REVIEW

ハンサン ―龍の出現―【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハンサン ―龍の出現―』パク・ヘイル/ピョン・ヨハン

韓国で英雄とされるイ・スンシン(李舜臣)が率いる朝鮮水軍と、豊臣秀吉に仕え“賤ヶ岳の七本槍”の1人として知られる脇坂安治(わきざかやすはる)が率いる日本軍の海上での決戦を描いた本作では、当時画期的だったと思われる最強の船が登場します。本作の副題に「龍の出現」とありますが、この船の船首が龍の頭であることから付けられていると思われます。本作に登場する日本軍は韓国の俳優陣が演じていますが、日本人のセリフは日本語吹き替えが入っており、観やすいように配慮されています。
本作の見どころとしては、まずイ・スンシン(パク・ヘイル)と脇坂安治(ピョン・ヨハン)の頭脳戦です。相手がどう出るかを先読みしつつ、読みが外れたら次にどうするかといった戦術が次々と繰り出されるので最後まで目が離せません。そして、パク・ヘイルとピョン・ヨハンが純粋にカッコ良い(笑)。また、本作は船が主役ともいえるほど船にフォーカスされています。どんな船が登場するかは本編でのお楽しみとして、船の中で汗を流す漕ぎ手を映すシーンもふんだんにあります。時代背景からして機械でないことは明かなので「あの動きと速さを人力で!?」と思いながら、漕ぎ手を応援したくなる心境になります(笑)。画期的な船の動きの裏で人間が必死に漕いでいると思うと、そのギャップに感心します。
日本でこの決戦についてもともと知っている方がどれくらいいるのか、その知名度はわかりませんが、純粋に武将の頭脳戦がおもしろい話、スゴい船の話として楽しんではいかがでしょうか。

デート向き映画判定
映画『ハンサン ―龍の出現―』パク・ヘイル

ロマンチックな展開はあまりなく、特にデート向きというわけではありませんが、お互いに好みのジャンルならデートで観るのもアリでしょう。人気の韓国俳優が勢揃いしているので、韓国映画ファンのカップルにはオススメです。歴史に疎い方は一緒に映画公式サイトの情報を観ておくと、一層物語の世界に入りやすいかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ハンサン ―龍の出現―』パク・ヘイル

R-15+なので、15歳未満の方は観られません。ティーンの皆さんの中には音楽やドラマなどから韓国に興味を持った方もいると思いますが、本作のように歴史をたどる映画も観ると、一層韓国のことを知ることができる上に、世界史、日本史の勉強にもなって一石二鳥です。歴史に詳しい人を誘って、解説してもらうのも良いですね。

映画『ハンサン ―龍の出現―』パク・ヘイル/ピョン・ヨハン

『ハンサン ―龍の出現―』
2023年3月17日より全国順次公開
R-15+
ツイン
公式サイト

©2022 LOTTE ENTERTAINMENT & BIGSTONE PICTURES CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP