イイ俳優セレクション

ジェマ・アータートン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ジェマ・アータートン

1986年2月2日イギリス、ケント州生まれ。演劇学校在学中に助演女優賞を獲得したことにより、王立演劇アカデミー(RADA)から奨学金を得て、“理想の夫”“タイタス・アンドロニカス”“乞食オペラ”などの作品で主演を飾った2007年、“Capturing Mary(原題)”でテレビデビューをし、『聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦』で映画デビューした。その後の主な映画出演作に“Three and Out(原題)”『ロックンローラ』『007/慰めの報酬』『パイレーツ・ロック』『アリス・クリードの失踪』『タイタンの戦い』『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』『タマラ・ドゥルー~恋のさや当て~』『ヘンゼル&グレーテル』『ランナーランナー』『ボヴァリー夫人とパン屋』『ハッピーボイス・キラー』『消されたスキャンダル』『ディストピア パンドラの少女』“The History of Love(原題)”『人生はシネマティック!』『パリへの逃避行』などがある。テレビでは、『ジェイン・オースティンに恋して』『エディ・レッドメイン in テス』などの作品に出演。近年では、伝記映画“Vita and Virginia(原題)”、Netflix配信のコメディ『マーダー・ミステリー』では、“My Zoe(原題)”などの作品に出演。また、2019年“Stardog and Turbocat(原題)”では声の出演をしている。また、舞台では、2010年の映画『ファクトリー・ウーマン』のミュージカル版“Made in Dagenham(原題)”の演技で初めてローレンス・オリヴィエ賞主演女優賞にノミネートされた。また、アポロ・シアターで上演された“Nell Gwynn(原題)”でも同賞にノミネートされた。2017年には、ドンマー・ウェアハウスでジョージー・ロークが演出したバーナード・ショー作の“Saint Joan(原題)”に出演。その他の舞台出演作に、“恋の骨折り損”“棟梁ソルネス”“モルフィ公爵夫人”などがある。
近年では製作にも活動の場を広げ、自身の製作会社レベル・パーク・プロダクションズを設立している。

イイ男セレクション/出演作

『聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦』“Three and Out(原題)”『ロックンローラ』『007/慰めの報酬』『パイレーツ・ロック』『アリス・クリードの失踪』『タイタンの戦い』『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』『タマラ・ドゥルー~恋のさや当て~』『ヘンゼル&グレーテル』『アンコール!!』『ランナーランナー』『ボヴァリー夫人とパン屋』『ハッピーボイス・キラー』『消されたスキャンダル』『ディストピア パンドラの少女』“The History of Love(原題)”『人生はシネマティック!』『パリへの逃避行』“Vita and Virginia(原題)”『マーダー・ミステリー』(Netflix映画)『キングスマン:ファースト・エージェント』“My Zoe(原題)”など

ドラマ:『ジェイン・オースティンに恋して』『エディ・レッドメイン in テス』など

声の出演:“Stardog and Turbocat(原題)”など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

凜としたキャラクターが似合うと同時に、どこか柔らかい雰囲気が魅力的な俳優さんです。人間ドラマからアクションまで幅広く活躍していて万能ですよね!(2022/2/21)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦』

『ロックンローラ』

『007/慰めの報酬』

『エディ・レッドメイン in テス』

『パイレーツ・ロック』

『アリス・クリードの失踪』

『タイタンの戦い』

『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』

『ヘンゼル&グレーテル』

『アンコール!!』

『ランナーランナー』

『ボヴァリー夫人とパン屋』

『ハッピーボイス・キラー』

『消されたスキャンダル』

『ディストピア パンドラの少女』

『人生はシネマティック!』

『キングスマン:ファースト・エージェント』

© 2019 Assist Corp. All Rights Reserved.― © BBC 2008.
© Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
© 2013 Paramount Pictures Corporation and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. TM, ® & Copyright © 2013 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016
© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved

from 2022/2/28

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『関心領域』 関心領域【レビュー】

ユダヤ人虐殺を取り上げた作品はこれまでにたくさんあるなかで、本作のような角度から取り上げた作品は…

映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン 告白 コンフェッション【レビュー】

福本伸行(原作)と、かわぐちかいじ(作画)による「告白 コンフェッション」(講談社「ヤンマガKC」刊)を映画化した本作は、まず設定の巧さが…

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  2. 映画『関心領域』
  3. 映画『告白 コンフェッション』生田斗真/ヤン・イクチュン
  4. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  5. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP