REVIEW

ARROW/アロー

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>』スティーヴン・アメル

ファイナル・シーズン

前シーズンでストーリーの舞台の次元が大きく変わり、今シーズンではオリバーの役割もさらに大きく変化します。オールラストまで観て、「あれ?あの伏線の回収はどうしたのかな?」と思える部分もいくつかありますが、本ドラマとしてはオリバーの物語が軸となっているのでここまでに留めたと解釈することにしましょう(笑)。スピンオフして繋がりそうな要素もあったので、原作ではどうなっているのか気になるところでもあります。

海外ドラマ『ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>』スティーヴン・アメル

前シーズンから時空を超えて次世代キャラクターの活躍も描かれていて、このファイナル・シーズンでは改めてヒーローたる者の心得を説き、それを次の世代に引き継いでいくような内容になっています。回想シーンも織り交ぜられながら物語が展開していき、オリバーがどれだけ人としてヒーローとして成長したかが描かれていて、オリバーが多くの過ちをおかしてきた人間だからこそ、観る者に親近感を湧かせ、希望をもたらすストーリーとなっています。改めて本作の魅力を振り返ると、オリバー以外のキャラクターもいろいろな試練を乗り越え、時にはオリバーとも衝突してきましたが、そういった人間関係が現実的で生々しく描かれてきたからこそ、このドラマは感情移入しやすかったのだなと感じます。そして、やっぱりアクションが豪快で痛快であるだけでなく、ずば抜けた才能を持つ頭脳派の活躍も爽快でした。DCコミックスでは他にも魅力的なキャラクターがたくさんいますが、超人ではなく生身の人間として戦うキャラクターの1人として、オリバーはとてもユニークなキャラクター設定となっています。いろいろなヒーローが観たいという方にぜひ観て欲しいドラマです。

海外ドラマ『ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>』スティーヴン・アメル

『ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>』
2020月9月2日よりブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
公式サイト

©2020 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW™ and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.

TEXT by Myson


セブンス・シーズン

海外ドラマ『ARROW/アロー <セブンス・シーズン>』スティーヴン・アメル

前シーズンではオリバー自身だけでなく、チーム全体が大きな変化を遂げましたが、今シーズンはなんと刑務所が舞台となるエピソードから始まります。ずっと刑務所にいるわけはないだろうと予想はしつつ、じゃあどうやって刑務所から出ることになるのかは予測がつかず、そこがまず物語としておもしろいです。そして、オリバーを心配しながら、引き続き敵と戦い続ける他のメンバーのドラマも大いに盛り上がります。特にローレルが善と悪どっちに転ぶのかが見どころで、女性キャラクターが大活躍のエピソードもあり観ていて爽快です。さらに驚きの新キャラクターも登場し、あらゆるキャラクターが持つ両面が映し出され、善か悪かという概念では片付けられない問題が続々あがってきます。そういった点でも人間ドラマとして見応えが増していますが、今シーズンでは特にヒーローとは何ぞやというところが強く押し出されています。

海外ドラマ『ARROW/アロー <セブンス・シーズン>』スティーヴン・アメル

また、別の時間軸の物語が同時進行するのも特徴的で、ファイナル・シーズンへの期待を高める内容になっています。『THE FLASH/フラッシュ』や『SUPERGIRL/スーパーガール』とのクロスオーバー・エピソードも、ファイナル・シーズンに繋がる重要な内容となっているので、関連エピソードだけでも観ておくことをオススメします。もう今シーズンの最後は、オリバーが涙涙でめちゃめちゃ感傷的なストーリーとなっていて、観ている側も泣けてきちゃいますが、オリバーの飛躍的な成長を観られるので、お見逃しなく。

海外ドラマ『ARROW/アロー <セブンス・シーズン>』スティーヴン・アメル

『ARROW/アロー <セブンス・シーズン>』
2019月11月6日よりブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
公式サイト

©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW™ and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.

TEXT by Myson


シックス・シーズン

海外ドラマ『ARROW/アロー <シックス・シーズン>』スティーヴン・アメル

リアン・ユーでチェイスを倒したオリバーは、息子のウィリアムを引き取り一緒に生活を始めますが、リアン・ユーで母を亡くしたウィリアムがなかなか心を開かない上に、新たな敵も登場。父としての立場を優先しヒーローの役目を終えるか、グリーンアローとして戦い続けるかの究極の選択を迫られます。さらにオリバーの選択が巡り巡ってチーム・アローの面々を危機にさらすことになり、今シーズンはチーム・アローの人間関係が大混乱。オリバーの不器用な性格もあだとなってチームワークがだんだん崩れていきます。また、グリーンアローの正体が再び暴かれようとされ、チーム・アローはがんじがらめになっていきます。今シーズンを振り返ってみるとこれまでで一番問題を多く同時に抱えていて、これがまさかまさかの展開を引き起こし、最初から最後まで目が離せません。

海外ドラマ『ARROW/アロー <シックス・シーズン>』スティーヴン・アメル

そして、今シーズンはオリバーだけでなく親子のストーリーが1つのテーマとなっている点も特筆すべきところ。オリバー親子はもちろん、あの悪役の親子にまつわるストーリーも出てきたり、意外な人物が悪に転ぶか善に転ぶかで揺れ動く展開も見どころです。さらに今回はサイバー犯罪に長けた人物が敵となり、フェリシティとの対決ともいえる展開が盛り上がります。今シーズンのラストは衝撃的で、どうやって続いていくのか読めない状況で終わります。このレビューを書いている時点で既に次シーズンを観始めていますが、今シーズンではこの後の大きな展開への伏線が多く敷かれている印象で、シリーズ全体の流れを大きく変えるシーズンとして、とても濃い内容になっていると言えます。シーズン8で終了となる本シリーズ、最後まで見逃せません。

海外ドラマ『ARROW/アロー <シックス・シーズン>』スティーヴン・アメル

『ARROW/アロー <シックス・シーズン>』
2018月11月14日よりブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
公式サイト

©2018 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW™ and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.

TEXT by Myson

ファースト・シーズン〜フィフス・シーズンのREVIEWはこちら

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

コラボインタビュー1:アーク・フィルムズ、ブエナワイカ 映画配給さんにインタビュー【アーク・フィルムズ】×【ブエナワイカ】

今回は、日本初上陸のマルタ製作映画を配給するアーク・フィルムズの相川さんと、ペルー映画を専門に配給するブエナワイカの長沢さんにインタビューをさせていただきました。なんと、相川さんも小学生の頃に6年間ほどペルーに在住していたそうで、ペルー繋がりもあり、不思議なご縁を感じるインタビューとなりました。どうやって作品を買い付けるのかといったことなど、普段は聞けないお話をたくさんしていただきました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  2. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  3. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  4. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  5. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  6. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  7. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  8. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  9. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

  10. 映画『三姉妹』ムン・ソリ/チャン・ユンジュ
    三姉妹

PAGE TOP