NEWS

LIFORKシネマ8月『あまくない砂糖の話』上映会参加者募集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『あまくない砂糖の話』

7月から12月まで毎月開催の【LIFORKシネマ】。この企画では、トーキョー女子映画部がタイトル選定のお手伝いをさせて頂きまして、次の8月は『あまくない砂糖の話』を上映します。薄着になって、ボディラインやお肌の露出が増える夏。この作品がシェイプアップのヒントをくれるかも知れません。ぜひ、この機会に【LIFORKシネマ】に参加してみてはいかがでしょうか?

映画が流れる空間ではたらくって、たのしい!LIFORKシネマ

LIFE+WORK=LIFORKとは、様々な街や空間を「より良い人生のために働く場所」に変えていくブランドです。2019年7月現在、秋葉原、大手町、南青山、上北沢、川崎にシェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルスペースを展開しています。
LIFORKは、どんな場所も、その街の歴史や生活する人々に合わせて、楽しく働く場所に変えていきます。

LIFORKシネマ2019年7月実施『おとなの事情』
LIFORKシネマ2019年7月開催風景

「LIFORKシネマ」は、LIFORKが開催するイベントで、今回は未来の働き方の実験をしているLIFORK Labにて、2019年7月~12月の毎月第3水曜日に開催しています。

映画を観ても、映画を観ながら働いてもOK!
この日の夕方、LIFORK Labは、ビール片手に映画を観たり、映画が流れる空間でくつろぎながら仕事をしたり、自由なスタイルで過ごせる空間となります。

LIFORKは通常会員制ですが、今回の「LIFORKシネマ」は特別に一般の方も参加可能。ぜひLIFORKを体験してみてください!
ご招待は抽選ではなく、先着順となります。ご参加ご希望の方は、お友達、同僚の方などをお誘いの上、お早めにお申込ください。

お申込はこちら

【日 時】8月21日(水)18:30~20:30
【場 所】LIFORK Lab
     住所:千代田区大手町2-3-1 大手町プレイス地下2階
     https://lifork.jp/l-lab/access.html
【上映作品】『あまくない砂糖の話』
【参加費】無料(ワンドリンク付き)

<ご注意事項>
・ワンドリンク付きですが、種類や数に限りがございますのでご了承ください。飲食の持ち込みは可能です。
・ご招待は抽選ではなく、先着順となります。定員に達し次第締切となります。
・上映エリアは完全に仕切られたスペースではありませんので、周囲の音などが聞こえます。ご了承ください。

8月21日
『あまくない砂糖の話』 上映時間:102分  公式サイト 

映画『あまくない砂糖の話』

人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取している。「世の中には“ヘルシー”な食品があふれているのに、これはおかしい」と、オーストラリアの俳優デイモン・ガモー自ら被験者となり、大量の砂糖が潜んだ食品を60日間食べ続け、体や心の変化を記録したドキュメンタリー。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2014 Madman Production Company Pty Ltd, Old Mates Productions Pty Ltd, Screen Australia ALL RIGHTS RESERVED


今後のLINE UP

9月18日
『すばらしき映画音楽たち』 上映時間:93分  公式サイト

映画『すばらしき映画音楽たち』

『007』『荒野の七人』『ロッキー』『E.T.』『スター・ウォーズ』『バットマン』『グラディエーター』…ハリウッド映画を彩る映画音楽の名曲の数々が、どのようにして生まれたのかを紐解く貴重な音楽ドキュメンタリー!

© 2017 Epicleff Media. All rights reserved.


10月16日
『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやってきた』 上映時間:92分  公式サイト 

映画『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやってきた』

世界一に4度輝いたレストラン“ノーマ”が期間限定で日本に初出店するまでの日々を追ったドキュメンタリー。料理界の革命家レネ・レゼピと“ノーマ”スタッフたちの新たな挑戦がを収めている。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2015 BlazHoffski / Dahl TV. All Rights Reserved.


11月20日
『ヤバい経済学』
上映時間:93分
公式サイト 

映画『ヤバイ経済学』

アメリカに経済学ブームを巻き起こし、全世界で400万部なる、経済書としては異例かつ最大の売り上げを誇る大ベストセラー、“ヤバ経”こと「ヤバい経済学―悪ガキ教授が世の裏側を探検する」を映画化。
関連企画ページ

© 2010 Freakonomics Movie ,LLC


12月18日
『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』 上映時間:87分 公式サイト

映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』

1837年の創設以来、時を越えて多くの人々を魅了してきた世界的なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画。創業者チャールズ・ルイス・ティファニーのエピソードから始まり、ブランドカラーである‘ティファニー ブルー’の誕生秘話、アカデミー賞のジュエリー選びの裏側も紹介。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2016 DOCFILM4TIFFCO LLC a subsidiary of QUIXOTIC ENDEAVORS LLC. ALL RIGHTS RESERVED. © 2016 Quixotic Endeavors


LIFORK Lab大手町
大手町LIFORK Lab利用イメージ

LIFORK公式サイト

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP