REVIEW

キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』マリオン・ドハティ

これは映画好きならぜひ観て欲しいドキュメンタリーです。映画の出来映えを大いに左右するキャスティングの裏側には、多くの名優の誕生秘話があり、映画好きにはたまらない内容が詰まっています。本作は、数々の名優を発掘し、キャスティング(配役)の重要性をハリウッドに知らしめた、キャスティングの先駆者マリオン・ドハティ(1923-2011)の半生を綴ったドキュメンタリーです。マーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、ウディ・アレン、アル・パチーノ、ロバート・レッドフォード、クリント・イーストウッド、メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー、ダスティン・ホフマン、ジョン・ヴォイト、グレン・クローズ、ジョン・リスゴー、ベット・ミドラー、ジョン・トラボルタ等、蒼々たる大物達と、マリオンの意志を受け継ぐ後継者達が、彼女の功績を振り返ります。それと同時に時代に伴う映画業界の変化や、キャスティング・ディレクターという役割がハリウッドでなかなか地位を築けないでいる歴史も綴られています。
本作を観ると、マリオン・ドハティがいなければ今大活躍している名優達の多くは発掘されずにいたかもしれないし、名作は生まれなかったかもしれないことがわかります。また、彼女は他に類をみないほど俳優の素質や才能を見抜く力を持っていて、彼女のキャスティングは映画の作り方にまで影響を及ぼしたというエピソードの数々にはワクワクさせられます。それでもキャスティング・ディレクターがハリウッドでは軽視されている現状に驚かされます。その背景を知ると、国を問わず、映画業界は古い体質をずっと引きずっているのだなと落胆してしまう部分もあります。でも、本作のように彼女達の活躍にスポットが当てられた作品を観ることで私達一般人もキャスティング・ディレクターとして働く方達の存在を知ることができます。映画好きとしては、映画作りの背景を知ることが、映画を作るすべての方々、一人ひとりが讃えられる世の中に変化する一助になればと思います。それにしても、映画ってその裏側もドラマチックで、前人未踏のチャレンジをした方々がいるからこそ、観客を魅了できるのだなと感じます。これはいろいろな意味で感慨深い作品です。

デート向き映画判定
映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』マーティン・スコセッシ/エレン・ルイス

特にクリエイティブな仕事をしている方にとっては、たとえ自分がキャスティング・ディレクターでなくても、こういうところに仕事のおもしろさがあるのだと実感し共感できる内容です。本作を一緒に観て、学生なら将来就きたい仕事の話をしても良いし、社会人なら自分の仕事のやり甲斐などを語り合うのも良いでしょう。仕事が忙しくてなかなか会えずに不穏な空気が漂っているカップルなら特に、1度じっくりお互いの仕事について話すことで理解しあえる部分もあるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』

だんだん具体的で現実的な職業を頭に浮かべ始める中学生、高校生なら、一層興味を持って観られると思います。映画ができるまでにどんな職種の人達が関わっているのか考える機会はあまりないかもしれませんが、本作を観るとモノ作りの背景が少し見えて、自分達が知らない職業がたくさんあるのだとわかるでしょう。たとえ映画業界に進みたいというわけではなくても、他の業界でも同じように裏方で活躍する人がいるのは想像できるようになると思います。型にはまらない方法で業界に大きな影響を与えたマリオン・ドハティの活躍ぶりは、仕事の醍醐味を教えてくれますよ。

映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』マリオン・ドハティ

『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』
2022年4月2日より全国順次公開
テレビマンユニオン
公式サイト

© Casting By 2012

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP