NEWS

LIFORKシネマ8月『あまくない砂糖の話』上映会参加者募集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『あまくない砂糖の話』

7月から12月まで毎月開催の【LIFORKシネマ】。この企画では、トーキョー女子映画部がタイトル選定のお手伝いをさせて頂きまして、次の8月は『あまくない砂糖の話』を上映します。薄着になって、ボディラインやお肌の露出が増える夏。この作品がシェイプアップのヒントをくれるかも知れません。ぜひ、この機会に【LIFORKシネマ】に参加してみてはいかがでしょうか?

映画が流れる空間ではたらくって、たのしい!LIFORKシネマ

LIFE+WORK=LIFORKとは、様々な街や空間を「より良い人生のために働く場所」に変えていくブランドです。2019年7月現在、秋葉原、大手町、南青山、上北沢、川崎にシェアオフィスやコワーキングスペース、レンタルスペースを展開しています。
LIFORKは、どんな場所も、その街の歴史や生活する人々に合わせて、楽しく働く場所に変えていきます。

LIFORKシネマ2019年7月実施『おとなの事情』
LIFORKシネマ2019年7月開催風景

「LIFORKシネマ」は、LIFORKが開催するイベントで、今回は未来の働き方の実験をしているLIFORK Labにて、2019年7月~12月の毎月第3水曜日に開催しています。

映画を観ても、映画を観ながら働いてもOK!
この日の夕方、LIFORK Labは、ビール片手に映画を観たり、映画が流れる空間でくつろぎながら仕事をしたり、自由なスタイルで過ごせる空間となります。

LIFORKは通常会員制ですが、今回の「LIFORKシネマ」は特別に一般の方も参加可能。ぜひLIFORKを体験してみてください!
ご招待は抽選ではなく、先着順となります。ご参加ご希望の方は、お友達、同僚の方などをお誘いの上、お早めにお申込ください。

お申込はこちら

【日 時】8月21日(水)18:30~20:30
【場 所】LIFORK Lab
     住所:千代田区大手町2-3-1 大手町プレイス地下2階
     https://lifork.jp/l-lab/access.html
【上映作品】『あまくない砂糖の話』
【参加費】無料(ワンドリンク付き)

<ご注意事項>
・ワンドリンク付きですが、種類や数に限りがございますのでご了承ください。飲食の持ち込みは可能です。
・ご招待は抽選ではなく、先着順となります。定員に達し次第締切となります。
・上映エリアは完全に仕切られたスペースではありませんので、周囲の音などが聞こえます。ご了承ください。

8月21日
『あまくない砂糖の話』 上映時間:102分  公式サイト 

映画『あまくない砂糖の話』

人間は、1日に平均でスプーン40杯もの砂糖を摂取している。「世の中には“ヘルシー”な食品があふれているのに、これはおかしい」と、オーストラリアの俳優デイモン・ガモー自ら被験者となり、大量の砂糖が潜んだ食品を60日間食べ続け、体や心の変化を記録したドキュメンタリー。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2014 Madman Production Company Pty Ltd, Old Mates Productions Pty Ltd, Screen Australia ALL RIGHTS RESERVED


今後のLINE UP

9月18日
『すばらしき映画音楽たち』 上映時間:93分  公式サイト

映画『すばらしき映画音楽たち』

『007』『荒野の七人』『ロッキー』『E.T.』『スター・ウォーズ』『バットマン』『グラディエーター』…ハリウッド映画を彩る映画音楽の名曲の数々が、どのようにして生まれたのかを紐解く貴重な音楽ドキュメンタリー!

© 2017 Epicleff Media. All rights reserved.


10月16日
『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやってきた』 上映時間:92分  公式サイト 

映画『ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやってきた』

世界一に4度輝いたレストラン“ノーマ”が期間限定で日本に初出店するまでの日々を追ったドキュメンタリー。料理界の革命家レネ・レゼピと“ノーマ”スタッフたちの新たな挑戦がを収めている。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2015 BlazHoffski / Dahl TV. All Rights Reserved.


11月20日
『ヤバい経済学』
上映時間:93分
公式サイト 

映画『ヤバイ経済学』

アメリカに経済学ブームを巻き起こし、全世界で400万部なる、経済書としては異例かつ最大の売り上げを誇る大ベストセラー、“ヤバ経”こと「ヤバい経済学―悪ガキ教授が世の裏側を探検する」を映画化。
関連企画ページ

© 2010 Freakonomics Movie ,LLC


12月18日
『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』 上映時間:87分 公式サイト

映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』

1837年の創設以来、時を越えて多くの人々を魅了してきた世界的なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画。創業者チャールズ・ルイス・ティファニーのエピソードから始まり、ブランドカラーである‘ティファニー ブルー’の誕生秘話、アカデミー賞のジュエリー選びの裏側も紹介。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2016 DOCFILM4TIFFCO LLC a subsidiary of QUIXOTIC ENDEAVORS LLC. ALL RIGHTS RESERVED. © 2016 Quixotic Endeavors


LIFORK Lab大手町
大手町LIFORK Lab利用イメージ

LIFORK公式サイト

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

映画『よこがお』須藤蓮 須藤蓮(すどう れん)

1996年7月22日生まれ、東京都出身。特技は英語、ダンス、そして虫に詳しいこと。 2018年、NHKBSプレミアムのドラマ『ワンダーウォール』、短編映画『ブレイカーズ』…

海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ 女医フォスター 夫の情事、私の決断

「夫が浮気してるかも?」と疑い始めてから、それを突き止めようとしたり、突き止めたと思ったらそこから夫との駆け引きが始まったり…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 5組10名様 来日舞台挨拶付ジャパンプレミア試写会&レッドカーペットイベントご招待

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  2. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  3. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  4. 映画『天気の子』
    天気の子

  5. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  6. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  7. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  8. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール
  9. 映画『永遠に僕のもの』ロレンソ・フェロ
  10. 映画『トールキン 旅のはじまり』ニコラス・ホルト

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP