REVIEW

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー

『レディ・バード』の制作陣と、『ムーンライト』『ルーム』を手掛けた気鋭スタジオ“A24”が制作した本作は、エイス・グレード(8年生=中学3年/日本では中学2年生の年)の少女ケイラが主人公のキュートな物語。学校では大人しく無口で、友達もいないケイラは、ネットでは自分がホストを務める自作の動画をアップしていて、SNSに夢中です。家族はお父さんと二人暮らしですが、思春期のせいか、お父さんをうざがっています。この時期は家庭以外のところで居場所を見つけるのに必死になりがちですが、自分の居場所をまだ見つけられていないケイラは、勇気を出していろいろな人と関わりを持とうとしてもなかなかうまくいかず、日々の一喜一憂が描かれていきます。10代って自分の心の中ですごく戦っていて、学校や友達の世界がすべてという感覚がすごくリアルに伝わってきます。心の中ではすごく前向きなのに、実生活ではすごく臆病。笑いたくないのに笑ったり、人に合わせることに必死になって、本当の自分がわからなくなってしまう感覚は、世代を問わず共感できるでしょう。お父さんがどんなに娘に愛を伝えても、自分のいろいろな問題は、自分自身で消化しないと気が済まないのも、こういうお年頃の特徴ではないでしょうか。それが親離れの過程でもあって、ケイラの奮闘も観ていて愛おしいし、娘に突き放されながらも優しく彼女を見守る父の姿にもキュンとします。とにかくケイラがすごくキュートで、彼女の魅力的なキャラクターで悲壮感だけで終わらない作品になっています。切ないシーンもありますが、笑えるシーンもあり、心がすごく温かくなる作品です。

デート向き映画判定
映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー

思春期独特の思考や行動の傾向をコミカルに描いていて楽しい映画ではありますが、多少卑猥な用語が出てくるので、エロ要素に敏感な人には気まずく思える可能性があります。エロチックなシーンはなく、言葉だけの問題なので、そこまで過剰に反応する人は少なそうですが、初デートで誘う場合は一応念頭に入れておいてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー

中学最後の年を過ごしている主人公の物語なので、皆さんの世代にドンピシャなストーリーです。SNSに夢中になったり、同級生の顔色をうかがったり、人には言わないけれど、日々いろいろなことが気になって、心が傷つくことも多いでしょう。でも、本作の主人公が奮闘する姿を観ると、今はこんなに苦しくても、明るい未来がありそうだという希望が湧いてくると思います。

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー

『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』
2019年9月20日より全国公開
トランスフォーマー
公式サイト

© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アナと雪の女王2』 アナと雪の女王2

前半メチャメチャ笑いました。オラフはコメディ感全開で、クリストフの歌のシーンは…

映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ 『私の知らないわたしの素顔』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『私の知らないわたしの素顔』5組10名様 一般試写会ご招待

東京コミコン2019オープニングイベント:ジュード・ロウ、クリス・ヘムズワース、ルパート・グリント、ザッカリー・リーヴァイ、イアン・サマーホルダー、ダニエル・ローガン/浅野忠信(アンバサダー)/宇垣美里(メインMC、PR大使)/胸組光明実行委員長、伊藤信太郎実行委員特別顧問 東京コミコン2019に、クリス・ヘムズワース、ジュード・ロウほかスターが大集結!

2019年11月22日より開催の東京コミコン2019には、多くのスターが来日!会場の皆が登場はまだかまだかと待ちわびる中、まずはアンバサダーを務める浅野忠信が登壇すると…

映画『ハスラーズ』コンスタンス・ウー/ジェニファー・ロペス/ジュリア・スタイルズ/キキ・パーマー 『ハスラーズ』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『ハスラーズ』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』マッツ・ミケルセン マッツ・ミケルセン

1965年11月22日、デンマーク生まれ。1997年ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『プッシャー』で映画デビュー。その後さまざまな映画に出演し…

東京コミコン2019 東京コミコン2019開幕!

2019年11月22日から24日に開催の東京コミコンにやってきました!オープニングイベントの前に…

映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー ドクター・スリープ

前作『シャイニング』を思い起こすと、「そりゃ、あんな惨劇があったら、トラウマになるわ」と納得がいくので、続編としての本作への流れも自然に感じます。とはいえ…

映画『ボーダー 二つの世界』エーロ・ミロノフ エーロ・ミロノフ

1980年5月1日、フィンランド生まれ。父方からドイツ、ロシア、スウェーデンの血をひく。2005年にヘルシンキの演劇アカデミーを卒業後、フィンランドで15作以上の長編映画に出演している。海外でも“Popular Music(英題)”…

外で横を向く女子高生AC ここだけの話9:女子のお悩み相談第3弾「人の顔色を伺ってしまい、自分の言いたいことが言えない」ほか

今回も、正式部員サイトで募集し、お寄せ頂いたお悩みの中から、いくつか選んで、毎回マイソンなりのお答えをさせて頂きます。

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド ライフ・イットセルフ 未来に続く物語

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』のスタッフが手掛けているとあって、苦さ、切なさ、温かさの描き方が絶妙です。そして…

おすすめ記事

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、国内40代&50代俳優 個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!個…

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『アナと雪の女王2』
  2. 映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー
  3. 映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド
  4. 映画『MANRIKI』斎藤工
    MANRIKI

  5. 映画『HUMAN LOST 人間失格』
  6. 映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生
  7. 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン
  8. 映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史
    決算!忠臣蔵

  9. 映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子
  10. 映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP