イイ俳優セレクション

ウィル・スミス【プロフィールと出演作一覧】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス

1968年9月25日アメリカ生まれ。映画とTVさらに音楽ではマルチプラチナム・レコード達成という幅広い活躍により、大きな成功を収めてきたエンターテイナー。幅広い世代で人気を博し、1996年の映画『インデペンデンス・デイ』でキッズ・チョイス賞“お気に入り映画男優賞”にノミネートされ、1997年にホール・オブ・フェイムに選ばれた。アカデミー賞には2度ノミネートされており、2001年『ALI アリ』でモハメド・アリ役を演じ、オスカー主演男優賞に初ノミネート。その後2006年『幸せのちから』で2度目のノミネートを果たした。さらに同年、ミュージアム・オブ・ザ・ムービング・イメージ(ニューヨークの映像博物館)で功績が称えられた。2008年『7つの贈り物』では、全米有色人種地位向上協会(NAACP)主催のイメージ・アワードで主演男優賞を受賞。2015年『コンカッション』では、ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門で男優賞にノミネートされた。そのほか主な出演作に『ワイルド・ワイルド・ウエスト』『シャーク・テイル』『最後の恋のはじめ方』『ハンコック』『メン・イン・ブラック』シリーズ『アイ・アム・レジェンド』『フォーカス』『スーサイド・スクワッド』などがある。また息子はジェイデン・スミスで、『幸せのちから』『アフター・アース』などで父子共演している。さらに娘のウィロー・スミスも歌手として活動中。

イイ男セレクション/出演作

『メイド・イン・アメリカ』『私に近い6人の他人』『バッドボーイズ』『インデペンデンス・デイ』『メン・イン・ブラック』『エネミー・オブ・アメリカ』『ワイルド・ワイルド・ウエスト』『バガー・ヴァンスの伝説』『ALI アリ』『メン・イン・ブラック2』『バッドボーイズ2バッド』『アイ,ロボット』『最後の恋のはじめ方』『幸せのちから』『アイ・アム・レジェンド』『ハンコック』『7つの贈り物』『メン・イン・ブラック3』『アフター・アース』『ニューヨーク 冬物語』『フォーカス』『コンカッション』『スーサイド・スクワッド』『素晴らしきかな、人生』『ブライト』(Netflixオリジナル映画)『アラジン』『ジェミニマン』『バッドボーイズ フォー・ライフ』『ドリームプラン』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など

Amazonプライムビデオで観る

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

とても明るくてサービス精神も旺盛で、来日の際の記者会見などはいつも楽しくて、人柄が素晴らしいと思います。そんな彼がコメディが得意なのはもちろんですが、アクション、ドラマ、ラブストーリーと演技の幅も広く、観ていて飽きません。息子も俳優としてのキャリアをスタートして親子で共演したり、他作品でもお父さん役が増えましたが、『素晴らしきかな、人生』では、これまでにないくらい重くて静かな役を演じていて新鮮です。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

バッドボーイズ RIDE OR DIE
2024年6月21日より全国公開

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス

Photo by WILSON WEBB -(2011 Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
©2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC
©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

from 2017/2/21

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年7月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP