イイ俳優セレクション

ジェマ・アータートン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ジェマ・アータートン

1986年2月2日イギリス、ケント州生まれ。演劇学校在学中に助演女優賞を獲得したことにより、王立演劇アカデミー(RADA)から奨学金を得て、“理想の夫”“タイタス・アンドロニカス”“乞食オペラ”などの作品で主演を飾った2007年、“Capturing Mary(原題)”でテレビデビューをし、『聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦』で映画デビューした。その後の主な映画出演作に“Three and Out(原題)”『ロックンローラ』『007/慰めの報酬』『パイレーツ・ロック』『アリス・クリードの失踪』『タイタンの戦い』『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』『タマラ・ドゥルー~恋のさや当て~』『ヘンゼル&グレーテル』『ランナーランナー』『ボヴァリー夫人とパン屋』『ハッピーボイス・キラー』『消されたスキャンダル』『ディストピア パンドラの少女』“The History of Love(原題)”『人生はシネマティック!』『パリへの逃避行』などがある。テレビでは、『ジェイン・オースティンに恋して』『エディ・レッドメイン in テス』などの作品に出演。近年では、伝記映画“Vita and Virginia(原題)”、Netflix配信のコメディ『マーダー・ミステリー』では、“My Zoe(原題)”などの作品に出演。また、2019年“Stardog and Turbocat(原題)”では声の出演をしている。また、舞台では、2010年の映画『ファクトリー・ウーマン』のミュージカル版“Made in Dagenham(原題)”の演技で初めてローレンス・オリヴィエ賞主演女優賞にノミネートされた。また、アポロ・シアターで上演された“Nell Gwynn(原題)”でも同賞にノミネートされた。2017年には、ドンマー・ウェアハウスでジョージー・ロークが演出したバーナード・ショー作の“Saint Joan(原題)”に出演。その他の舞台出演作に、“恋の骨折り損”“棟梁ソルネス”“モルフィ公爵夫人”などがある。
近年では製作にも活動の場を広げ、自身の製作会社レベル・パーク・プロダクションズを設立している。

イイ男セレクション/出演作

『聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦』“Three and Out(原題)”『ロックンローラ』『007/慰めの報酬』『パイレーツ・ロック』『アリス・クリードの失踪』『タイタンの戦い』『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』『タマラ・ドゥルー~恋のさや当て~』『ヘンゼル&グレーテル』『アンコール!!』『ランナーランナー』『ボヴァリー夫人とパン屋』『ハッピーボイス・キラー』『消されたスキャンダル』『ディストピア パンドラの少女』“The History of Love(原題)”『人生はシネマティック!』『パリへの逃避行』“Vita and Virginia(原題)”『マーダー・ミステリー』(Netflix映画)『キングスマン:ファースト・エージェント』“My Zoe(原題)”など

ドラマ:『ジェイン・オースティンに恋して』『エディ・レッドメイン in テス』など

声の出演:“Stardog and Turbocat(原題)”など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

凜としたキャラクターが似合うと同時に、どこか柔らかい雰囲気が魅力的な俳優さんです。人間ドラマからアクションまで幅広く活躍していて万能ですよね!(2022/2/21)

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦』

『ロックンローラ』

『007/慰めの報酬』

『エディ・レッドメイン in テス』

『パイレーツ・ロック』

『アリス・クリードの失踪』

『タイタンの戦い』

『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』

『ヘンゼル&グレーテル』

『アンコール!!』

『ランナーランナー』

『ボヴァリー夫人とパン屋』

『ハッピーボイス・キラー』

『消されたスキャンダル』

『ディストピア パンドラの少女』

『人生はシネマティック!』

『キングスマン:ファースト・エージェント』

© 2019 Assist Corp. All Rights Reserved.― © BBC 2008.
© Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.
© 2013 Paramount Pictures Corporation and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. TM, ® & Copyright © 2013 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016
© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved

from 2022/2/28

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP