イイ男セレクション

中山麻聖(なかやま ませい)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『轢き逃げ -最高の最悪な日-』中山麻聖

1988年12月25日、東京都出身。2004年に映画『機関車先生』でデビュー。2012年に映画『アノソラノアオ』で主演を飾り、2014年TVドラマ『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-』でも主演を務めた。その他の主な出演作に、ドラマ『江~姫たちの戦国~』『美女と男子』『警視庁ナシゴレン課』『べっぴんさん』SP等がある。2019年は、『轢き逃げ -最高の最悪な日-』で主演する他、主演作『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』が秋に公開予定。

イイ男セレクション/出演作

『機関車先生』『bird call』『妄想少女オタク系』『天使のいた屋上』『憐 Ren』『ごくせん THE MOVIE』『アノソラノアオ』『轢き逃げ -最高の最悪な日-』『牙狼<GARO>-月虹ノ旅人-』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

持って生まれた品の良さを感じます。インタビューでお会いした時には、演技に打ち込む真摯な姿勢がお話から伝わってきました。

Recommended by Myson

©2019映画「轢き逃げ」製作委員会

関連記事

from 2019/5/6

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『パピヨン』チェーリー・ハナム マッチョの山に思いを馳せてvol.16

今回は、『パピヨン』で見事な肉体改造を見せたチャーリー・ハナムについてご紹介します。全裸で大乱闘のシーンもチェック!

映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン マット・ディロン

1964年8月18日アメリカ、ニューヨーク州生まれ。1979年、映画『レベル・ポイント』でデビュー。その後『マイ・ボディガード』『アウトサイダー』『ランブルフィッシュ』などの青春映画に出演し一躍トップスターとなる。日本でも…

映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月 岡田准一(おかだ じゅんいち)

1980年11月18日大阪府生まれ。1995年にV6のメンバーとして“MUSIC FOR THE PEOPLE”でCDデビュー。その後バラエティ、ドラマ、映画、ラジオなどさまざまなジャンルで活躍。2002年に出演したTVドラマ…

映画『ピアッシング』クリストファー・アボット/ミア・ワシコウスカ ピアッシング

人間の限界を確かめようとしているのか、痛みや恐怖に対する好奇心が狂気的に描かれています。狂気と同時に正気もあるからこそのせめぎ合いもリアルで、狂気が勝ってくると…

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画『新聞記者』岡山天音 岡山天音(おかやま あまね)

1994年6月17日、東京都生まれ。2009年にNHK『中学生日記 転校生シリーズ』でデビュー。その後、『合葬』『ライチ☆光クラブ』『黒崎くんの言いなりになんてならない』…

映画『ザ・ファブル』福士蒼汰 福士蒼汰(ふくし そうた)

1993年5月30日、東京都生まれ。2011年、TVドラマ『美咲ナンバーワン!!』で俳優デビュー。同年に『仮面ライダーフォーゼ』でドラマ初主演を飾る。その後2013年に…

おすすめ記事

映画『パピヨン』チェーリー・ハナム マッチョの山に思いを馳せてvol.16

今回は、『パピヨン』で見事な肉体改造を見せたチャーリー・ハナムについてご紹介します。全裸で大乱闘のシーンもチェック!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

REVIEW

  1. 映画『ピアッシング』クリストファー・アボット/ミア・ワシコウスカ
    ピアッシング

  2. 映画『今日も嫌がらせ弁当』篠原涼子
  3. 映画『凪待ち』香取慎吾
    凪待ち

  4. 映画『ハッピー・デス・デイ』ジェシカ・ロース
  5. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』ヨアンナ・クーリク/トマシュ・コット
  6. 映画『ジョナサン -ふたつの顔の男-』アンセル・エルゴート
  7. 映画『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』ステファノ・アコルシ/ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ステファニア・サンドレッリ/イヴァノ・マレスコッティ/クラウディア・ジェリーニ/ヴァレリア・ソラリーノ/サンドラ・ミーロ
  8. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  9. 映画『きみと、波にのれたら』
  10. 新聞記者

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP