取材&インタビュー

『幕が下りたら会いましょう』筧美和子さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『幕が下りたら会いましょう』筧美和子さんインタビュー

今回は複雑な背景を抱えた姉妹の物語『幕が下りたら会いましょう』で、妹役を演じた筧美和子さんにインタビューをさせていただきました。本作では演劇、芸ごとも1つのテーマになっているので、筧さんご自身が芸能界でお仕事をする上で大切にされていることなどもお聞きしました。

<PROFILE>筧美和子(かけい みわこ):尚 役
1994年3月6日生まれ、東京都出身。2014年よりファッション誌“JJ”の専属モデルを務め、その後は多数の映画やドラマ、舞台で活躍。テレビドラマは、『最高の離婚Special 2014』、NHKの連続テレビ小説『まれ』、『東京タラレバ娘』『恋はDeepに』『ガル学。〜ガールズガーデン〜』などに出演。主な映画出演作に、『闇金ウシジマくんPart3』『犬猿』『スマホを落としただけなのに』『孤狼の血LEVEL2』などがある。

※前半は合同インタビュー、後半は独占インタビューです。

きょうだいは自分が形成されていくなかで絶対に不可欠な存在

映画『幕が下りたら会いましょう』松井玲奈/筧美和子

記者A:
台本を読まれて率直な感想はどうでしたか?

筧美和子さん:
ダイレクトにメッセージがあるかというとそうではない作品だと思いますが、何か寂しさみたいなものを感じるというか、言葉にはできませんが、何か感じ取ったぞみたいなものはあって、それは後々監督とお話をしていくなかで徐々に見えていった気がします。

マイソン:
登場シーンは限られていながら、すごく重要な役でしたが、役作りはどのようにされましたか?

筧美和子さん:
心情というか寂しさみたいなものを常に持っている人だと思ったので、ニュアンスになってしまいますが、そういうところは常に大事にしていました。あとは、松井さんが演じる姉(麻奈美)との関係性は事前にリモートで本読みをさせていただいて、お互いに感じ取れたものがあったと思います。前田監督は特にそういう目に見えないけど繊細な心情の機微みたいなものを大事にしてくれたので、皆常にそこを軸としていました。すごく役作りをしたというわけではありませんが、共通認識みたいなものが自然と入りやすかったかなと思います。

映画『幕が下りたら会いましょう』筧美和子

マイソン:
この物語では姉妹の関係が鍵を握っていて、私も2人姉妹なので自分達を振り返りながら観た部分もありました。差し支えなければお伺いしたいのですが、筧さんはきょうだいはいらっしゃいますか?

筧美和子さん:
姉と弟がいます。

マイソン:
筧さんにとってきょうだいってどんな存在ですか?

筧美和子さん:
不思議なもので、きょうだいがいる方でもそれぞれ全然関係性が違いますよね。でも、自分が形成されていくなかで絶対に不可欠な存在だし、自分の中で姉や弟の要素が自然と組み込まれているなとも思います。それと同時に一緒にやってきた同志みたいな感覚もあって、一言で表現するのは難しいんですけど、最近自分の中に姉や弟の匂いを感じることもあります(笑)。だから、尚と麻奈美も複雑な関係でありつつ、あんなに長い時間を共にしてきたらシンパシーみたいなものを感じることはすごくあったと思うんですよね。

映画『幕が下りたら会いましょう』筧美和子さんインタビュー

マイソン:
距離感でいうと親も近いですが、親ときょうだいってまた違いますよね。

筧美和子さん:
私の場合ですが、1番の理解者だなと思います。親には心配させられないから言えないことでも姉とかには全部言って知っているみたいな(笑)。そうじゃないきょうだいの形もあると思うんですけど、私の場合は本当に不可欠な存在だなと思います。

映画『幕が下りたら会いましょう』松井玲奈/筧美和子

マイソン:
今回は妹役を演じられて、実生活とか実感覚でキャラクターに通じるところはありましたか?こういうところって妹らしいなとか、松井さんが演じたお姉ちゃんもこういうところって姉らしいなとか。

筧美和子さん:
お姉ちゃんっていつの間にかいろいろなものを背負ってしまう場面が多くて苦しいこともあると思います。そんなつもりはなくてもやっぱりお姉ちゃんが抱えてしまうものって多いなと。本当に私は甘えさせてもらっているなと思って(笑)、尚と麻奈美の姉妹らしい部分が見えるシーンは限られていますけど、関係性はもしかしたら近いのかもしれません。麻奈美を見ていてもいろいろなものを抱えてきたからこそ素直になれないのかもしれないし、姉妹の立場ってすごく関わってくるなと思います。

今のお仕事を続けるために大切にしていることは…

映画『幕が下りたら会いましょう』筧美和子さんインタビュー

マイソン:
とあるキャラクターの「芸ごとは始めるのは簡単だけど、続けるのが難しい」というセリフがありました。筧さんはまさに芸能界でお仕事をされていますが、このお仕事を続けるために大切にしていることはありますか?

筧美和子さん:
何でしょう。続けるために優先順位が変わってしまったり見失ってしまうことが怖いので、いつ辞めても良いと思っているつもりなんですけど、辞めたいとは思っていないので(笑)、続けているのかなと思います。

映画『幕が下りたら会いましょう』筧美和子さんインタビュー

マイソン:
なるほど(笑)。逆にそう思っているからこそ気持ちが自由になれるという感じでしょうか?

筧美和子さん:
そうですね。自由でいたいからいつ辞めても良いと思うようにしています。確かに続けるのが難しいのはあるのかな…。

マイソン:
芸ごとは特にかもしれませんが、お話を聞いていてどんなお仕事でも続けるためには「ここだけは」という部分を持っておくのは大事なんだろうなと改めて思いました。では、これは皆さんにインタビューで聞いているのですが、これまででいち観客として、大きな影響を受けた映画か、俳優、監督がいらっしゃれば教えてください。

映画『幕が下りたら会いましょう』筧美和子さんインタビュー

筧美和子さん:
青山真治監督の『EUREKA ユリイカ』です。いろいろな映画をジャンル問わず観てきたなかで、この映画はやっぱり心にちゃんと届いて、理屈ではなくグッと心を掴まれたような何か忘れられない映画なんです。目には見えないけれど心に残るような表現をされているというか、そういうものに自分自身が惹かれるんだなと最近再認識していて、だからそういう作品に出会いたいし、そういうものを作っていけたらなと思います。『EUREKA ユリイカ』からはそういった影響を受けたし、あとは音楽から受ける影響も大きいです。

マイソン:
音楽はどんなジャンルがお好きなんですか?

筧美和子さん:
本当に無知なので安易には言えないのですが、音楽にも映画に似た部分があるのかなと思っていて、観る人とか聴く人によって解釈が違ったりするんだけど、この音楽にすごく引き込まれたというのと、例えば『EUREKA ユリイカ』とも共通する点がある気がして、最近自分の本能的なところを再確認しています。

マイソン:
本日はありがとうございました!

2021年9月22日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『幕が下りたら会いましょう』松井玲奈/筧美和子

『幕が下りたら会いましょう』
2021年11月26日より全国順次公開
監督:前田聖来
出演:松井玲奈/筧美和子/しゅはまはるみ/袴田吉彦
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

鳴かず飛ばずの劇団を主宰する麻奈美(松井玲奈)は、ある日突然妹の尚(筧美和子)が亡くなったことを知らされる。尚が亡くなったその日、尚からの電話に出なかった麻奈美は複雑な思いを抱えてしまうが、妹との日々を改めて振り返り、自分自身とも向き合っていく。

公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©avex entertainment Inc

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  2. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  3. Netflixドラマ『マスクガール』
  4. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  5. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP