REVIEW

アラジン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

ガイ・リッチーがディズニー映画を撮るとは意外でしたが、ディズニー映画の世界観は保ったまま、特にアクションシーンにガイ・リッチーらしさが出ていて、ファンタジー・アクションに昇華しています。色彩豊かな映像で、ミュージカルシーンは豪華なショーを観ているような感覚。ノリ的にはインド映画好きにも楽しめそうです。ウィル・スミスは来日時に「俳優だから踊っているように演じることはできるけど、実はダンスが苦手」と話していましたが、そのラフな動きこそ自然で、何でもやってのける類い希なセンスを感じます。アラジンを演じたメナ・マスード、ジャスミン役のナオミ・スコットも好演していて、特にナオミ・スコットは美しい歌声が印象的です。
物語は幼い頃に本で読んだり、アニメ版を観たりで知っている人が多いと思いますが、本作を観て「魔法は見せかけでしかなく、本当の意味で願いを叶えるのは自分」というメッセージを改めて受け取ると、グッとくるものがあります。ラストには、自己犠牲や、他者への貢献が、巡り巡って自分の幸福として返ってくるからくりが爽快で、ハッピーになれます。そうそう、ウィル・スミスが演じるジーニーはもちろん、ジャファーもマッチョなシーンがあり、マッチョ好き女子の皆さんもハッピーになれますよ(笑)。

デート向き映画判定
映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

アニメーションだとファミリー向けの印象があるかも知れませんが、実写ということもあり、老若男女楽しめる作品に仕上がっています。ロマンチックなラブストーリーなので、ムードを良くしてくれると同時に気まずいシーンもありません。身分を偽って交際しているのではない限り、平和に観られるでしょう(笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アラジン』ウィル・スミス

128分はキッズにはちょっと長めですが、ファンタジー、アクション、ラブストーリー、ミュージカルといろいろな要素で楽しませてくれるので、それほど上映時間の長さは感じないでしょう。本で読んだり、アニメ版の『アラジン』を観たことがある人も、実写で観るとまた違った魅力があるので、ぜひ観てみてください。アラジンの相棒でサルのアブーも大活躍するので、皆さんも動物の相棒が欲しくなるかも。最初は、願いを叶えてくれるジーニーが自分の前にも現れてくれたら良いなと思ってしまうかも知れませんが、他力本願だと本当の意味では幸せになれないということもわかるので、頑張る気持ちも出てくると思います。

映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

『アラジン』
2019年6月7日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

映画『ある町の高い煙突』渡辺大 渡辺大(わたなべ だい)

1984年8月1日東京都生まれ。2002年に『新春ワイド時代劇壬生義士伝』で俳優デビュー後、テレビドラマ、映画で活躍。2018年には…

映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク 神と共に 第二章:因と縁

第一章から語られている概念は共通していながら、視点がガラリと変わって、本作のほうが人間のダークな面にフォーカスした内容になっています。でも、だからこそ人間味が感じられるストーリーになっていて…

映画『きみと、波にのれたら』 きみと、波にのれたら

爽やかな青春ラブストーリーという枠に留まらず、予期せず辛い経験をした若いカップルが心に大きな傷を抱えながら、それを…

映画『アラジン』メナ・マスード メナ・マスード

1992年エジプト生まれ、カナダで育つ。ライアソン大学の演劇プログラムを卒業後、テレビシリーズ『ニキータ』や『コンバット・ホスピタル 戦場救命』などのドラマや短編映画など…

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー 『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

映画『新聞記者』北村有起哉 北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日、東京都生まれ。1998年に舞台“めざめ”と映画『カンゾー先生』でデビュー。以降、舞台と映像の両方で活躍中。劇団☆新感線の“メタルマクベス”や…

おすすめ記事

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  2. 映画『きみと、波にのれたら』
  3. 新聞記者

  4. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン
  5. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月
    ザ・ファブル

  6. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック
    パピヨン

  7. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大
  8. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン
  9. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン
  10. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP