REVIEW

ボブ・マーリー:ONE LOVE【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』キングズリー・ベン=アディル

REVIEW

ボブ・マーリーの歌を耳にしたことがある方は多くいらっしゃると思います。ただ、ジャマイカの政治にこれほど大きな影響を与えていたことはどれだけ知られているのでしょうか。お恥ずかしながら、私はほとんど知らなかったので、本作を観てかなり衝撃を受け、彼が伝説である所以を知ることができました。本作には、家族や当時の仲間から見たボブ・マーリーの素顔が描かれている点も印象的です。それもそのはず、本作の公式サイトによると、「妻のリタや息子のジギーなどのマーリー・ファミリー、さらにザ・ウェイラーズのメンバーなど当時のボブを知る人々が製作に深く関与」とあり、だからこそ描けたストーリーであることがわかります。

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』キングズリー・ベン=アディル

1976年、ジャマイカの政治闘争が激化するなか、ボブ・マーリー(キングズリー・ベン=アディル)が銃撃されるところから物語は始まります。それから、ボブ・マーリーと妻のリタ(ラシャーナ・リンチ)がどんな選択をとっていくのかが、夫婦の視点を軸に描かれていきます。この後のいきさつをご存じのファンの方はいらっしゃるとして、これからご覧になる方のために、詳細は伏せておきます。伝説のアーティストの伝記といえば、名も無い時代からスターダムをのし上がる過程を描いたものが主流ですが、本作は既に国民的アーティストとなっていたボブ・マーリーのその後を描いている点で趣が異なります。とはいえ、アーティストとしてのさらなる成長も描かれつつ、夫婦の物語、祖国ジャマイカとの関係が綴られています。ボブ・マーリーの温かい人間味と、音楽への情熱が伝わってくるとともに、夫婦関係は赤裸々に語られていて、リタの気苦労の大きさも伝わってきます。だから、偉大なアーティストとはいえ、等身大の1人の人間としても見られる点で感情移入しやすいと思います。そして、本作を観ると、ボブ・マーリーが遺した音楽の重みを実感します。

デート向き映画判定

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』キングズリー・ベン=アディル/ラシャーナ・リンチ

ボブとリタの2人の関係の変化を、現代と過去を行ったり来たりしながら観ることができます。恋愛関係、夫婦関係には、良い時も悪い時もあり、それぞれに乗り越え方があります。本作は伝説のアーティストのストーリーとはいえ、誰にでも通じる部分があり、苦難を乗り越えたカップルの一例として観ることができます。普段苦労をかけてるなと思いながらも素直になれない方、逆に苦労かけられっぱなしという方は、揃って観ることでお互いを客観視する機会にできるかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』キングズリー・ベン=アディル

ボブ・マーリーは時代を経た今でも愛され続けているアーティストです。皆さんもボブ・マーリーの曲かどうかを知らないとしても、耳にしたことがあると思います。本作ではお父さんとしてのボブ・マーリーの姿も映し出されているので、子ども目線で観られるのではないでしょうか。お父さんが大スターという状況は一見ワクワクするかもしれませんが、その影響力の大きさによって、家族は苦渋の決断を強いられる場面もあり、華やかな世界に生きる人とその一家の苦労を知ることができます。政治の世界とエンタテインメントの世界はかけ離れているように見えて、大きな影響力を持つ人物なら国をも動かす力があると知ることもできるでしょう。

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』キングズリー・ベン=アディル

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』
2024年5月17日より全国公開
PG-12
東和ピクチャーズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2024 PARAMOUNT PICTURES

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ ありふれた教室【レビュー】

校内で多発する盗難を解決しようとする行動が負の連鎖…

映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ ジョン・マガロ【プロフィールと出演作一覧】

1983年2月16日アメリカ、オハイオ州生まれ。演劇作品への出演からキャリアをスタートし…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  2. Netflixドラマ『マスクガール』
  3. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  4. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ
  5. 映画『碁盤斬り』草彅剛/清原果耶

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP