REVIEW

バーナデット ママは行方不明【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット

2012に出版されたベストセラー、マリア・センプル著「where’d you go bernadette」を、リチャード・リンクレイター監督、ケイト・ブランシェット主演で映画化した本作は、包容力抜群です。前半と後半でガラッとトーンが変わる点も魅力で、その背景には意外性もあり、極力前情報を入れずに観ることをオススメします。
シアトルに暮らすバーナデット(ケイト・ブランシェット)は、一人娘のビーと親友のような関係で、夫は一流IT企業に勤め、一見優雅に暮らしているように見えます。でも、バーナデットは人間関係が極端に苦手で、娘の送り迎え以外はほとんど家で過ごしています。ここから先は映画で観ていただくとして、バーナデットはあることをきっかけに現実と向き合わなければいけなくなります。その過程で、彼女の内面がそれまでどういう状態にあったのか、過去に何があって、これからどうなっていくのかが描かれていきます。
序盤では、バーナデットが毒舌でサバサバしているキャラクターとして描かれているからこそ、後半で明かされる彼女が抱えてきたものの重みが際立ちます。ひょんなことから彼女が変わらざるを得なくなり、再生していく姿はとても清々しく、勇気と希望を与えてくれます。ケイト・ブランシェットが演じるバーナデットはもちろんのこと、クリステン・ウィグが演じるママ友も魅力的で現実味のあるキャラクターとして描かれています。リチャード・リンクレイター監督が紡ぎ出す空気感はとても優しくて、やっぱりリチャード・リンクレイター監督作にハズレなしだなと実感します。劇中劇のドキュメンタリーもあまりにリアルなのがクスッと笑えて、これはこれで独立して観たくなります(笑)。一部重いテーマを扱っていながら、絶妙な軽やかさで、すんなりと物語に世界に入って行ける点にもリチャード・リンクレイター監督の手腕を感じます。本作は、ストーリー、演出、演技力、三拍子揃っています。世のお母さん達に観て欲しいと同時に、普遍的なテーマを扱っているので、老若男女問わずオススメです。

デート向き映画判定
映画『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット/ビリー・クラダップ

夫婦の在り方も1つのテーマとなっていて、真剣交際中のカップルや夫婦で観て欲しい作品です。家族として大切にしたいもの、個人として大切にしたいもの、それぞれの大切さを実感させられるストーリーです。「家族のために」という大義名分で、それぞれが我慢したり妥協することはあったとして、逆にその我慢や妥協によって本人が無意識に苦しんでいるとしたら、家族としても悲しいことです。そんなことを客観視する機会をぜひ共有してください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット/エマ・ネルソン

皆さんは今は娘のビーの視点で観つつ、大人になってからまた観てみると、感じ方の変化があるかもしれません。親の内面について想像を膨らませながら観ても良し、自分の将来の姿をシミュレーションするのも良いでしょう。もし、皆さんが将来誰かと一緒に人生を歩むとしたら、どんな壁にぶつかるのか、1つの参考になると思います。

映画『バーナデット ママは行方不明』ケイト・ブランシェット

『バーナデット ママは行方不明』
2023年9月22日より全国公開
ロングライド
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.
Wilson Webb / Annapurna Pictures

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP