REVIEW

キングスマン:ファースト・エージェント

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ

シリーズ前作と時代設定が変わり、クラシカルなムードが一層濃くなっている本作。冒頭の雰囲気からどうやって、あのキングスマンのテンションに変わるのかというのも見どころで、ジワジワ、ジワジワ、ギューン、ブインブインブインという感じで一旦エンジンがかかると、そこから灰汁の強い展開に見事に変わっていきます。そしてシリーズを通して引き継がれる、品の良さと佇まいからのギャップが魅力のギョエ〜なシーンももちろんあります。同時に今作の特徴としては、不気味さが際立っているところです。正体がわからない組織とそのリーダーのシーンはカメラアングルにすごく凝っていたり、カラクリがいろいろなところに散りばめられています。なので謎解き的なおもしろさもあります。
あとはレイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン、リス・エヴァンス、ジェマ・アータートン、ジャイモン・フンスー、トム・ホランダー、チャールズ・ダンス、マシュー・グード、ダニエル・ブリュール、アーロン・テイラー=ジョンソン、スタンリー・トゥッチと超豪華キャストが集結していると点も本作の魅力。中でも強烈な印象だったのはリス・エヴァンスが演じたキャラクター。「どこに出てた?」と思ったら、一番クセが強いロシア人役でした(笑)。「どこまで本人がやってるの?」と思えるアクションシーンというか、ロシアンダンス的な機敏な動きは観ていて楽しいし、レイフ・ファインズが演じるオックスフォード公とのシーンが怪しおもしろ過ぎるので、ぜひご注目ください。
今作はかなりメランコリックなシーンもあり、キングスマン的な派手さも健在で、陰と陽のメリハリがとても効いています。ダブルの意味で鳥肌が立つエンディングも見どころで、絶対に皆さんの期待を裏切らない内容となっていますのでお見逃しなく。

デート向き映画判定
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン

シリーズ前作を観たことがあれば、それなりに激しいアクションシーンがあるのをご存じだと思います。痛々しいシーンが苦手な方を誘う場合は少し慎重に、どれくらいが許容範囲か、これまでに観たアクション映画などを聞いてみてからデートで一緒に観るべきかを判断すると良いでしょう。ロマンチックなシーンはちらっとあるくらいで、ムードが盛り上がるというタイプの作品ではないですが、逆に変に気まずくはならないはずなので、デートでも気楽に観られると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』リス・エヴァンス

PG-12となっていて、過激なシーンがあるので、中学生以上になってから観るほうが良いでしょう。迫力満点で、アクションはもちろん、キャラクター達の衣装や佇まい、振る舞いがとてもカッコ良いので、洋画好きへのきっかけになるかもしれません。映画にハマり出して、いろいろな作品を観てみたいという好奇心に駆られている方はぜひ観てみてください。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン/ジャイモン・フンスー/リス・エヴァンス/ジェマ・アータートン

『キングスマン:ファースト・エージェント』
2021年12月24日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP