REVIEW

SNS-少女たちの10日間-

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『SNS-少女たちの10日間-』

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは日本に限らず、海外でも同じ状況のようです。本作はチェコのドキュメンタリー映画で、18歳以上の幼い顔立ちの3名の女優が“12歳”という設定のもと、スタジオに作られたニセの部屋のPCを使って、SNSで“友達募集”をし、どんな反応がくるのかをそのまま捉えたものです。「自分からは連絡しない」「12歳であることをハッキリ告げる」など、予めルールが決めてあり、スタジオには心理や法律の専門家なども同席し、彼女達のケアができるようにして撮影が行われています。すごく手の込んだオトリ捜査といっても過言ではないですが、実際にこの映画は本国チェコで物議を醸し、少女達にネット上で児童虐待を行った大人達の捜査のため、警察が動いたようです。
それも当然、観ていただくとわかりますが、本当に信じられないほど、卑猥で悪質な手口がそのまま映し出されていて、映画を観ているこちらも「通報して!」という気持ちでハラハラします。実際この映画の中でSNSを使っているのは12歳の少女ではないものの、大人の女性でもトラウマになりそうなくらい、気持ち悪いやり取りをする多くの大人がいることに驚きます。その数、10日間のチャットで2458人とのことで、いかにこういった犯罪がまかり通っているかがわかります。そして多くが恐らく日常ではこんな一面があるなんて思われていない普通の人のように感じます。細かいところは映画を観ていただければと思いますが、本当に恐ろしくて、自分の欲望のためだけに平気で子どもを傷つける大人達を腹立たしく思ったと同時に、何とか子ども達を守らなければと痛感しました。ぜひ多くの方に観ていただき、身近にいる子ども達にこういう現実があることや、身を守る方法、ネットの正しい使い方を教えてあげてほしいと思います。R-15+なので15歳未満の方は観られませんが、編集を施して、教育用のバージョンも作って欲しいと思える内容です。

デート向き映画判定
映画『SNS-少女たちの10日間-』

本作で少女達にネット上で性的虐待を行う大人達は、羞恥心も罪悪感も全く持ち合わせていないかのように、驚くほど卑猥でひどいやり取りをしています。モザイクは入っていますが、何をしているかは明らかにわかるので、本作の中で12歳のふりをしている女性達と同じように、観ている側もとても大きな苦痛を味わうと思います。デート向きではありませんが、本気の付き合いならば、こういう映画を一緒に観て、身近にある社会問題として共有しておくことは有意義だと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『SNS-少女たちの10日間-』

R-15なので15歳未満の方は観られませんが、本来は15歳未満の子ども達にこそ知っておいて欲しい現実が映し出されています。好奇心旺盛だったり、親には反抗心が芽生えても誰かにかまって欲しかったり、子ども特有の心に漬け込んで、悪い大人達が近寄ってきます。怖い思いをしそうになったり、実際にしてしまったら、迷わず身近にいる信頼できる人に相談してください。

映画『SNS-少女たちの10日間-』

『SNS-少女たちの10日間-』
2021年4月23日より全国順次公開
R-15+
ハーク
公式サイト

© 2020 Hypermarket Film, Czech Television, Peter Kerekes, Radio andTelevision of Slovakia, Helium Film All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP