イイ俳優セレクション

イザベル・ユペール

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『EO イーオー』イザベル・ユペール

1953年3月16日フランス、パリ生まれ。初期のキャリアでは、クロード・ゴレッタ監督作『レースを編む女』(1977)やジャン=リュック・ゴダール監督作『勝手に逃げろ/人生』(1979)で重要な役を演じ、マイケル・チミノ監督『天国の門』(1981)で英語作品デビューを飾った。主な出演作に『ヴィオレット・ノジエール』(1978)、『窓・ベッドルームの女』(1988)、『主婦マリーがしたこと』(1990)、『ピアニスト』(2002)、『ハッカビーズ』(2005)、『ラブストーリーズ コナーの涙/エリナーの愛情』(2015)、『母の残像』(2016)、『グレタ GRETA』(2019)、『ポルトガル、夏の終わり』(2020)などがある。また、『エル ELLE』(2017)でアカデミー賞最優秀女優賞にノミネートされたほか、セザール賞に16回ノミネート、そのうち2度受賞を果たし、2022年にはベルリン国際映画祭で金熊名誉賞を受賞した。(引用:『EO イーオー』公式サイト

イイ男セレクション/出演作

『バルスーズ』『レースを編む女』『ヴィオレット・ノジエール』『ブロンテ姉妹』『勝手に逃げろ/人生』『天国の門』『パッション』『鱒』『ピエラ 愛の遍歴』『女ともだち』『窓・ベッドルームの女』『主婦マリーがしたこと』『愛・アマチュア』『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』『最後の賭け』『肉体の学校』『甘い罠』『ピアニスト』『8人の女たち』『タイム・オブ・ザ・ウルフ』『ジョルジュ・バタイユ ママン』『ハッカビーズ』『ヴィオレッタ』『囚われの人』『愛、アムール』『3人のアンヌ』『眠れる美女』『皇帝と公爵』『デッドマン・ダウン』『ラブストーリーズ コナーの涙/エリナーの愛情』『間奏曲はパリで』『アスファルト』『母の残像』『愛と死の谷』『未来よ こんにちは』『エル ELLE』『クレアのカメラ』『ハッピーエンド』『エヴァ』『グレタ GRETA』『白雪姫〜あなたが知らないグリム童話〜』『ポルトガル、夏の終わり』『ミセス・ハリス、パリへ行く』『EO イーオー』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

フランスを代表する俳優の1人で、どの作品でも印象に残ります。いくつになってもセクシーさとカッコ良さがあり、笑顔を見せた時の柔らかさもアクセントになっていて彼女にしかない魅力があると感じます。(2023/6/8)

Recommended by Shamy

出演作を観てみよう!

『EO イーオー』
2023年5月5日より全国公開

映画『EO イーオー』

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『バルスーズ』

『勝手に逃げろ/人生』

『主婦マリーがしたこと』

『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』

『最後の賭け』

『8人の女たち』

『ジョルジュ・バタイユ ママン』

『ヴィオレッタ』

『愛、アムール』

『3人のアンヌ』

『皇帝と公爵』

『デッドマン・ダウン』

『ラブストーリーズ エリナーの愛情』

『間奏曲はパリで』

『アスファルト』

『母の残像』

『未来よ こんにちは』

『エル ELLE』

『ハッピーエンド』

『エヴァ』

『グレタ GRETA』

『白雪姫〜あなたが知らないグリム童話〜』

『ポルトガル、夏の終わり』

『ミセス・ハリス、パリへ行く』

©2012 Les Films du Losange – X Filme Creative Pool – Wega Film – France 3 Cinema – Ard Degeto – Bayerisher Rundfunk – Westdeutscher Rundfunk
© ALFAMA FILMS / FRANCE 3 CINEMA 2012
© Les Productions Bagheera, France 2 Cinéma, Love Streams agnes b. productions
©MOTLYS – MEMENTO FILMS PRODUCTION – NIMBUS FILMS – ARTE FRANCE CINEMA 2015 All Rights Reserved
© 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP
©2017 MACASSAR PRODUCTIONS – EUROPACORP – ARTE France CINEMA – NJJ ENTERTAINMENT – SCOPE PICTURES
©Widow Movie, LLC and Showbox 2018. All Rights Reserved.
© 2018 SBS PRODUCTIONS / O SOM E A FÚRIA © 2018 Photo Guy Frerrandis / SBS Productions
© 2022 Skopia Film, Alien Films, Warmia-Masuria Film Fund/Centre for Education and Cultural Initiatives in Olsztyn, Podkarpackie Regional Film Fund, Strefa Kultury Wrocław, Polwell, Moderator Inwestycje, Veilo ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

from 2023/6/8


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP