取材&インタビュー

ロビン・ウィリアムズにならい、自分自身のスタイルをジーニーに注ぎ込んだ『アラジン』ウィル・スミス来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

ディズニーが実写化した『アラジン』で、“3つの願い“を叶えてくれるランプの魔人ジーニーを演じたウィル・スミスが来日。最速試写会に集まったファンに迎えられ、イベントに登壇しました。ウィルは「また東京に来られてとても興奮しています。この映画は私のキャリアの中でとても特別なものです。この映画の中で、歌って踊って、ラップして、ドラマもやって、コメディもやって、30年間、私のキャリアの中で培ってきた技術すべてを使うことができました」と挨拶しました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

記者による質疑応答では、「ジーニーはとても愉快でハッピーを届けるエンターテイナーで、ウィル・スミスさんと同じだと思うんですけど、常にハッピーでいられる秘訣があれば教えてください」という質問が出ました。ウィルは「いつもハッピーでいられる秘訣…。こういった“公の場ではいつも”ハッピーです(笑)」と答え、笑いを誘いつつ、「本当に私は幸いにも若い頃から自分が大好きなことをやってこられました。この仕事に就けて好きなことができて、お金も稼げるという両方をできている。それが、私にとっては幸せなんだと思います」とコメントしました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

次に「アニメーション版のロビン・ウィリアムズさんに負けないくらい素敵でした。この役をやる前にどんな準備をしましたか?」と聞かれると、「今回は撮影前に6ヶ月くらいあったので、そこで準備ができました。かなりダンスを覚えたりしましたが、実は踊りはあまり得意ではないんです。俳優なので踊っているみたいに演技はできるんですけど、ダンスはあまりできないので、そういうところは難しかったです。もう1つ特別だったのは、今回の映画で初めてアイライナーをつけて撮影に挑んだということです。いつもの生活ではできないことなんで(笑)」と、ユーモアを交えて答えました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
質問をする記者に駆け寄るウィル。

さらに「“フレンド・ライク・ミー”はどのような工夫や気持ちで歌いましたか?」と問われると、「撮影の1日目にやった曲が“フレンド・ライク・ミー”で、この曲のおかげでジーニーというキャラクターを見つけることができました。この曲でヒップホップのボイスパーカッションをやった時に、これこそ現代版のジーニーだと思いました。ノスタルジックなロビン・ウィリアムズのジーニーにオマージュを捧げながらも、私自身のスタイルを新しい形で見せることができたと思います」と話しました。また「エンドクレジットで流れた“フレンド・ライク・ミー”については、ああいうことができるのが、まさにディズニーのスタジオであって、私達のいるスタジオのすぐ隣りが特殊効果をやっているところだったり、衣装さんもすぐ隣りにいて、その横にはダンススタジオがあったり、そういうように、人がすごく近くにいて組織的にいろんなことがクリエイティブできるところが素晴らしいと思いました」と付け加えました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
ボイスパーカッションで抽選の瞬間を盛り上げるウィル。

この日は、ジーニーが“3つの願い”を叶えてくれるということにちなんで、3人の観客からの質問に答えるという企画も実施されました。司会が企画内容を説明中に、舞台に抽選用の箱が運ばれてきましたが、通訳さんに中を覗くように促して、覗いた途端に「ウワー!」と驚かすという楽しいやりとりを見せたり、隙あらば皆を楽しませようということに余念がないウィル。箱から質問票を引き抜く際には、自らボイスパーカッションで盛り上げてくれて、ウィルの生ボイスパーカッションが聞けるとは、何ともラッキーでした。質問タイムの前には、選ばれたファンとの記念撮影がありましたが、皆で変顔で撮ろうと提案。どんな時も盛り上げる、ノリの良さが本当に素敵です。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

ファンからの1つ目の質問では「映画の中で、友達になれるとしたら、どのキャラクターが良いですか?」と問われると、「やっぱりジャスミンだね。ナオミ・スコットさんは本当に素晴らしい女優さんで、あのキャラクターは本当に彼女が作り上げたんですよね。ナオミさんの意見で、プリンセス・ジャスミンが父親の後に国を治める、そういうリーダーになりたいという彼女の意志が反映されている役なんです」とジャスミンというキャラクターの魅力と、演じたナオミ・スコットの功績を讃えました。2問目では「何でも願いが叶うとしたら、日本でやってみたいことはありますか?」と聞かれ、「ず〜っとやりたいことがあって、日本でしかやれないことだと思っているんですが、日本の桜を見ることなんです。でも今年も桜の季節は終わってしまったんですよね。20年間ずっとそれを思い続けていて、今回も見逃してしまいました。来年はぜひ」と話しました。最後の質問では、「“フレンド・ライク・ミー”が本当に良かったです。これは振付や演出はウィルさんが考えたんですか?」と質問されると、「ダンスは振付師がいたんですが、シーン全体、シーンの見せ方、どういうジョークを言うかとか、そういうところは、ガイ・リッチー監督にウィル自身を投影してくれと言われたので、結構自由にやらせて頂きました。アニメーション版でロビン・ウィリアムズは画期的なことをやっていて、彼のスタンドアップ・コメディのスタイルをこの役に注ぎ込んだわけです。私もそれをぜひやりたいと思いまして、昔やっていたフレッシュ・プリンスという私のスタイルを新しいジーニーに注ぎ込みました」と明かしました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

と、ここで質問タイムが終わったかと思ったら、3人目の質問者が「1つだけ、ウィルさんに見て頂きたいものがあるんです」と言うと、“フレンド・ライク・ミー”が流れ始めました。すると、会場に潜んでいた他のダンサーも一斉に踊り出し、観客もポンポンで盛り上げ、ウィルにサプライズの演出が披露されました。ウィルも驚きながらすごく喜んで、“フレンド・ライク・ミー”を生で歌ってくれて、大盛り上がり。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
サプライズのダンスに応えて、ウィルも歌声を披露!

最後にウィルは、今日の観客、日本のファンに向けて「今のサプライズ、本当にありがとうございました!本当にサプライズでした。この映画は作るのも楽しかったんです。それが映画を通して皆さんにも伝わると思います。とにかく私としては、皆さんに観て頂きたい映画ですし、先ほども言った通り、今までの映画作りの中でも特別な素晴らしい体験だったんですね。ですから今日ご覧になって頂いた方は、友達、家族、従兄弟やおじさん、おばさん、皆さんに伝えて頂きたいと思います」とコメントし、イベントは幕を閉じました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

本当にいつもサービス精神旺盛で、今回のイベントでも楽しませてくれましたが、映画でどんなジーニーに会えるのか、乞うご期待!

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
セルフィーで締め。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:
2019年5月17日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

『アラジン』
2019年6月7日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『おとなの事情』 参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』第46回トロント国際映画祭、ベン・プラット/ジュリアン・ムーア/アマンドラ・ステンバーグ/ニック・ドダニ/ダニー・ピノ/コルトン・ライアン 映画『ディア・エヴァン・ハンセン』ベン・プラットをはじめ豪華キャスト&スタッフが第46回トロント国際映画祭に登場!

11月26日より全国公開となる映画『ディア・エヴァン・ハンセン』。先日行われた第46回トロント国際映画祭で、本作がオープニング作品として上映され、レッドカーペットにベン・プラット、ジュリアン・ムーア、アマンドラ・ステンバーグ、スティーヴン・チョボスキー監督ら豪華キャスト&スタッフが集結しました。

映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛 護られなかった者たちへ

通常なら、連続“餓死”殺人事件というキーワードからサイコキラーなどが登場するのかなとイメージしてしまいますが…

映画『リスタート』SWAY(DOBERMAN INFINITY/劇団EXILE) SWAY(すうぇい)

1986年6月9日北海道、札幌市出身。2002年にラッパーとして活動開始。その後、2012年に劇団EXILEに加入し…

Huluオリジナルドラマ『死神さん』前田敦子さんインタビュー Huluオリジナル『死神さん』前田敦子さんインタビュー

冤罪事件を再捜査するクセモノ刑事(田中圭)が活躍する本作で、主人公を支える警察官を演じた前田敦子さんにインタビューをさせていただきました。アイドル時代と今についてのお話や、演技のために普段やっていることなどをお聞きしました。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』ジョエル・キナマン ジョエル・キナマン

1979年11月25日スウェーデン、ストックホルム生まれ。アメリカとスウェーデンの国籍を持つ。2011年より…

映画『空白』寺島しのぶさんインタビュー 『空白』寺島しのぶさんインタビュー

今回は日本を代表する演技派俳優、寺島しのぶさんにインタビューをさせていただきました。今回出演されている『空白』でも印象に残るキャラクターを演じている寺島さんに、普段役作りのためにやっていること、普段映画を観る時に目がいくところなどをお聞きしました。

映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ 素晴らしき、きのこの世界

本作は、ナショナルジオグラフィックやディズニーネイチャーのドキュメンタリー作品を手掛けた映像作家の…

映画『明日の食卓』菅野美穂 菅野美穂(かんの みほ)

1977年8月22日生まれ。1993年、ドラマ『ツインズ教師』の生徒役で俳優デビュー。1995年…

映画『整形水』 整形水

いろいろな意味で思った以上に強烈な映画です!アニメーションなので…

部活・イベント

  1. 映画『おとなの事情』
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『おとなの事情』 参加者募集!皆の意見を聞きながら観たい『おとなの事情』でMOPIE PARK実施

トーキョー女子映画部が提案する、映画を介した新しいコミュニケーション企画MOPIE PARK。今回はイタリア版『おとなの事情』で実施します。

Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ 好きな★☆を語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”参加者募集

この度、皆さんからのご要望が多かった“交流会”を開催することにしました。この“交流会”は作品鑑賞はせずに自由に会話していただく機会として実施します。

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『護られなかった者たちへ』佐藤健/阿部寛
  2. 映画『素晴らしき、きのこの世界』ポール・スタメッツ
  3. 映画『整形水』
    整形水

  4. 映画『マイ・ダディ』ムロツヨシ/中田乃愛
    マイ・ダディ

  5. 映画『総理の夫』田中圭/中谷美紀
    総理の夫

  6. 映画『空白』古田新太/松坂桃李
    空白

  7. 映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ
  8. 映画『MINAMATA―ミナマター』ジョニー・デップ
  9. 映画『スイング・ステート』スティーヴ・カレル
  10. 映画『アイダよ、何処へ?』ヤスナ・ジュリチッチ
PAGE TOP