REVIEW

バーナデット ママは行方不明

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット

2012に出版されたベストセラー、マリア・センプル著「where’d you go bernadette」を、リチャード・リンクレイター監督、ケイト・ブランシェット主演で映画化した本作は、包容力抜群です。前半と後半でガラッとトーンが変わる点も魅力で、その背景には意外性もあり、極力前情報を入れずに観ることをオススメします。
シアトルに暮らすバーナデット(ケイト・ブランシェット)は、一人娘のビーと親友のような関係で、夫は一流IT企業に勤め、一見優雅に暮らしているように見えます。でも、バーナデットは人間関係が極端に苦手で、娘の送り迎え以外はほとんど家で過ごしています。ここから先は映画で観ていただくとして、バーナデットはあることをきっかけに現実と向き合わなければいけなくなります。その過程で、彼女の内面がそれまでどういう状態にあったのか、過去に何があって、これからどうなっていくのかが描かれていきます。
序盤では、バーナデットが毒舌でサバサバしているキャラクターとして描かれているからこそ、後半で明かされる彼女が抱えてきたものの重みが際立ちます。ひょんなことから彼女が変わらざるを得なくなり、再生していく姿はとても清々しく、勇気と希望を与えてくれます。ケイト・ブランシェットが演じるバーナデットはもちろんのこと、クリステン・ウィグが演じるママ友も魅力的で現実味のあるキャラクターとして描かれています。リチャード・リンクレイター監督が紡ぎ出す空気感はとても優しくて、やっぱりリチャード・リンクレイター監督作にハズレなしだなと実感します。劇中劇のドキュメンタリーもあまりにリアルなのがクスッと笑えて、これはこれで独立して観たくなります(笑)。一部重いテーマを扱っていながら、絶妙な軽やかさで、すんなりと物語に世界に入って行ける点にもリチャード・リンクレイター監督の手腕を感じます。本作は、ストーリー、演出、演技力、三拍子揃っています。世のお母さん達に観て欲しいと同時に、普遍的なテーマを扱っているので、老若男女問わずオススメです。

デート向き映画判定
映画『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット/ビリー・クラダップ

夫婦の在り方も1つのテーマとなっていて、真剣交際中のカップルや夫婦で観て欲しい作品です。家族として大切にしたいもの、個人として大切にしたいもの、それぞれの大切さを実感させられるストーリーです。「家族のために」という大義名分で、それぞれが我慢したり妥協することはあったとして、逆にその我慢や妥協によって本人が無意識に苦しんでいるとしたら、家族としても悲しいことです。そんなことを客観視する機会をぜひ共有してください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット/エマ・ネルソン

皆さんは今は娘のビーの視点で観つつ、大人になってからまた観てみると、感じ方の変化があるかもしれません。親の内面について想像を膨らませながら観ても良し、自分の将来の姿をシミュレーションするのも良いでしょう。もし、皆さんが将来誰かと一緒に人生を歩むとしたら、どんな壁にぶつかるのか、1つの参考になると思います。

映画『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット

『バーナデット ママは行方不明』
2023年9月22日より全国公開
ロングライド
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
Wilson Webb / Annapurna Pictures

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP