REVIEW

キングスマン:ファースト・エージェント

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ

シリーズ前作と時代設定が変わり、クラシカルなムードが一層濃くなっている本作。冒頭の雰囲気からどうやって、あのキングスマンのテンションに変わるのかというのも見どころで、ジワジワ、ジワジワ、ギューン、ブインブインブインという感じで一旦エンジンがかかると、そこから灰汁の強い展開に見事に変わっていきます。そしてシリーズを通して引き継がれる、品の良さと佇まいからのギャップが魅力のギョエ〜なシーンももちろんあります。同時に今作の特徴としては、不気味さが際立っているところです。正体がわからない組織とそのリーダーのシーンはカメラアングルにすごく凝っていたり、カラクリがいろいろなところに散りばめられています。なので謎解き的なおもしろさもあります。
あとはレイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン、リス・エヴァンス、ジェマ・アータートン、ジャイモン・フンスー、トム・ホランダー、チャールズ・ダンス、マシュー・グード、ダニエル・ブリュール、アーロン・テイラー=ジョンソン、スタンリー・トゥッチと超豪華キャストが集結していると点も本作の魅力。中でも強烈な印象だったのはリス・エヴァンスが演じたキャラクター。「どこに出てた?」と思ったら、一番クセが強いロシア人役でした(笑)。「どこまで本人がやってるの?」と思えるアクションシーンというか、ロシアンダンス的な機敏な動きは観ていて楽しいし、レイフ・ファインズが演じるオックスフォード公とのシーンが怪しおもしろ過ぎるので、ぜひご注目ください。
今作はかなりメランコリックなシーンもあり、キングスマン的な派手さも健在で、陰と陽のメリハリがとても効いています。ダブルの意味で鳥肌が立つエンディングも見どころで、絶対に皆さんの期待を裏切らない内容となっていますのでお見逃しなく。

デート向き映画判定
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン

シリーズ前作を観たことがあれば、それなりに激しいアクションシーンがあるのをご存じだと思います。痛々しいシーンが苦手な方を誘う場合は少し慎重に、どれくらいが許容範囲か、これまでに観たアクション映画などを聞いてみてからデートで一緒に観るべきかを判断すると良いでしょう。ロマンチックなシーンはちらっとあるくらいで、ムードが盛り上がるというタイプの作品ではないですが、逆に変に気まずくはならないはずなので、デートでも気楽に観られると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』リス・エヴァンス

PG-12となっていて、過激なシーンがあるので、中学生以上になってから観るほうが良いでしょう。迫力満点で、アクションはもちろん、キャラクター達の衣装や佇まい、振る舞いがとてもカッコ良いので、洋画好きへのきっかけになるかもしれません。映画にハマり出して、いろいろな作品を観てみたいという好奇心に駆られている方はぜひ観てみてください。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン/ジャイモン・フンスー/リス・エヴァンス/ジェマ・アータートン

『キングスマン:ファースト・エージェント』
2021年12月24日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP