REVIEW

EO イーオー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『EO イーオー』

EOという名の灰色のロバを主人公にしたこの物語は、ロバの数奇な旅を通して人間のさまざまな姿を映し出しています。EOはサーカス団でカサンドラと一緒に芸を披露して暮らしていましたが、あることがきっかけでサーカス団から連れ出されてしまいます。その後も転々とするEOは、訪れる先々でさまざまな人間に遭い、時に振り回されながらも“我が道”を進んでいきます。
映画の公式資料によると、本作でEOを演じたロバは全部で6頭だそうです。6頭のロバの性格はさまざまで予測不能な状況での撮影は大変だったといいます。だから、カメラがロバの動きに合わせていったそうです。劇中では、EOはとても可愛く、賢く映っているのですが、背景にはそういった苦労があったんですね。EOはセリフを言わないながらも何かを語っているような奇跡的なシーンがあります。そんなシーンの数々はこういった苦労から生まれているのだと思うと、なお感慨深いです。
本作では、放浪するEOの周囲に現れる人間の自然な姿が映し出されています。相手がロバだからこそ、人間のそのままの姿が映し出されているように見えて、言葉で語らずとも多くを語っていて見事です。そして、EOの優雅な姿と比べると、人間がとても滑稽に見えてきます。一方、のらりくらりとした展開に気を抜いていたら、突然ショッキングな出来事が起きたり、イザベル・ユペール演じる貴婦人が貫禄たっぷりで登場したり、独特な空気感も魅力です。戦後のヨーロッパ映画界を代表する巨匠イエジー・スコリモフスキ監督による7年ぶりの作品をぜひご堪能ください。

デート向き映画判定
映画『EO イーオー』サンドラ・ジマルスカ

特別デート向けというわけではありませんが、好きな人と一緒に観て気まずいことはないので、2人とも興味があればデートで観るのもアリでしょう。ただ、派手な展開がそれほどないので、普段、起伏が激しい映画しか観ていない方を誘うには向いていないかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『EO イーオー』ロレンツォ・ズルゾロ

観て感じ取るタイプの作品で、ファミリー向けの動物映画とは少し違います。EOが可愛くて賢いので、観ていて癒される部分がありつつ、ショッキングな出来事でテンションが急に変わるところもあり、中学生くらいになってから観るほうが良いと思います。

映画『EO イーオー』

『EO イーオー』
2023年5月5日より全国公開
ファインフィルムズ
公式サイト

© 2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP