取材&インタビュー

ロビン・ウィリアムズにならい、自分自身のスタイルをジーニーに注ぎ込んだ『アラジン』ウィル・スミス来日

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

ディズニーが実写化した『アラジン』で、“3つの願い“を叶えてくれるランプの魔人ジーニーを演じたウィル・スミスが来日。最速試写会に集まったファンに迎えられ、イベントに登壇しました。ウィルは「また東京に来られてとても興奮しています。この映画は私のキャリアの中でとても特別なものです。この映画の中で、歌って踊って、ラップして、ドラマもやって、コメディもやって、30年間、私のキャリアの中で培ってきた技術すべてを使うことができました」と挨拶しました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

記者による質疑応答では、「ジーニーはとても愉快でハッピーを届けるエンターテイナーで、ウィル・スミスさんと同じだと思うんですけど、常にハッピーでいられる秘訣があれば教えてください」という質問が出ました。ウィルは「いつもハッピーでいられる秘訣…。こういった“公の場ではいつも”ハッピーです(笑)」と答え、笑いを誘いつつ、「本当に私は幸いにも若い頃から自分が大好きなことをやってこられました。この仕事に就けて好きなことができて、お金も稼げるという両方をできている。それが、私にとっては幸せなんだと思います」とコメントしました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

次に「アニメーション版のロビン・ウィリアムズさんに負けないくらい素敵でした。この役をやる前にどんな準備をしましたか?」と聞かれると、「今回は撮影前に6ヶ月くらいあったので、そこで準備ができました。かなりダンスを覚えたりしましたが、実は踊りはあまり得意ではないんです。俳優なので踊っているみたいに演技はできるんですけど、ダンスはあまりできないので、そういうところは難しかったです。もう1つ特別だったのは、今回の映画で初めてアイライナーをつけて撮影に挑んだということです。いつもの生活ではできないことなんで(笑)」と、ユーモアを交えて答えました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
質問をする記者に駆け寄るウィル。

さらに「“フレンド・ライク・ミー”はどのような工夫や気持ちで歌いましたか?」と問われると、「撮影の1日目にやった曲が“フレンド・ライク・ミー”で、この曲のおかげでジーニーというキャラクターを見つけることができました。この曲でヒップホップのボイスパーカッションをやった時に、これこそ現代版のジーニーだと思いました。ノスタルジックなロビン・ウィリアムズのジーニーにオマージュを捧げながらも、私自身のスタイルを新しい形で見せることができたと思います」と話しました。また「エンドクレジットで流れた“フレンド・ライク・ミー”については、ああいうことができるのが、まさにディズニーのスタジオであって、私達のいるスタジオのすぐ隣りが特殊効果をやっているところだったり、衣装さんもすぐ隣りにいて、その横にはダンススタジオがあったり、そういうように、人がすごく近くにいて組織的にいろんなことがクリエイティブできるところが素晴らしいと思いました」と付け加えました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
ボイスパーカッションで抽選の瞬間を盛り上げるウィル。

この日は、ジーニーが“3つの願い”を叶えてくれるということにちなんで、3人の観客からの質問に答えるという企画も実施されました。司会が企画内容を説明中に、舞台に抽選用の箱が運ばれてきましたが、通訳さんに中を覗くように促して、覗いた途端に「ウワー!」と驚かすという楽しいやりとりを見せたり、隙あらば皆を楽しませようということに余念がないウィル。箱から質問票を引き抜く際には、自らボイスパーカッションで盛り上げてくれて、ウィルの生ボイスパーカッションが聞けるとは、何ともラッキーでした。質問タイムの前には、選ばれたファンとの記念撮影がありましたが、皆で変顔で撮ろうと提案。どんな時も盛り上げる、ノリの良さが本当に素敵です。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

ファンからの1つ目の質問では「映画の中で、友達になれるとしたら、どのキャラクターが良いですか?」と問われると、「やっぱりジャスミンだね。ナオミ・スコットさんは本当に素晴らしい女優さんで、あのキャラクターは本当に彼女が作り上げたんですよね。ナオミさんの意見で、プリンセス・ジャスミンが父親の後に国を治める、そういうリーダーになりたいという彼女の意志が反映されている役なんです」とジャスミンというキャラクターの魅力と、演じたナオミ・スコットの功績を讃えました。2問目では「何でも願いが叶うとしたら、日本でやってみたいことはありますか?」と聞かれ、「ず〜っとやりたいことがあって、日本でしかやれないことだと思っているんですが、日本の桜を見ることなんです。でも今年も桜の季節は終わってしまったんですよね。20年間ずっとそれを思い続けていて、今回も見逃してしまいました。来年はぜひ」と話しました。最後の質問では、「“フレンド・ライク・ミー”が本当に良かったです。これは振付や演出はウィルさんが考えたんですか?」と質問されると、「ダンスは振付師がいたんですが、シーン全体、シーンの見せ方、どういうジョークを言うかとか、そういうところは、ガイ・リッチー監督にウィル自身を投影してくれと言われたので、結構自由にやらせて頂きました。アニメーション版でロビン・ウィリアムズは画期的なことをやっていて、彼のスタンドアップ・コメディのスタイルをこの役に注ぎ込んだわけです。私もそれをぜひやりたいと思いまして、昔やっていたフレッシュ・プリンスという私のスタイルを新しいジーニーに注ぎ込みました」と明かしました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

と、ここで質問タイムが終わったかと思ったら、3人目の質問者が「1つだけ、ウィルさんに見て頂きたいものがあるんです」と言うと、“フレンド・ライク・ミー”が流れ始めました。すると、会場に潜んでいた他のダンサーも一斉に踊り出し、観客もポンポンで盛り上げ、ウィルにサプライズの演出が披露されました。ウィルも驚きながらすごく喜んで、“フレンド・ライク・ミー”を生で歌ってくれて、大盛り上がり。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
サプライズのダンスに応えて、ウィルも歌声を披露!

最後にウィルは、今日の観客、日本のファンに向けて「今のサプライズ、本当にありがとうございました!本当にサプライズでした。この映画は作るのも楽しかったんです。それが映画を通して皆さんにも伝わると思います。とにかく私としては、皆さんに観て頂きたい映画ですし、先ほども言った通り、今までの映画作りの中でも特別な素晴らしい体験だったんですね。ですから今日ご覧になって頂いた方は、友達、家族、従兄弟やおじさん、おばさん、皆さんに伝えて頂きたいと思います」とコメントし、イベントは幕を閉じました。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス

本当にいつもサービス精神旺盛で、今回のイベントでも楽しませてくれましたが、映画でどんなジーニーに会えるのか、乞うご期待!

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:ウィル・スミス
セルフィーで締め。

映画『アラジン』来日最速試写会イベント:
2019年5月17日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『アラジン』メナ・マスード/ナオミ・スコット

『アラジン』
2019年6月7日より全国公開
公式サイト 映画批評&デート向き映画判定
ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP