REVIEW

うまれる【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『うまれる』安藤瞳

本作は、一人娘を亡くしたシングルマザーの苦悩を描いた短編映画です。主人公の安川良子の娘、裕美は天然パーマをからかわれ、クラスメイトからいじめられていました。裕美は、ある日帰らぬ人となってしまい、良子は裕美が事故で亡くなったとばかり思っていました。そんなある日、良子は裕美の同級生から耳を疑う話を聞きます。
ここから先は映画でご覧いただくとして、本作は約30分という短い間に母親達のさまざまな感情が渦巻く濃厚な作品となっています。それぞれの子ども達の事情は異なりますが、母親達は共通して「うちの限って」という心情を持っています。皆が自分の子ども達を信じて、必死に守ろうとします。そんな母親達の激しい感情がぶつかり合うシーンは鬼気迫るものがあります。そして、まさかの展開が繰り広げられ、観る側は唖然としてしまいます。でも、これが母親なんだろうなと実感させられます。なぜ『うまれる』というタイトルがついているのだろうと思いましたが、子どもを産み母になるとはこういうことなんだなと感じます。子どもが生まれてからずっと、毎日母親はこんな気持ちでいるのだなと思うと想像を絶します。お子さんがいらっしゃる方が観るのと、そうでない方が観るのとでは異なる部分もあるとは思いつつ、「母親とは」という定義の一つを見せつける作品となっています。

デート向き映画判定
映画『うまれる』安藤瞳 ほか

デート気分も吹っ飛ぶ内容ですが、一生を共にし、将来子どもを持ちたいと考えているカップルなら、一緒に観るのも良いかもしれません。また、お子さんがいらっしゃる夫婦も一緒に観て、子育てについて相談する機会にするとどうでしょうか。母親しか登場しない点も、子育てで母親だけに負担がかかっている世の中の状況を客観視できそうです。子育てについて話し合いたいカップルは敢えて2人で観てみてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『うまれる』安山夢子

映画だからこそのシチュエーションで、お母さんが子どもを守ろうといかに必死なのか客観視することができます。子どもが考えている以上に、お母さんは子どものことを思っているのが伝わってきます。本作を観たら、お母さんに心配をかけたら申し訳ない気持ちになると思います。そして、いじめの代償が大きいことを感じて欲しいです。とても激しい内容の映画ですが、15歳以上になったら観てみてください。

映画『うまれる』安藤瞳

『うまれる』
2023年6月23日より全国順次公開
R-15+
ニチホランド
公式サイト

© 2021 On7

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP