REVIEW

ラブ&デス【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン

REVIEW

1980年6月13日にテキサス州ワイリーで起きた実際の事件を基に、デイビッド・E・ケリーが脚本を担当、エリザベス・オルセンを主演に迎えて作られたドラマです。ニコール・キッドマンもエグゼクティブ・プロデューサーとして名を連ねています。本作のクレジットを観ると“texas monthly”の記事と、ジム・アトキンソンとジョン・ブルームによる著書“EVIDENCE OF LOVE”をベースにしており、冒頭でも「この物語は実話である」という表示がある点で、知りうる事実にできる限り忠実に描いているのではないかと考えられます。

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス/リリー・レーブ/パトリック・フュジット

主人公は、エリート企業に勤める夫と娘、息子の4人で優雅な生活をしている主婦のキャンディ・モンゴメリー(エリザベス・オルセン)。彼女は、同じ教会に通っていたベティ・ゴアを斧で41回殴って殺害しました。同じ実話を基にドラマ化された作品は『キャンディ:隠された狂気』もあります。2作を観比べると、構成も演出も違っていて、事件の解釈も異なっています。本作は、時系列で真相に迫るよう描かれています。

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス

キャンディの不倫相手であるアランのイメージも異なります。本作は、ジェシー・プレモンスが演じており、アランというキャラクターに独特の魅力を与えています。エリザベス・オルセンが演じるキャンディは、脆さを隠すために強くあろうとする様子が印象的で、あまりにクールな表情の奥にいつも何かに怯えているような深層心理が垣間見えます。

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン

1980年の事件ということで、多くの方がこの事件そのものを知らずに観ると思います。私も何も知らずに観て、裁判の行方に衝撃を受けました。結局私達は殺されたベティ・ゴアからの話は聞けず、キャンディの説明でしか、この事件を知るこができません。そういった背景に加えて、宗教観や裁判制度などアメリカ特有の風潮が大きく判決に関わった点も大変興味深いです。同時に、キャサリンの精神状態が犯行時、犯行後、どういう状況にあったのかは、観れば観るほど謎が深まるばかりで、いろいろな面で人間を知ることができるドラマとなっています。

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン

『ラブ&デス』
2023年4月27日よりU-NEXTにて配信中
U-NEXT概要ページ U-NEXTで観る

©2023 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年2月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP