REVIEW

ペイン・アンド・グローリー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ペイン・アンド・グローリー』アントニオ・バンデラス/ノラ・ナバス

ペドロ・アルモドバル監督の自伝的作品と言われる本作は、アントニオ・バンデラスが演じる主人公サルバドールの子どもの頃と今を行き交う物語です。慢性的な背中の痛み、頭痛などに苦しむサルバドールは、映画監督として成功を収めつつも、うつ病に悩まされ、長らく映画制作から離れていました。そんな彼のもとに、32年前に撮った映画の上映依頼が届き、当時仲違いした俳優と再会することになります。そして彼はこのことをはじめ、子どもの頃の母との思い出や、若かりし頃の恋人との思い出に触れていくのですが、一見それぞれ“点”だった思い出は、線となって彼の今へと繋がっていることが、物語が語られるなかで綴られていきます。これはあくまで私の解釈ですが、それぞれの思い出は今の彼を形作っていて、それぞれを繋ぐものは、母親の存在です。そして、愛ゆえに息子として母を思う心と、母の思いに応えられない葛藤が、彼の中にずっとあって、彼は苦しんできたのではないかと思うのですが、それを独特な描写で芸術的にそして情緒的に描くペドロ・アルモドバル監督の手腕を実感します。これまでのペドロ・アルモドバル監督作にはぶっ飛んだ作品もあれば、母をテーマにした作品もありましたが、本作は後者で、監督にとって母親の存在は神秘的で特別なもので、芸術への意欲を高める存在なんですね。そのことが本作のストーリーのなかにも投影されていて、ペドロ・アルモドバル監督のルーツに触れられる作品となっています。官能的で情熱的で温かく詩的な本作は、スペイン映画の魅力も存分に感じられます。アントニオ・バンデラス、ペネロペ・クルスの名演にも魅了されますよ。

デート向き映画判定
映画『ペイン・アンド・グローリー』ペネロペ・クルス

本作は主人公サルバドールのルーツを辿る物語で、その中にはもちろん恋愛も出てきます。切なさもありますが、清々しくもある美しい恋愛が描かれていて、渦中にいる時は辛くても人生で一度はこういう恋愛があって良いのではないかと思わせてくれます。カップルで観て気まずいシーンはないので、そこはご心配なく。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ペイン・アンド・グローリー』アントニオ・バンデラス

R-15なので15歳未満の人はまだ観られません。内容的にも大人向けで、人生でいろいろな経験をしてから観るほうが、感情移入しやすい内容だと言えます。でも、本作では、主人公の物語を通して、アイデンティティを形作るきっかけとなる出来事が綴られていくので、大人に近づきつつある15歳以上の思春期の皆さんには、共感できるポイントがいくつか見つかるかも知れません。また母と子どものストーリーなので、親子関係を客観視できる部分もあると思います。親の愛情の裏にどんな思いがあって、子が親に対して思うことの裏にどんな本心があるのか、見つめ直すきっかけに観てみるのもアリですよ。

映画『ペイン・アンド・グローリー』アントニオ・バンデラス/ペネロペ・クルス

『ペイン・アンド・グローリー』
2020年6月19日より全国公開
R-15+
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

©El Deseo.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

映画『SNS-少女たちの10日間-』 ここだけの話16:最近観た、いろんな意味で衝撃的だった映画(2021年春)

今回は、最近観た映画の中で、いろんな意味で衝撃的、印象的だった映画について、ツラツラとお話しています。気楽に聞いて頂けると嬉しいです。

Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/ マ・レイニーのブラックボトム

物語の舞台は1927年夏のシカゴ。”ブルースの母”といわれた実在の歌手マ・レイニーと彼女のバンドメンバーが…

映画『水を抱く女』ヤコブ・マッチェンツ ヤコブ・マッチェンツ

1984年1月1日ドイツ、ベルリン生まれ。2008年、デニス・ガンゼル監督作…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  2. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  3. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  4. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  5. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  6. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  7. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  8. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

  9. 映画『パーム・スプリングス』アンディ・サムバーグ/クリスティン・ミリオティ
  10. 映画『ザ・バッド・ガイズ』マ・ドンソク/キム・サンジュン/キム・アジュン/チャン・ギヨン
PAGE TOP