REVIEW

ハロウィン KILLS

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハロウィン KILLS』ジェームズ・ジュード・コートニー

ブギーマンと呼ばれ恐れられてきた連続殺人犯マイケル・マイヤーズ(ジェームズ・ジュード・コートニー)と、サバイバーであるローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)との40年にもおよぶ因縁の戦いは、前作で決着がついたかに思われました。しかし!「やっぱりマイケル死んでまへ〜ん!」ということで、本作で戦いが続きます。でも、本作は様相が一変し、集団心理の恐ろしさも描いている点で社会的な要素も感じられるストーリーとなっています。マイケルも恐ろしいのですが、マイケルを殺そうとして躍起になる人達も、結局人を殺そうとしているのは同じ。シーンによっては観ていて複雑な気持ちになります。
とはいえ、ずっとシリアスな気持ちで観るというわけではなく、やっぱりなかなか死なないマイケルに「またか!」「またか!」となる楽しさは変わりません。ローリーや彼女の娘カレン(ジュディ・グリア)、孫のアリソン(アンディ・マティチャック)、その他マイケルを倒そうと戦う人達に対して、「なんで、さっき○○しなかったの!」「なんであのマイケルにそのメンバーで勝てると思うねん!」と何度もツッコミを入れずにはいられないところが魅力ですが、それこそが本作のおもしろさですよね。ラストでは「ワオ!」という展開が待っているので、最後まで気を抜かずに観てください。

デート向き映画判定
映画『ハロウィン KILLS』ジェイミー・リー・カーティス

ホラーが好きなカップルは盛り上がれると思います。いろいろな映画を一緒に観てきたカップルも、今までホラーを観ていなかったらチャレンジしてみるのも良いかもしれません。初デートで誘うつもりの方はいないとは思いますが、ジャンルを問わない映画デートができる相手を望む方は、誘ってみた時の相手の反応で映画ライフを一緒に楽しめるか確かめることができそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ハロウィン KILLS』アンディ・マティチャック

これは子どもが観たら泣くかトラウマになります(笑)。でも、そもそもR-15なので15歳未満の方は観られません。中学生くらいになると怖い映画に興味が湧く方も多そうですが、今のうちはR指定がない、マイルドなホラーで鍛えて、高校生になったらチャレンジしましょう。どうせなら、1982年の最初の作品から観ると良いですよ。

映画『ハロウィン KILLS』ジェームズ・ジュード・コートニー

『ハロウィン KILLS』
2021年10月29日より全国公開
R-15+
パルコ、ユニバーサル映画
公式サイト

© UNIVERSAL STUDIOS

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP