REVIEW

ハウス・ジャック・ビルト

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン

初っぱなから登場するユマ・サーマンが演じる女性キャラクターがあまりに強烈で、マット・ディロンが演じる主人公のイライラを観ているこちらもリアルに体感できます。なので、一瞬主人公の気持ちを理解できた気になるのですが、その後のクレイジーな展開には、ただただ口をアングリしてしまうはず。もう主人公を人間として観られないほどに、彼はとんでもない方向に暴走していくのですが、まさにその人間を超越した狂気が、ラストの世界観に見事に結びついていきます。今作も、ラース・フォン・トリアー監督好きには堪らないエグい映画になっていますが、彼の作品によく描かれている不条理という視点でいくと、今作は予想外の終わり方をしているとも言えます。どういう結末なのかは皆さんご自身の目で確かめて頂くとして、全体のストーリー、主人公のキャラクターのクセの強さはもちろん、個人的には主人公お気に入りの“お財布”が頭から離れません。いや〜もうほんと、ラース・フォン・トリアーの頭の中はどうなってるんでしょう(笑)!キモイ、怖いを通り越して笑ってしまいましたが、女子の皆さんには特にショックが大きいシーンですので、心してご覧ください。前述のユマ・サーマンをはじめ、主演のマット・ディロンほか、ブルーノ・ガンツ、ライリー・キーオの好演も必見ですよ。

デート向き映画判定
映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン/ユマ・サーマン

これはデートで観てはいけないやつです(笑)。初デートや付き合いたてで、あまり映画の内容を知らずに誘ってしまったら、どういうつもりで誘ったのかと人格を疑われる可能性があるので注意しましょう。映画好き同士なら、会話のネタに良いかも知れませんが、一応過去にラース・フォン・トリアー作品を観たことがあるかどうかは確認してから誘ったほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン/ブルーノ・ガンツ

R-18なので、18歳未満の人は観られません。18歳以上でも、エグい映画に免疫がない状態で観たら、ストーリー的にも見た目的にも刺激の強いシーンにショックを大いに受けると思うので、せめて観た後に気分転換できるように、昼に観る、仲の良い友達を誘って観ることをオススメします。

映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン

『ハウス・ジャック・ビルト』
2019年6月14日より全国公開
R-18+
クロックワークス、アルバトロス・フィルム
公式サイト

© 2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP