取材&インタビュー

『遠くへ,もっと遠くへ』吉村界人さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『遠くへ,もっと遠くへ』吉村界人さんインタビュー

2人の男⼥の愛を探す旅が描かれたロードムービー『遠くへ,もっと遠くへ』。今回は本作で主人公と惹かれ合う洋平役を演じた吉村界人さんにインタビューしました。本作のいまおかしんじ監督とお仕事をされた感想や、役との向き合い方について聞いてみました。

<PROFILE>
吉村界人(よしむら かいと):設楽洋平 役
1993年2月2日⽣まれ。東京都出⾝。2014年、映画『ポルトレ PORTRAIT』で初主演を飾る。2018年に『モリのいる場所』、『悪魔』、『サラバ静寂』.『ビジランテ』にて第10回TAMA映画賞にて最優秀新進男優賞を受賞した。主な出演作に、映画『太陽を掴め』『ミッドナイトスワン』『異物 -完全版-』『プリテンダーズ』『灰⾊の壁 -⼤宮ノトーリアス-』などがある。今後は『⼈』『人間、この劇的なるもの』などが公開を控えている。また、趣味のグラフィティアートで松濤美術館公募展に⼊選するなど、アーティストとしても才能を発揮している。


お芝居をする上で、常にフェイクとリアルの間を意識しています

映画『遠くへ,もっと遠くへ』新藤まなみ/吉村界⼈

シャミ:
初めて脚本を読んだ時の洋平の印象を教えてください。

吉村界人さん:
すごく昔気質な男性を現代に落とし込んだキャラクターで、情けなくて、誰かに執着している男だと感じました。完成した作品を観て、いまおか監督がやるからこういう人物になるんだなと思いました。やっぱり20代や30代の監督が描く恋愛とは年季が違うというのでしょうか。いろいろなことを経てこの人が良いと思ったり、好きな人の嫌なところを言えない恋愛模様は監督ならではだと思います。今の若い人達は、嫌いなところも好きなところも言えますが、昔は「言葉では表現できないけど、何か良いよね」という抽象的な恋愛もあったと思うので、そういうところがある意味新鮮でした。

シャミ:
洋平とご自身を比べて似ていると思ったところや共感できたところはありますか?

吉村界人さん:
歯止めが利きづらいところや冷静になりづらい部分は少し似ているのかもしれません。もし僕が洋平のような恋愛をしていたら、頭に血が上って「このやろう!」とか言いつつ、内心は怖いと思います(笑)。理由もわからずずっと1人の人を3年間待ち続けるという経験が僕にはないので、すごいなと思いました。僕だったら3年も待てません。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』吉村界人さんインタビュー

シャミ:
もっと早く探しに行きますか?

吉村界人さん:
そうですね。結果を求めて探しに行くと思います。

シャミ:
洋平と小夜子(新藤まなみ)は同じような境遇の持ち主で、戦友でありながらも愛情が芽生えていく展開がおもしろいなと感じました。吉村さん自身はこの2人の関係をどのように捉えていましたか?

吉村界人さん:
行きずりのアクシデントのような関係ですよね。すごくドラマチックで、現実にこういうことはあるのかなと思いました。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』新藤まなみ/吉村界⼈

シャミ:
小夜子は明るく天真爛漫な人物でありながら、実は内面では悩みを抱え、繊細さもある女性でしたが、もし彼女のような人が近くにいて相談されたらどのようなアドバイスをしますか?

吉村界人さん:
僕はあまりものを言えないので、聞いてあげることくらいしかできないかもしれません。そういう人って自己がしっかりあるので、もし何か言ったとしても聞かない気がします。

シャミ:
劇中、小夜子と洋平が「ヤッホー」や「ホホホイ」などと言い合っているシーンもありましたが、あの台詞や動きなどは監督の演出だったのでしょうか?

吉村界人さん:
はい、監督の演出です。台本にもチラッと書いてあり、「どうなるのかな?」と思って現場に入ったら、監督が演出してくださり、「こういうことか」と思いました。あの台詞や行動には特別な意味はないんです。僕も最初は意味や理由を解いていたのですが、そんなにシリアスに理屈立てて洋平の行動を理解しなくても良いのかなと思ったので、途中からは流れに身を任せていました。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』吉村界人さんインタビュー

シャミ:
プレス資料のコメントで「いまおか監督はファンタジーな方でした」とあったのですが、監督とお仕事をしてみてどんなところが1番ファンタジーだと感じましたか?

吉村界人さん:
理屈ではない演出が多いところですね。「ヤッホー」もそうですが、「何か良いね!それ、やろうよ」というところが、ファンタジーというか子ども心のある方だなと思いました。最近の監督だともう少し理論で固めて、説明やプレゼンをしてからやると思うのですが、いまおか監督にはそれがなく、本当にノーガードな方だと感じました。

シャミ:
洋平という人物を作り上げていく過程で監督と話し合ったことなどはありますか?

吉村界人さん:
あまり肩肘張らずカッコつけず、情けない感じにしようと話していました。あとは、振り回されることに対して大人の対応をせず、常に「何で?」という気持ちを忘れないキャラクターにしようということでした。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』新藤まなみ/吉村界⼈

シャミ:
なるほど〜。ご自身ではどのように役作りをされましたか?

吉村界人さん:
洋平は常に余裕がない状況にあると感じたので、すがりついているような余裕のなさを見せたいと思って演じました。

シャミ:
吉村さんは本当に作品ごとに印象が変わるなと感じます。いろいろな役を演じる上で、毎回役に対する向き合い方は違いますか?

吉村界人さん:
一緒です。とにかく真剣にやるだけです。お芝居は結局フェイクなので、常にフェイクとリアルの間を意識するようにしています。今の時代は嘘がバレやすく、「これはやらせだろうな」「これはドッキリだろうな」と、皆が裏を読む時代だと思うんです。でも、事実を湾曲して出したら、「これはどっちだろう?」「本当なのかな?」となるわけです。今は情報が溢れていてネットニュースや出回っている情報が本当かどうか実際確かめようがないじゃないですか。だけど、お芝居なら本当に悲しいのか、楽しいのかがわかると思うんです。だから、そういう狭間でお芝居をやるんだと思っています。嘘をつくならすごく大胆な嘘じゃないとバレてしまいますし、嘘をつけないならつかないほうが良いと思います。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』吉村界人さんインタビュー

シャミ:
すごく奥深いですね。その探求していく作業は難しくないですか?

吉村界人さん:
本当に難しいです。毎回頭を抱えていて、熱くなって冷えピタを貼っています(笑)。その都度「明日が初日だけどどうしよう」と思って、最後は心と体が揺さぶられるほうに行くしかないと腹をくくります。それで、監督に怒られたらそれは仕方がないかなって。

シャミ:
時期によってはいくつかの役を同時進行で演じる時もあると思うのですが、そういう時の切り替えはどのようにされていますか?

吉村界人さん:
集中力です。例えば、冬に寒いなと思った時に僕は暖房を28度くらいにして、風量も1番強くするんです。少しずつ部屋を温かくしようなんて考えは僕にはありません。逆に暑い時も一気に涼しくしたいと思っていて、それと同じように役にも一気に集中しています。それで、最後のシーンでカットがかかって「今日はおつかれさまでした」と言われた瞬間に、フッと抜けてオフになります。両方の役が頭の片隅にある状態だと難しいので、全くゼロにします。そのくらい没頭して、パッと切り替えて次はこっちとしています。役に限らず何でも極端に考えることが多いです。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』新藤まなみ/吉村界⼈

シャミ:
その分、集中力もすごそうですね。

吉村界人さん:
どうでしょうね。努力、感性、才能、若さとかいろいろな要素があると思いますが、集中力が1番怖い気がします。だから僕は集中したほうが良いのかなと思います。

シャミ:
なるほど〜。吉村さんご自身のお話も伺いたいのですが、映画は子どもの頃から好きでしたか?

吉村界人さん:
そこまで好きではなかったのですが、実家のテレビで半強制的に流れていたので観ていました。僕の部屋にはテレビがなくて、リビングの大きなテレビを皆で観ていたので、そこで流れているものを観ないといけないという環境でした。父はバラエティがあまり好きではなく、観ることを禁止されていたので、大体相撲かボクシングか映画が流れていました。だから、映画自体は近い存在でしたが、当時興味があって観ていたわけではありませんでした。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』吉村界人さんインタビュー

シャミ:
どの時点から俳優のお仕事をやってみたいと思ったのでしょうか?

吉村界人さん:
僕が俳優に興味を持ったのは結構遅くて、20歳か21歳の頃だったと思います。その前は引きこもりのような感じでしたが、映画を作りたいなとパッと思ったんです。

シャミ:
映画を作りたいとなると監督や脚本家の道もあったと思いますが、最初から俳優志望でしたか?

吉村界人さん:
そうですね。調べてみたら監督は、ある程度の知識を付けるために学校に入る必要があるなと思ったんです。でも、僕はその前に学校を辞めていて、母親に「知らないからね。自分で責任をとってね」と言われていたので、もう1回学校に入り直すなんて言えなくて、学校に入らなくても良いとしたら俳優かなと思いました。それで、前の事務所に電話したという流れでした。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』吉村界人さんインタビュー

シャミ:
吉村さんはもうすぐ30代を迎えると思いますが、何か30代になってからの目標や野望などはありますか?

吉村界人さん:
僕の中では全部やったなと思っていて、野望はそんなにありません。でも、これまでやったことのない役をやってみたいです。あとは、今まで会ったことのない人と対峙して芝居をしてみたいです。例えば劇団四季の方とか、演劇界のお芝居の上手な方と対峙するとか、とにかく新しいことをやってみたいです。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』新藤まなみ/吉村界⼈

シャミ:
プロフィールによるとグラフィティアートが趣味で、賞の入選経験もあるようですが、アートと俳優というお仕事に共通する点などは何かありますか?

吉村界人さん:
どちらも自由が1番必要なのかなと思います。例えば「このペットボトルを書いてください」と言われて、上手く模写するのも1つ芸術で、それでお金になったり人生が変わる人もいますよね。でも、色がどんな緑なのかとか、そういう自由さは映画にもアートにも通ずると思います。

シャミ:
では、最後の質問でこれまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

映画『遠くへ,もっと遠くへ』吉村界人さんインタビュー

吉村界人さん:
たくさんいますが、樹木希林さんです。いわゆる俳優の樹木希林さんというよりも、そこにいる存在感というか、行動とか言動、姿勢が好きだったなと思います。

シャミ:
わかりました。本日はありがとうございました!

2022年6月15日取材 PHOTO&TEXT by Shamy

映画『遠くへ,もっと遠くへ』新藤まなみ/吉村界⼈

『遠くへ,もっと遠くへ』
2022年8月13日より全国公開
R-15+
監督:いまおかしんじ
出演:新藤まなみ/吉村界⼈/和⽥瞳/川瀬陽太/⼤迫⼀平/佐渡寧⼦/⿊住尚⽣/広瀬彰勇/佐藤真澄/茜ゆりか
配給:ムービー・アクト・プロジェクト

結婚5年⽬の⼩夜⼦は、⼼が通じない夫との将来を描けず離婚を考えていた。離婚後の住まいを探すために不動産屋に行くと、そこで担当の洋平と出会う。2人は物件を見ていくうちに打ち解け、⼩夜⼦は離婚を考えていること、洋平は3年前に妻が出て行ってしまったことを互いに話す…。

公式サイト

© 2022 レジェンド・ピクチャーズ

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

映画『スクロール』北村匠海/中川大志 スクロール

1991年生まれ、高校から執筆活動を始めた橋爪駿輝が、2017年に作家デビューを果たした小説「スクロール」(講談社)を映画化…

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉 木村拓哉(きむら たくや)

1972年11月13日生まれ。東京都出身。主な映画出演作に…

映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚 エゴイスト

『エゴイスト』というタイトルから、人間の影の部分が描かれているのかと思いきや…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  2. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  3. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  4. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  5. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  6. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  7. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  8. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  9. 映画『金の国 水の国』
  10. 映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP