REVIEW

英雄の証明【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『英雄の証明』アミル・ジャディディ/サレー・カリマイ

これは1人の男性が情報社会に翻弄される物語。借金の返済ができずに投獄されているラヒムは、返済さえできればすぐに出所できる状況にあります。ここで、たくさんの金貨が入ったバッグがキーアイテムとして出てくるのですが、これを巡るラヒムの行動によって、彼は英雄としてまつりあげられます。そうしてラヒムに幸運にも出所の可能性が見えてくるのですが、彼を良く思わない者もいて、ある出来事をきっかけに関係者同士の猜疑心が強まり、ラヒムの出所の話にも暗雲が立ち込めます。
ここからは本編をご覧いただくとして、本作には誰にでも起こり得る出来事が描かれています。ラヒムに感情移入して観ると、彼の出所や再起を阻む人物が疎ましいのですが、彼等の言い分には間違えているとも言えないところがあります。さらにそこにはそれぞれの感情も入り混じっているために、一方的な解釈や言い分がマスメディアやSNSを通して公になり独り歩きをしてしまいます。そうして無関係な第三者の反応が余計に問題をこじらせてしまう怖さが、本作ではリアルに伝わってきます。
また、始めはちょっとした“演出”程度に考えていたことがすべてを破壊することに繋がり、小さなほころびが全部を台無しにする展開は最初から予想できるものの、同じような事態は私達の日常にありふれています。この光景に人間の愚かさを感じると同時に、どんなに個人的な出来事もすぐに公にできてしまう時代になったことで、私達は常に大きな力に翻弄されてしまい我を失う危険性と隣り合わせにいることを痛感します。そして、そもそも公にならなければ、取り繕う必要はなく、当事者同士で真摯に向き合えば済むことが、それだけでは済まない事態に複雑化してしまうことを余儀なくされる時代に私達が生きていることを思い知らされます。SNSなどの普及で自分を演出できる時代になりましたが、本作はその功罪を見事に描いています。

デート向き映画判定
映画『英雄の証明』サハル・ゴルデュースト

ラブストーリーではありませんが、ラヒムと婚約者の関係も物語の鍵を握っています。正しい行いかどうかより先に、婚約者はラヒムを助けたい思いでいっぱいになっているのは、好きな人がいる方なら共感できると思います。でも、客観的に冷静に考えてどうすることが1番相手のためになるのか、本作でシミュレーションすることができます。観終わった後にお互いの考えを話すことで、価値観の相性を知ることができるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『英雄の証明』アミル・ジャディディ

いろいろな人間の利害関係が絡んだストーリーなので、キッズには少し難しいかもしれません。またイランの法制度も日本と違うので、そういった背景を理解しながら観るならば中学生以上向けかなと思います。大人が主人公ですが、SNSが普及し日常的に使うことが多い皆さんにとっても身近なストーリーです。この時代に生きる上でのいろいろなリスクを客観的に観られるので、ティーンの皆さんにはぜひ観て欲しいと思います。

映画『英雄の証明』アミル・ジャディディ

『英雄の証明』
2022年4月1日より全国順次公開
シンカ
公式サイト

©2021 Memento Production -Asghar Farhadi Production -ARTE France Cinema

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP