REVIEW

AIR/エア【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『AIR/エア』マット・デイモン/ジェイソン・ベイトマン

ナイキ(NIKE)の“エア ジョーダン(Air Jordan)”誕生秘話。いくつかの逸話は耳にしたことがあるかもしれませんが、マニア以外の方は知っているようで知らないであろう裏話が描かれています。物語の舞台は1980年代、主人公は、ナイキでバスケットボール部門を担当するソニー・ヴァッカロ(マット・デイモン)です。当時のバスケットボールシューズのシェアは1位コンバース、2位アディダスで、ナイキは3位。各社が自社の商品を履いてくれるスター選手を獲得するのに必死な状況で、ナイキはバスケットボール部門閉鎖の危機に直面していました。だから予算も少なく、ソニーはクビ寸前。そんななか、ソニーはまだ新人だったマイケル・ジョーダンの類稀な才能に目を付けます。でも、同じくコンバースやアディダスもマイケル・ジョーダンとの契約獲得を狙っており、予算のないナイキは1番不利な状況。それなのになぜナイキはマイケル・ジョーダンとの契約を勝ち取れたのか、本作ではその経緯が綴られています。
前代未聞の無謀な賭けに出るソニーに振り回されながらも大きな決断をしたのはナイキ創設者でCEOのフィル・ナイト(ベン・アフレック)。交渉の立役者として貢献した創設者の1人ハワード・ホワイト(クリス・タッカー)、ソニーと一緒に戦略を練ったロブ・シュトラッサー(ジェイソン・ベイドマン)、交渉時の切り札としてマイケル・ジョーダンという人物を“エア ジョーダン”というシューズに投影してデザインで表現したピーター・ムーア(マシュー・マー)、彼等個々の力とチームワークが奇跡を生んだ要因となっています。ちなみに、この“エア ジョーダン1”や“ジャンプマン”のロゴを生み出したピーター・ムーアさんご本人は2022年に78歳で逝去されたようです。劇中ではとてもチャーミングなキャラクターとして登場しているので、余計に寂しさを感じますが、こうして映画という形で、裏方で活躍した人物達も伝説に刻まれたのは大変感慨深いものがあります。
ソニー達のチームワークと彼等のユニークな思考、大きな賭けに出た度胸、すべてが重なって奇跡を生んだわけですが、もう1人の立役者はマイケルの母デロリス・ジョーダン(ヴィオラ・デイビス)です。このお母さんの交渉術が見事で、息子の価値を最大限に活かし、それを世に知らしめ、さらにスポーツ選手全体の地位を向上させるに至る条件を出す、勇敢で大胆な姿勢に鳥肌が立ちます。それぞれが妥協せずに自分達のベストを出した結果が、奇跡に結びついたのだと感じるストーリーで、本当にドラマチックです。スポーツ選手にもビジネスマンにも世のお母さんにも希望をもたらしてくれる本作は、老若男女問わず必見です。

デート向き映画判定
映画『AIR/エア』マット・デイモン/ヴィオラ・デイヴィス

ロマンチックなムードにはなりませんが、働く活力、好きなことに打ち込む情熱をさらに盛り立ててくれるストーリーで、観た後はやる気がみなぎって、テンションが上がるはず(笑)。初デートでも安心して観られるので、お互いの仕事や夢などを語るきっかけに観るのも良いですよ。仕事人間が観ると拍車がかかるかもしれませんが、なぜそんなにも仕事に没頭するのか、お互いの理解を深めるためにじっくり話すきっかけにするのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『AIR/エア』ベン・アフレック

とても夢のある話なので、キッズやティーンの皆さんにもぜひ観て欲しいです。スポーツ選手に対してだけでなく、会社で働くことにも興味が湧くのではないでしょうか。こんな奇跡はなかなか簡単には起こせませんが、仕事のやり甲斐ってどんなところにあるのかと客観視できる要素が多々あります。進路を考え出した皆さんは特に社会見学がてら観てみてください。

映画『AIR/エア』マット・デイモン/ベン・アフレック/ジェイソン・ベイトマン/クリス・タッカー/ヴィオラ・デイヴィス

『AIR/エア』
2023年4月7日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

© AMAZON CONTENT SERVICES LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP