REVIEW

ブルーバック あの海を見ていた【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ブルーバック あの海を見ていた』ミア・ワシコウスカ

REVIEW

『渇きと偽り』のロバート・コノリー監督が、ティム・ウイントンの原作小説に魅了され、長らく映画化を熱望し、その夢を叶えて完成させた作品です。主人公で若き海洋生物学者のアビー(ミア・ワシコウスカ)は、母親のドラ(リズ・アレクサンダー)が倒れたという知らせを受け、故郷である西オーストラリアの海辺の町ロングボート・ベイへと向かいます。アビーはドラの世話のため、しばらく故郷に留まることを決め、母と過ごした子どもの頃を思い返します。
アビーの現在と過去を行き来しながら物語が進行し、その中で母親や街で暮らす人々との交流、美しい海で起きたさまざまな出来事が見えてきます。アビーとドラは常に海と接して暮らし、海を心から愛していることが伝わってきます。一方で、リゾート開発業者の心ない行動も観られ、胸が痛くなる場面もあります。そういったシーンは、現代社会と重なる部分が多くあり、環境問題について改めて考えるきっかけになると思います。
キャストは、ミア・ワシコウスカ、ラダ・ミッチェル、イルサ・フォグ、アリエル・ドノヒュー、リズ・アレクサンダー、エリック・バナらオーストラリア出身の俳優が多く出演しています。映画の公式資料によると、海に潜るシーンでは俳優達が自ら潜っているそうで、本作への意欲も感じられます。
アビーとドラの親子関係は、どんな方でも共感できる部分があり、自然の尊さについても考えさせられる作品です。また、海の神秘的な光景もたくさん収められているので、最近あまり自然に触れていないという方は本作を観て海を感じ、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

デート向き映画判定

映画『ブルーバック あの海を見ていた』

恋愛要素はほぼありませんが、親子愛や環境保護へのメッセージが詰まった作品なので、デートで観るのもアリです。海のシーンが多くあるので、海好きな方やダイビングが趣味という相手なら、より楽しめると思います。鑑賞後は一緒に海について語ったり、次回は水族館や海デートをするのもオススメです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ブルーバック あの海を見ていた』ミア・ワシコウスカ/リズ・アレクサンダー

アビーの幼少期のシーンは、皆さんも等身大で観られると思います。アビーは母のドラから海にまつわるさまざまなことを教わり、海を大切にするようになります。そんな2人の姿を観て、自分の親子関係を振り返ったり、海の生態系について勉強するのも良いと思います。

映画『ブルーバック あの海を見ていた』ミア・ワシコウスカ

『ブルーバック あの海を見ていた』
2023年12月29日より全国順次公開
エスパース・サロウ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2022 ARENAMEDIA PTY LTD, SCREENWEST (AUSTRALIA) LTD AND SCREEN AUSTRALIA

TEXT by Shamy

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年12月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP