット・ラッセル ワイアット・ラッセル

1986年7月10日アメリカ生まれ。俳優のカート・ラッセルとゴールディ・ホーンを両親に持つ。ドラマ…

映画『オールド』NYプレミア、M.ナイト・シャマラン/ガエル・ガルシア・ベルナル/ヴィッキー・クリープス/アレックス・ウルフ/トーマシン・マッケンジー M.ナイト・シャマラン監督、ガエル・ガルシア・ベルナルらが登場!『オールド』NYプレミア開催

M.ナイト・シャマラン監督の最新作『オールド』が、8月27日より全国公開となります。先日本作のNYプレミアが開催され、M.ナイト・シャマラン監督をはじめ、ガエル・ガルシア・ベルナル、アレックス・ウルフ、エリザ・スカンレン、トーマシン・マッケンジーらが登場しました。

映画『スペース・プレイヤーズ』レブロン・ジェームズ 『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス 明日に向かって笑え!

舞台は2001年のアルゼンチンの田舎町で、主人公のフェルミン(リカルド・ダリン)と町民達は…

映画『ファーザー』イモージェン・プーツ イモージェン・プーツ

1989年6月3日イギリス、ロンドン生まれ。2007年、傑作ホラー『28週後…』の演技で…

映画『マイ・プレシャス・リスト』コリン・オドナヒュー コリン・オドナヒュー

1981年1月26日アイルランド、ドロヘダ生まれ。ダブリンの演劇学校を卒業後…

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ サマーフィルムにのって

これは高校最後の夏休みに映画作りに励む若者達の青春ドラマで、一見素朴な日常を描いたほのぼのとした作品に思えますが…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー
  2. 映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス
  3. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  4. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  5. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  6. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  7. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  8. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  9. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
  10. 海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジェニファー・モリソン
PAGE TOP