REVIEW

悪の偶像

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『悪の偶像』ハン・ソッキュ

ハン・ソッキュ、ソル・ギョングが共演というだけで魅力的ですが、冒頭のナレーションの内容から、ただごとではない空気が漂い、あっという間に引き込まれます。物語は、あるひき逃げ事件が起こることで展開していきます。ハン・ソッキュが演じる市議会議員ク・ミョンフェは、将来を期待される人物で、息子がひき逃げ事件を起こしたと知った時にも冷静に対応しようとします。ただ、予想外の事情が発覚し、問題を最小化しようと画策し始めたことで、どんどん運命の歯車が狂っていきます。一方ソル・ギョングが演じる被害者の父ユ・ジュンシクは、息子が亡くなった事実を受け入れるのに苦労しながらも、事件の背後にある不可解な事柄を調べていき、彼は徐々に真相に迫っていきます。でも、ク・ミョンフェは丸く収めようと手を回し、そこから意外な方向に物語は進んでいくのですが、政治家の力に、弱い立場の庶民がねじ伏せられていく様が本当に恐ろしく映ります。これは弱肉強食の現代社会を投影するストーリーで、いつどこで起きていてもおかしくないと思えるだけに、他人事として観られません。さらにユ・ジュンシクを、世間の誤解を招きそうなキャラクター設定にしている点にも構成の巧さを感じます。人はセンセーショナルなところだけに目がいくと全体像を歪んで捉えてしまい、本性を見極めることなく、善悪を読み違えることがあるのかも知れません。そんな世間の目も、歪んだ社会を容認することに繋がっているのかと思うと、ゾッとさせられます。本作は、ストーリー、俳優の演技、演出とどれも優れていて、期待を越えるパンチ力があり、観終わった後はズッシリとしたものが残ります。これこそ映画だという充実感を味わうことができる作品です。

デート向き映画判定
映画『悪の偶像』ソル・ギョング

終始緊張感があり、テーマは重く、性的な話題も出てくるので、デートで観るのには向いていないと思います。本当に恐ろしい人物とはこういうことなんだなとわかるストーリーなのですが、それが社会的地位を持つ人だったり、一見良識ある人だったりするだけに、違う意味でゾッとさせられます。特にステータスのある人とお付き合いしていて安心しきっている人は、複雑な気持ちになるかも知れません。一人でじっくり観るか、友達と観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『悪の偶像』ハン・ソッキュ

R指定はついていませんが、かなり怖いシーンが出てくるので、せめて中学生以上になってから観るのが良いと思います。政治家の裏の顔、格差社会、移民の問題、障がい者が抱える問題など、幅広く社会問題を取り上げている点で勉強になるところも多く、エンタテインメント的にも見応えがあるので、興味があればぜひ観てください。映画が好きになってきて、いろいろなジャンルを開拓している人にもオススメ。韓国映画の魅力を存分に感じられると思います。

映画『悪の偶像』ハン・ソッキュ/ソル・ギョング

『悪の偶像』
2020年6月26日より全国順次公開
アルバトロス・フィルム
公式サイト

© 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP