取材&インタビュー

ロビン・ウィリアムズにならい、自分自身のスタイルをジーニーに注ぎ込んだ『アラジン』ウィル・スミス来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

ディズニーが実写化した『アラジン』で、“3つの願い“を叶えてくれるランプの魔人ジーニーを演じたウィル・スミスが来日。最速試写会に集まったファンに迎えられ、イベントに登壇しました。ウィルは「また東京に来られてとても興奮しています。この映画は私のキャリアの中でとても特別なものです。この映画の中で、歌って踊って、ラップして、ドラマもやって、コメディもやって、30年間、私のキャリアの中で培ってきた技術すべてを使うことができました」と挨拶しました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

記者による質疑応答では、「ジーニーはとても愉快でハッピーを届けるエンターテイナーで、ウィル・スミスさんと同じだと思うんですけど、常にハッピーでいられる秘訣があれば教えてください」という質問が出ました。ウィルは「いつもハッピーでいられる秘訣…。こういった“公の場ではいつも”ハッピーです(笑)」と答え、笑いを誘いつつ、「本当に私は幸いにも若い頃から自分が大好きなことをやってこられました。この仕事に就けて好きなことができて、お金も稼げるという両方をできている。それが、私にとっては幸せなんだと思います」とコメントしました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

次に「アニメーション版のロビン・ウィリアムズさんに負けないくらい素敵でした。この役をやる前にどんな準備をしましたか?」と聞かれると、「今回は撮影前に6ヶ月くらいあったので、そこで準備ができました。かなりダンスを覚えたりしましたが、実は踊りはあまり得意ではないんです。俳優なので踊っているみたいに演技はできるんですけど、ダンスはあまりできないので、そういうところは難しかったです。もう1つ特別だったのは、今回の映画で初めてアイライナーをつけて撮影に挑んだということです。いつもの生活ではできないことなんで(笑)」と、ユーモアを交えて答えました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
質問をする記者に駆け寄るウィル。

さらに「“フレンド・ライク・ミー”はどのような工夫や気持ちで歌いましたか?」と問われると、「撮影の1日目にやった曲が“フレンド・ライク・ミー”で、この曲のおかげでジーニーというキャラクターを見つけることができました。この曲でヒップホップのボイスパーカッションをやった時に、これこそ現代版のジーニーだと思いました。ノスタルジックなロビン・ウィリアムズのジーニーにオマージュを捧げながらも、私自身のスタイルを新しい形で見せることができたと思います」と話しました。また「エンドクレジットで流れた“フレンド・ライク・ミー”については、ああいうことができるのが、まさにディズニーのスタジオであって、私達のいるスタジオのすぐ隣りが特殊効果をやっているところだったり、衣装さんもすぐ隣りにいて、その横にはダンススタジオがあったり、そういうように、人がすごく近くにいて組織的にいろんなことがクリエイティブできるところが素晴らしいと思いました」と付け加えました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
ボイスパーカッションで抽選の瞬間を盛り上げるウィル。

この日は、ジーニーが“3つの願い”を叶えてくれるということにちなんで、3人の観客からの質問に答えるという企画も実施されました。司会が企画内容を説明中に、舞台に抽選用の箱が運ばれてきましたが、通訳さんに中を覗くように促して、覗いた途端に「ウワー!」と驚かすという楽しいやりとりを見せたり、隙あらば皆を楽しませようということに余念がないウィル。箱から質問票を引き抜く際には、自らボイスパーカッションで盛り上げてくれて、ウィルの生ボイスパーカッションが聞けるとは、何ともラッキーでした。質問タイムの前には、選ばれたファンとの記念撮影がありましたが、皆で変顔で撮ろうと提案。どんな時も盛り上げる、ノリの良さが本当に素敵です。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

ファンからの1つ目の質問では「映画の中で、友達になれるとしたら、どのキャラクターが良いですか?」と問われると、「やっぱりジャスミンだね。ナオミ・スコットさんは本当に素晴らしい女優さんで、あのキャラクターは本当に彼女が作り上げたんですよね。ナオミさんの意見で、プリンセス・ジャスミンが父親の後に国を治める、そういうリーダーになりたいという彼女の意志が反映されている役なんです」とジャスミンというキャラクターの魅力と、演じたナオミ・スコットの功績を讃えました。2問目では「何でも願いが叶うとしたら、日本でやってみたいことはありますか?」と聞かれ、「ず〜っとやりたいことがあって、日本でしかやれないことだと思っているんですが、日本の桜を見ることなんです。でも今年も桜の季節は終わってしまったんですよね。20年間ずっとそれを思い続けていて、今回も見逃してしまいました。来年はぜひ」と話しました。最後の質問では、「“フレンド・ライク・ミー”が本当に良かったです。これは振付や演出はウィルさんが考えたんですか?」と質問されると、「ダンスは振付師がいたんですが、シーン全体、シーンの見せ方、どういうジョークを言うかとか、そういうところは、ガイ・リッチー監督にウィル自身を投影してくれと言われたので、結構自由にやらせて頂きました。アニメーション版でロビン・ウィリアムズは画期的なことをやっていて、彼のスタンドアップ・コメディのスタイルをこの役に注ぎ込んだわけです。私もそれをぜひやりたいと思いまして、昔やっていたフレッシュ・プリンスという私のスタイルを新しいジーニーに注ぎ込みました」と明かしました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

と、ここで質問タイムが終わったかと思ったら、3人目の質問者が「1つだけ、ウィルさんに見て頂きたいものがあるんです」と言うと、“フレンド・ライク・ミー”が流れ始めました。すると、会場に潜んでいた他のダンサーも一斉に踊り出し、観客もポンポンで盛り上げ、ウィルにサプライズの演出が披露されました。ウィルも驚きながらすごく喜んで、“フレンド・ライク・ミー”を生で歌ってくれて、大盛り上がり。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
サプライズのダンスに応えて、ウィルも歌声を披露!

最後にウィルは、今日の観客、日本のファンに向けて「今のサプライズ、本当にありがとうございました!本当にサプライズでした。この映画は作るのも楽しかったんです。それが映画を通して皆さんにも伝わると思います。とにかく私としては、皆さんに観て頂きたい映画ですし、先ほども言った通り、今までの映画作りの中でも特別な素晴らしい体験だったんですね。ですから今日ご覧になって頂いた方は、友達、家族、従兄弟やおじさん、おばさん、皆さんに伝えて頂きたいと思います」とコメントし、イベントは幕を閉じました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

本当にいつもサービス精神旺盛で、今回のイベントでも楽しませてくれましたが、映画でどんなジーニーに会えるのか、乞うご期待!

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
セルフィーで締め。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:
2019年5月17日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

『アラジン』
2019年6月7日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』マンディ・パティンキン マンディ・パティンキン

1952年アメリカ、イリノイ州生まれ。1980年、“エビータ”でブロードウェイデビューを飾り、トニー賞を受賞。さらに1984年…

映画『GODZILLA 星を喰う者』第31回東京国際映画祭レッドカーペット、櫻井孝宏 櫻井孝宏(さくらい たかひろ)

1974年6月13日生まれ、愛知県出身の声優。主な出演作に『コードギアス 反逆のルルーシュ』『化物語』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』…

映画『イーディ、83歳 はじめての山登り』シーラ・ハンコック 『イーディ、83歳 はじめての山登り』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『イーディ、83歳 はじめての山登り』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『屍人荘の殺人』神木隆之介/浜辺美波/中村倫也 屍人荘の殺人

謎解きものだということはタイトルからわかりますが、まさか○○○ものとは思っておらず…

映画『“隠れビッチ”やってました。』森山未來 森山未來(もりやま みらい)

1984年8月20日、兵庫県神戸市生まれ。5歳からジャズダンス、タップダンスなどを始め、いくつかの舞台を踏み、1999年に“ボーイズ・タイム”で本格的に舞台デビュー。その後、舞台やドラマで活躍し…

映画『KIN/キン』ジェームズ・フランコ ジェームズ・フランコ

1978年4月19日生まれ。アメリカ、カリフォルニア州出身。UCLA在学中に演技に目覚め中退。映画デビュー作は『25年目のキス』。TVドラマシリーズ『フリークス学園』で人気を得て…

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』ジャパンプレミア、ガブリエル・ルナ ガブリエル・ルナ

1982年アメリカ、テキサス州オースティン生まれ。2005年“Fall to Grace(原題)”で映画デビュー。2010年“Dance with the One(原題)”では主役を務めた。その後『バーニー/みんなが愛した殺人者』…

映画『ラスト・クリスマス』ヘンリー・ゴールディング ヘンリー・ゴールディング

1987年マレーシア生まれ。2018年『クレイジー・リッチ!』で、映画界に進出すると同時にいきなり主役を務めたことで注目を集め…

映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン テッド・バンディ

現代の日本で、テッド・バンディのことをどれくらいの人が知っているでしょうか。彼が何者かを知って観るか、知らずに観るかで、この物語がどう見えるかに…

映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』アーノルド・シュワルツェネッガー アーノルド・シュワルツェネッガー

1974年、オーストラリア生まれ。ボディビルディングの世界チャンピオンとなり、1968年にアメリカ移住。俳優に転身し、1970年に『アーノルド・シュワルツェネッガーのSF超人ヘラクレス』で主役で映画デビューを飾った。1976年『ステイ・ハングリー』で…

おすすめ記事

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『屍人荘の殺人』神木隆之介/浜辺美波/中村倫也
    屍人荘の殺人

  2. 映画『テッド・バンディ』ザック・エフロン
  3. 映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
  4. 映画『パリの恋人たち』ルイ・ガレル/リリー=ローズ・デップ
  5. 映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー
    good people

  6. 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人
  7. 映画『カツベン!』成田凌
    カツベン!

  8. 映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス
  9. 海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/:ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/リリー・ジェームズ/マシュー・グード
  10. 映画『KIN/キン』マイルズ・トゥルイット
    KIN/キン

部活・イベント

  1. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  2. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  3. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  4. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  5. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP