REVIEW

エスター ファースト・キル【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『エスター ファースト・キル』イザベル・ファーマン

1作目の『エスター』の結末がどっひゃーとなるナイスなオチだっただけに、続編を作るのは難しそうなところを、前日譚を描いてくれるとは有り難い!いろいろな意味で怖すぎるエスターについては、怖いもの見たさでどんな人生を歩んできたのか気になっている方も多いのではないでしょうか。そして、どれだけヤベエ人間なのか、期待を膨らませている方も多いでしょう。本作はその期待に大いに応えてくれます。
1作目はエスターが何をしでかすかわからない怖さがありましたが、本作は正体がわかっているからこその怖さが抜群に効いています。でも、それだけならエスターのやり口がわかっているので物足りなくなるかもしれないですよね。本作はそこへさらにカラクリが隠されていて、「そうきたか!」というおもしろさがあります。1作目は2009年に製作、本作は2021年に製作ということで、12年のブランクを経て作られているわけですが、エスターは同じくイザベル・ファーマンが演じています。1作目撮影当時12歳であの演技をするというのも驚きでしたが、逆に本作は24歳で子どもに見える演技もしているわけですから驚きです。思わずイザベル・ファーマンの身長を調べてみましたが、ネット情報では162cmとあり、大人を子どもに見せる映像技術のすごさも感じます。
物語の時系列としては本作のほうが先なのですが、まだ本シリーズを観ていない方は、ぜひ先に1作目の『エスター』を観てください。「ちょっと、ちょっと、ちょっとーーーー!」となる結末を味わった上で本作を観ると、エスターに妙な親近感を持ちながら楽しめます(笑)。

デート向き映画判定
映画『エスター ファースト・キル』イザベル・ファーマン/ジュリア・スタイルズ/ロッシフ・サザーランド

既にエスターの正体がわかっているだけに、序盤から激しい描写がふんだんです。ポスタービジュアルから怖そうな映画というのは伝わると思いますが、エスターの服装がクラシックで可愛いので、軽めのホラーと油断する方もいるかもしれません。映画にあまり詳しくない方を誘う際は、がっつりホラーであることを伝えたほうが無難でしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『エスター ファースト・キル』イザベル・ファーマン

「エスターってどんな子なの?」と気になるキッズもいるかもしれませんが、R-15なので15歳になってからでないと観られません。15歳になってから、1作目の『エスター』と合わせて観てください。人は見た目だけで判断できないということを学べます。

映画『エスター ファースト・キル』イザベル・ファーマン

『エスター ファースト・キル』
2023年3月31日より全国公開
R-15+
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

© 2021 ESTHER HOLDINGS LLC and DC ESTHER HOLDINGS, LLC. All rights reserved.


関連作

『エスター』シリーズ1作目

ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
Amazon Prime Videoで観る  REVIEW

TEXT by Myson

関連記事
  • エスター
  • イイ俳優セレクション/イザベル・ファーマン(後日UP)
  • イイ俳優セレクション/ジュリア・スタイルズ(後日UP)
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP