REVIEW

REBEL MOON:パート1 炎の子【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『REBEL MOON:パート1 炎の子』ソフィア・ブテラ/チャーリー・ハナム/ペ・ドゥナ/ジャイモン・フンスー

REVIEW

衛星ヴェルトは作物が育つ豊かな土地を持ち、人々は自給自足で平和に暮らしていました。でも、銀河を支配する巨大帝国“マザーワールド”の母星であるインペリウムに突然侵略されてしまいます。マザーワールドとの因縁を隠し、ヴェルトでひっそりと暮らしていたコラ(ソフィア・ブテラ)は、静観することができず、マザーワールドと戦うことを決意。共に戦う戦士“レベルズ(反乱者)”を集めるため旅に出るというストーリーです。

Netflix映画『REBEL MOON:パート1 炎の子』

PRで来日したザック・スナイダー監督が、11歳の頃に“スター・ウォーズ”を観て本作の構想が浮かんだと話していたように、“スター・ウォーズ”を彷彿とさせる世界観となっていると同時に、個人的には“攻殻機動隊が好きな方も本作を気に入るのではないかと感じました。そして、ザック・スナイダー監督といえば、DCシリーズの他、『300 〈スリーハンドレッド〉』『エンジェル ウォーズ』といったアクション映画が得意分野です。本作では、ダンサーとしても活躍し、『キングスマン』でもキレキレのアクションシーンで観客を魅了したソフィア・ブテラがザック・スナイダー監督とタッグを組み、華麗なアクションシーンを披露しています。その他のキャストも超豪華です。チャーリー・ハナム、ペ・ドゥナ、ジャイモン・フンスー、ミヒウ・ハウスマン(ミキール・ハースマン)、レイ・フィッシャー、エド・スクラインの他、ユニークなキャラクターの声をアンソニー・ホプキンスが担当しています。

Netflix映画『REBEL MOON:パート1 炎の子』

パート1となる本作で集まった“レベルズ(反乱者)”が、パート2でどんなチームワークを見せるのかというのも楽しみですが、本作だけでもクライマックスで大きなドラマが展開します。「これって、本当に2部作?」と思うくらい壮大なスケールとなっていて、何なら何作も続けてシリーズ化したらいいのにと期待が膨らみます(笑)。パート1だけでも見応え抜群ながら、とても気になるラストとなっているので早くパート2が観たいです!ハリウッド超大作系が大好きな映画ファンの皆さん、必見ですよ。

デート向き映画判定

Netflix映画『REBEL MOON:パート1 炎の子』ソフィア・ブテラ/チャーリー・ハナム

ほんのりラブストーリーの要素も匂わせつつ、メインは反乱軍の結成と巨大帝国との戦いなので、ムーディーになり過ぎて気まずくなるようなシーンはありません。2時間を越える上映時間ですが、テンポ良く物語が展開し、何度となく見せ場のアクションシーンが出てくるので、あっという間に観終えたという感覚になるでしょう。エンタテインメント性が高いので、普段あまり映画を観ない方でも楽しんでもらえると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

Netflix映画『REBEL MOON:パート1 炎の子』ペ・ドゥナ

まずはアクションシーンがカッコ良いので、ワクワクしながら観られます。また、個性豊かなキャラクターが複数登場するので、お気に入りを見つけられると思います。エド・スクラインが演じる悪役もかなりクセが強いので、ハラハラドキドキを楽しめるはず。本作は、ザック・スナイダー監督が11歳の頃に“スター・ウォーズ”を観たところから構想が生まれたとのことです。今度は本作が若い皆さんに何らかのインスピレーションをもたらすかもしれません。

Netflix映画『REBEL MOON:パート1 炎の子』ソフィア・ブテラ/チャーリー・ハナム/ペ・ドゥナ/ジャイモン・フンスー

『REBEL MOON:パート1 炎の子』
2023年12月22日よりNetflixにて配信開始
R-13+
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP