REVIEW

アオラレ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アオラレ』ラッセル・クロウ

日本でもアオラレ運転が問題視されていますが、他の国でも同じなんですね。原題は“UNHINGED”で、「精神的に不安定な」という意味ですが、アオラレ運転の背景にもっと根深い問題があることを示唆していて、それは個人の問題だけでなく、社会の問題でもあると思えて、一筋縄ではいかないなと感じます。ほんのちょっとしたきっかけで悪い相手の感情に火を付けてしまうのですが、煽られる側にも軽率な部分があります。ただ、この両者とも人生で行き詰まっているという共通点があり、日常的に穏やかな気持ちではいられないからこそ、こうなってしまうのかもしれません。“UNHINGED”は、両者のことを指しているとも捉えられ、正常な精神状態なら感情に流されずに冷静な判断をするところを、「なぜそこでそういう態度を?」という展開になるのは、両者が精神的に不安定だからだと考えられます。
正直なところ、煽られる側にも完全に共感することはできませんが、アオラレ運転は誰にでも起こる可能性があるので、他人事としては観られません。そして何といってもラッセル・クロウが演じるトムがクレイジー過ぎて、「もしこんな人に煽られたら」と思うと、まともに話ができなくなっている相手を前に何もできない無力感を味わえます。
社会問題を意識させられつつも、エンタテインメントとしてもかなり見応えがある本作。どういう視点で観ても、「安全運転が大事」「イライラを人にぶつけて良いことはない」「人生がうまくいかないからって、他人のせいにしない」といったいろいろな教訓を得られます。

デート向き映画判定
映画『アオラレ』ラッセル・クロウ

パートナーが血気盛んで運転中は特に攻撃的になるタイプ、または今何もかもがうまくいかずにむしゃくしゃしている方やパートナーがそういう状態の方も、ぜひ本作を一緒に観て、反面教師にしてください。辛い状況に立った人間がどういいう精神状態になるのか冷静に客観視できるので、ちょっと頭を冷やすことができるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アオラレ』カレン・ピストリアス

「マジか!」「そこまでやるか!」というシーンがふんだんに出てきて、ラッセル・クロウ演じる男がとても怖いですが、常軌を逸した大人達の姿から学べることもいろいろあると思うので、興味があれば観てみてください。ティーンの皆さんはもうすぐ車の免許を取って、自分で運転できるようになる方もいると思いますが、本作を観て、運転中にイラッとしたら本作を思い出して、安全運転してください。

映画『アオラレ』ラッセル・クロウ/カレン・ピストリアス

『アオラレ』
2021年5月28日より全国公開
PG-12
KADOKAWA
公式サイト

©2021 SOLSTICE STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP