REVIEW

キャンディ:隠された狂気【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『キャンディ:隠された狂気』ジェシカ・ビール

REVIEW

1980年6月13日、アメリカのテキサス州ワイリーで、夫と子どもと暮らすベティ・ゴアが斧で41回殴られて惨殺されました。本作はこの実話に一部フィクションを交えて描かれたドラマです。ベティを殺したのは、以前にベティの夫と不倫関係にあったキャンディ・モンゴメリー(ジェシカ・ビール)。キャンディは夫のパット、娘、息子の4人暮らしで、一見順風満帆な日々を送っています。でも、キャンディとパットの関係はマンネリ化していて、キャンディは気晴らしに肉体関係だけの浮気をしようと思い付きます。キャンディは浮気相手として、ベティの夫アランに目を付けます。一方ベティは、いつもどこか不安な様子で、アランが出張で不在がちな状況にも不満を持っています。それぞれの夫婦がギクシャクしているなか、一方の家庭にある変化が起きたことで、キャンディとアランの関係にも変化が起き、事態は思わぬ方向に向かっていきます。
殺人事件が起こりそうもない空気感で始まりながらも、1話から突如物々しいシーンが出てきます。まず殺人が起きた日の一部を描き、一旦過去に遡って、間に何があったのかを描いた後、裁判までの出来事が映されていきます。副題にある“狂気”が意味するところは、斧での惨殺であるのはいうまでもありませんが、ベティ殺害後も平然を装うキャンディの様子にこそ狂気を感じます。
同じ事件をドラマ化した『ラブ&デス』より先に本作を観ました。本作の冒頭には、一部フィクションが含まれると表示されています。一方の『ラブ&デス』は「これは実話である」と表示されている点、ストーリーの違いからしても、本作のほうが脚色が多いと考えられます。ポイントとなる出来事や設定は両作で共通していて、本作のほうが実際のキャンディの見た目に寄せていながら、キャンディが殺人を犯した背景に繋がるキャラクター性には大きな違いがあります。その設定には当時の時代感では見えなかった女性像を体現したような実験的とも思える特徴が感じられます。ぜひ『ラブ&デス』とも比較しながらお楽しみください。

海外ドラマ『キャンディ:隠された狂気』ジェシカ・ビール

『キャンディ:隠された狂気』
2022年8月10日よりディズニープラス スターにて配信中
R-15+相当
ディズニープラス作品ページ

© 2024 Disney and its related entities.

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

映画『ライド・オン』来日舞台挨拶:ジャッキー・チェン、ラリー・ヤン監督/ジャッキーちゃん ジャッキー・チェン、突如〇〇を披露!会場から歓喜の声『ライド・オン』来日舞台挨拶

『ライド・オン』が絶賛公開中の2024年6月11日、ジャッキー・チェンと、ラリー・ヤン監督が来日…

映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ【レビュー】

アレクサンダー・ペイン監督とポール・ジアマッティが、『サイドウェイ』以来、2度目のタッグを…

映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈 ディア・ファミリー【レビュー】

本作は、生まれつきの心臓疾患で余命10年と宣告された幼い娘のために、人工心臓を作ろうと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  2. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  3. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス
  4. 映画『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』ポール・ジアマッティ/ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ/ドミニク・セッサ
  5. 映画『ディア・ファミリー』大泉洋/菅野美穂/福本莉子/新井美羽/川栄李奈

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP