REVIEW

ARROW/アロー

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>』スティーヴン・アメル

ファイナル・シーズン

前シーズンでストーリーの舞台の次元が大きく変わり、今シーズンではオリバーの役割もさらに大きく変化します。オールラストまで観て、「あれ?あの伏線の回収はどうしたのかな?」と思える部分もいくつかありますが、本ドラマとしてはオリバーの物語が軸となっているのでここまでに留めたと解釈することにしましょう(笑)。スピンオフして繋がりそうな要素もあったので、原作ではどうなっているのか気になるところでもあります。

海外ドラマ『ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>』スティーヴン・アメル

前シーズンから時空を超えて次世代キャラクターの活躍も描かれていて、このファイナル・シーズンでは改めてヒーローたる者の心得を説き、それを次の世代に引き継いでいくような内容になっています。回想シーンも織り交ぜられながら物語が展開していき、オリバーがどれだけ人としてヒーローとして成長したかが描かれていて、オリバーが多くの過ちをおかしてきた人間だからこそ、観る者に親近感を湧かせ、希望をもたらすストーリーとなっています。改めて本作の魅力を振り返ると、オリバー以外のキャラクターもいろいろな試練を乗り越え、時にはオリバーとも衝突してきましたが、そういった人間関係が現実的で生々しく描かれてきたからこそ、このドラマは感情移入しやすかったのだなと感じます。そして、やっぱりアクションが豪快で痛快であるだけでなく、ずば抜けた才能を持つ頭脳派の活躍も爽快でした。DCコミックスでは他にも魅力的なキャラクターがたくさんいますが、超人ではなく生身の人間として戦うキャラクターの1人として、オリバーはとてもユニークなキャラクター設定となっています。いろいろなヒーローが観たいという方にぜひ観て欲しいドラマです。

海外ドラマ『ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>』スティーヴン・アメル

『ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>』
2020月9月2日よりブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
公式サイト

©2020 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW™ and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.

TEXT by Myson


セブンス・シーズン

海外ドラマ『ARROW/アロー <セブンス・シーズン>』スティーヴン・アメル

前シーズンではオリバー自身だけでなく、チーム全体が大きな変化を遂げましたが、今シーズンはなんと刑務所が舞台となるエピソードから始まります。ずっと刑務所にいるわけはないだろうと予想はしつつ、じゃあどうやって刑務所から出ることになるのかは予測がつかず、そこがまず物語としておもしろいです。そして、オリバーを心配しながら、引き続き敵と戦い続ける他のメンバーのドラマも大いに盛り上がります。特にローレルが善と悪どっちに転ぶのかが見どころで、女性キャラクターが大活躍のエピソードもあり観ていて爽快です。さらに驚きの新キャラクターも登場し、あらゆるキャラクターが持つ両面が映し出され、善か悪かという概念では片付けられない問題が続々あがってきます。そういった点でも人間ドラマとして見応えが増していますが、今シーズンでは特にヒーローとは何ぞやというところが強く押し出されています。

海外ドラマ『ARROW/アロー <セブンス・シーズン>』スティーヴン・アメル

また、別の時間軸の物語が同時進行するのも特徴的で、ファイナル・シーズンへの期待を高める内容になっています。『THE FLASH/フラッシュ』や『SUPERGIRL/スーパーガール』とのクロスオーバー・エピソードも、ファイナル・シーズンに繋がる重要な内容となっているので、関連エピソードだけでも観ておくことをオススメします。もう今シーズンの最後は、オリバーが涙涙でめちゃめちゃ感傷的なストーリーとなっていて、観ている側も泣けてきちゃいますが、オリバーの飛躍的な成長を観られるので、お見逃しなく。

海外ドラマ『ARROW/アロー <セブンス・シーズン>』スティーヴン・アメル

『ARROW/アロー <セブンス・シーズン>』
2019月11月6日よりブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
公式サイト

©2019 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW™ and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.

TEXT by Myson


シックス・シーズン

海外ドラマ『ARROW/アロー <シックス・シーズン>』スティーヴン・アメル

リアン・ユーでチェイスを倒したオリバーは、息子のウィリアムを引き取り一緒に生活を始めますが、リアン・ユーで母を亡くしたウィリアムがなかなか心を開かない上に、新たな敵も登場。父としての立場を優先しヒーローの役目を終えるか、グリーンアローとして戦い続けるかの究極の選択を迫られます。さらにオリバーの選択が巡り巡ってチーム・アローの面々を危機にさらすことになり、今シーズンはチーム・アローの人間関係が大混乱。オリバーの不器用な性格もあだとなってチームワークがだんだん崩れていきます。また、グリーンアローの正体が再び暴かれようとされ、チーム・アローはがんじがらめになっていきます。今シーズンを振り返ってみるとこれまでで一番問題を多く同時に抱えていて、これがまさかまさかの展開を引き起こし、最初から最後まで目が離せません。

海外ドラマ『ARROW/アロー <シックス・シーズン>』スティーヴン・アメル

そして、今シーズンはオリバーだけでなく親子のストーリーが1つのテーマとなっている点も特筆すべきところ。オリバー親子はもちろん、あの悪役の親子にまつわるストーリーも出てきたり、意外な人物が悪に転ぶか善に転ぶかで揺れ動く展開も見どころです。さらに今回はサイバー犯罪に長けた人物が敵となり、フェリシティとの対決ともいえる展開が盛り上がります。今シーズンのラストは衝撃的で、どうやって続いていくのか読めない状況で終わります。このレビューを書いている時点で既に次シーズンを観始めていますが、今シーズンではこの後の大きな展開への伏線が多く敷かれている印象で、シリーズ全体の流れを大きく変えるシーズンとして、とても濃い内容になっていると言えます。シーズン8で終了となる本シリーズ、最後まで見逃せません。

海外ドラマ『ARROW/アロー <シックス・シーズン>』スティーヴン・アメル

『ARROW/アロー <シックス・シーズン>』
2018月11月14日よりブルーレイ&DVDレンタル、発売中/デジタル配信中
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
公式サイト

©2018 Warner Bros. Entertainment Inc. ARROW™ and all pre-existing characters and elements TM and ©DC Comics.

TEXT by Myson

ファースト・シーズン〜フィフス・シーズンのREVIEWはこちら

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『シャイニー・シュリンプス!世界に羽ばたけ』ニコラ・コブ/ミカエル・アビブル/デイヴィット・バイオット/ロマン・ランクリー/ローランド・メノウ他 『シャイニー・シュリンプス!世界に羽ばたけ』公開直前!トークショー付き試写会 20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ホーカスポーカス 2』ベット・ミドラー/サラ・ジェシカ・パーカー/キャシー・ナジミー ホーカスポーカス 2

前作を観た方は「あれ、なぜ2があるの?」と思われるかも…

映画『ザ・メニュー』第47回トロント国際映画祭ワールトプレミア、マーク・スト・シア、ポール・アデルスタイン、エイミー・カレロ、レイフ・ファインズ、ロブ・ヤン、アルトゥーロ・カストロ、ジュディス・ライト レイフ・ファインズ、マーク・マイロッド監督らがレッドカーペットに登場『ザ・メニュー』ワールドプレミア

『ノマドランド』『フレンチ・ディスパッチ』のサーチライト・ピクチャーズが贈る最新作『ザ・メニュー』が、2022年11月28日より全国公開となります。先日、第47回トロント国際映画祭にて本作のワールドプレミアが行われ、レイフ・ファインズやマーク・マイロッド監督らが出席しました。

Amazon Originalドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』中川大輔 中川大輔(なかがわ だいすけ)

1998年1月5日生まれ。東京都出身。MEN’S NON-NOの専属モデルとして活躍しながら…

Amazon Original ドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』藤野涼子さん、青木柚さん、中川大輔さんインタビュー Amazon Original ドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』藤野涼子さん、青木柚さん、中川大輔さん、インタビュー

3人の若者がアイデンティティと自分の心の居場所を模索する10年間を描いたドラマ『モアザンワーズ/More Than Words』。本作で主演を務めた藤野涼子さん、青木柚さん、中川大輔さんにお話をうかがいました。皆さんとお話していると役とすごくリンクして、ドラマからそのまま仲の良い3人が抜け出してきたようでした。

映画『バッドガイズ』 バッドガイズ

強面で皆から恐れられる怪盗集団“バッドガイズ”の面々は…

映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ケヴィン・ドイル他 ケヴィン・ドイル

1960年4月10日イギリス生まれ。ドラマ『ダウントン・アビー』で…

映画『ソングバード』ソフィア・カーソン ソングバード

物語の舞台は2024年。コロナウイルスの猛威がさらにエスカレートし…

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

映画『アイ・アム まきもと』でんでん でんでん

1950年1月23日、福岡県生まれ。渥美清に憧れ弟子入りしたく高校卒業後に上京…

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

REVIEW

  1. 映画『ホーカスポーカス 2』ベット・ミドラー/サラ・ジェシカ・パーカー/キャシー・ナジミー
  2. 映画『バッドガイズ』
    バッドガイズ

  3. 映画『ソングバード』ソフィア・カーソン
    ソングバード

  4. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  5. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  6. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  7. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  8. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  9. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  10. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
PAGE TOP