特集

なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ピアッシング』

どうしようもない気分にさせられる映画ってありますよね。今回はそんな映画を集めてみました。

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

トラウマ映画多めの監督

ラース・フォン・トリアー

「なんでこんなストーリーを考えられるの?」と毎回思うくらい、強烈。観て心地良いことは全くありませんが、なぜか新作が出る度に観てしまうのはなぜなんでしょうか(苦笑)。

映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン

『ハウス・ジャック・ビルト』
2019年6月14日より全国公開
R-18+
殺人鬼の話は多々あれど、彼の“センス”があまりにクレイジー。怖いを通り越して笑っちゃうくらい、やばい主人公です。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』
DVD好評レンタル&発売中
エグさの種類が違うんですが、善人が主人公という意味で、辛すぎるんですよね。ラストで、「何すんねん!」となります。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(字幕版)

『アンチクライスト』
DVD好評レンタル&発売中
非難を浴びた作品ということで、最初は構えてましたが、前半はそんな気配はありません。で、「噂ほどではなかったか」と気を抜き始める頃、強烈な展開になります。でも、何がスゴいって、これを演じたシャルロット・ゲンズブールです。作品にブーイングが起きても、彼女が映画賞を受賞したのは納得。

アンチクライスト(字幕版)

パスカル・ロジェ

『マーターズ』があまりに強烈だっただけに、その後、どんな作品を撮っていくのか楽しみな監督です。

映画『ゴーストランドの惨劇』アナスタシア・フィリップス

『ゴーストランドの惨劇』
2019年8月9日より全国公開
R-15+
『マーターズ』を基準にして観ると、こちらはノーマルなホラーで、トラウマになるほどではありません。なので、パスカル・ロジェ監督作を観ようと思ったら、逆にこちらを先に観てから、『マーターズ』にトライしても良いかも。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『マーターズ』
DVD好評レンタル&発売中
「このストーリーで、その結末に持っていきます?」という驚きの結末で、この映画はそんなことをテーマにしていたのかという意味で、発想のスゴさに圧倒されます。前半の怖さと後半の怖さの種類が違う点もおもしろいですが、後半のほうがタチが悪い(苦笑)。

マーターズ [DVD]

キム・ギドク

この方も頭の中を覗きたくなるようなショッキングな描写が多い監督さんです。ここまで振り切れる描写はなかなかできないと思うので、エグい作品のニオイがしても、ついつい観ちゃうんですよね。

『メビウス』
DVD好評レンタル&発売中
R-18+
すぐに怖いと感じる人間の行動もあれば、よくよく考えたらもっと怖くなる人間の行動もあり、観ているこっちまでおかしくなるところまでいったら、逆に笑えるかも知れません。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

メビウス(字幕)

『嘆きのピエタ』
DVD好評レンタル&発売中
R-15+
母親の執念がいかに深いかというのを、こんな風に表現するとはキム・ギドクらしいです。ラストシーンが、いつまでも目に焼き付きます。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

嘆きのピエタ(字幕)

イーライ・ロス

監督作はほぼホラーですが、ジャック・ブラックが主演で、少年が活躍する『ルイスと不思議の時計』なんかも監督してますよ。とはいえ、それもダーク・ファンタジーなので、やはり怖いのがお得意なんですね。

『ノック・ノック』
DVD好評レンタル&発売中
相手はお化けとかではなく、クレイジーな若い姉ちゃんというところが、自分の身の回りでも起きそうで相当怖いです。男子が観たらもっと怖いはず。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ノック、ノック(字幕版)

『グリーン・インフェルノ』
DVD好評レンタル&発売中
人間が牛や豚、鳥などを殺して食べているのを、食料にされるってこんな気持ちなんだなと、逆の立場から体感できます。

グリーン・インフェルノ(字幕版)

ギャスパー・ノエ

作る映画から気難しい方なのかと思いきや、来日時にインタビューさせて頂いたら、ジョークを飛ばしたり、ユーモアたっぷりな方でした。

『アレックス』
DVD好評レンタル&発売中
モニカ・ベルッチが写る、この作品の美しいポスタービジュアルに騙されてきたと思われるカップルがたくさん映画館にいたのですが、問題のシーンで大量に退場していきました。レイプシーンがすごく長く続くのですが観るに堪えかねて目を塞いでも、音が生々しく大音量で、本当に苦痛でした。でも、それだけではない映画に仕上げているのがスゴいです。

アレックス [Blu-ray]


人間の狂気

映画『ピアッシング』

『ピアッシング』
2019年6月28日より全国公開
PG-12
観ているだけでも痛すぎるシーンが満載。上映時間が短いのが救い。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『セブン』
DVD好評レンタル&発売中
七つの大罪になぞらえて実行される連続殺人も怖いのですが、結末がショッキング。というか、あんな形で完結させる残酷さに言葉を失いました。でもブラピはすごくカッコ良いです(笑)!

セブン (字幕版)

『ミスト』
DVD好評レンタル&発売中
前半はB級映画のノリなので舐めてしまいがちですが、後半からどんどん心理的に怖い展開になっていきます。最後の最後は、追い詰められて…。後悔先に立たずとは、まさにこのこと。

ミスト (字幕版)

『ドント・ブリーズ』
DVD好評レンタル&発売中
PG-12
ホラーを観慣れていると、盲目のおじいさんの暴れ具合なんかはそれほどでもないですが、おじいさんがやろうとしている計画がキモ過ぎるんです。女子はドン引きするはず。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ドント・ブリーズ (字幕版)

『ヴィジット』
DVD好評レンタル&発売中
ホラー的な怖さというのとはちょっと違って、リアルに孫がおじいちゃんやおばあちゃん家でこういうシーンに遭遇することもありそうというシーンがいろいろ出てきます。怖がったら失礼と思えるからこそ、余計に逃げ場がない怖さがあります。私は可笑しくて笑いながら観ましたが、子どもが観たらちびるかも。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ヴィジット (字幕版)

『ムカデ人間』
DVD好評レンタル&発売中
ヤバ過ぎて設定的には笑えますが、映像で観るとやはりイメージがリアルになってしまうので、「オエッ!」となります。ドクターの「真ん中にしてやろうか」というセリフは逆に笑っちゃいました。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ムカデ人間 [DVD]


完全な悪

『サスペリア』
2019年7月2日ブルーレイ&DVD発売/TSUTAYA先行レンタル開始
R-15+
見た目にも不気味さは充分にありますが、不快な音がすごく印象的。怖いと思う部分は個人差がありそうですが、痛い、きもいの種類も豊富。ダリオ・アルジェント監督のオリジナル版もぜひご覧ください。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『サスペリア』ダコタ・ジョンソン
映画『サスペリア』ティルダ・スウィントン

サスペリア [Blu-ray]

『へレディタリー/継承』
DVD好評レンタル&発売中
PG-12
ストレートなホラー描写よりも、少女に起こるある悲劇の唐突なシーンがあまりにもインパクトが強すぎて、ずっと頭から離れません。本当に唐突に起こるので、目をつむる暇はありません。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ヘレディタリー 継承(字幕版)

『悪魔を見た』
DVD好評レンタル&発売中
チェ・ミンシクとイ・ビョンホンの演技力に圧倒される作品。手強い犯人も怖いし、復習にかられた者が狂気に呑み込まれていくのも怖いです。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

悪魔を見た (字幕版)

『悪の教典』
DVD好評レンタル&発売中
私が観た時の劇場は若い女子が多かったのですが、エンドロールが終わると、ざわついてました。「これR-15じゃないよね、18だよね」なんて声も聞こえてきたくらい、激しい描写があります。伊藤英明のキレた演技にもご注目を。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

悪の教典

『テキサス・チェーンソー』
DVD好評レンタル&発売中
チェーンソーで襲ってくるレザーフェイスよりも、車イスのおじいちゃんや、保安官のほうが、普通にいそうでよっぽど怖い。逃げ場がない状況の設定が何より怖くて、冒頭のシーンからの恐怖の積み重ねが見事。

テキサス・チェーンソー [DVD]

『クリーピー 偽りの隣人』
DVD好評レンタル&発売中
人を殺したりするシーンよりも、なぜ犯人に従ってしまう人がいるのかという真相がわかった時のほうが怖いです。今の日本ではより、こういう状況が起こりえるからこそ余計にゾッとします。
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

クリーピー 偽りの隣人

わかっていても、なぜか観てしまう魅力って何なんでしょうかね。こういう映画が好きだと言うと、それはそれでどう思われるんだろうと思ってしまいますが(笑)、私は結構好きです。ただ単に描写が激しいだけでなく、何かしら人間の本質を描いているものが多いからだと思いますが、まだトライしたことがない方もぜひチャレンジしてみてください。でも始めのうちは昼間に観ることをオススメします。寝る前に観ちゃダメ!

© 2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN
© 2017 -5656 FILMS -INCIDENT PRODUCTIONS -MARS FILMS -LOGICAL PICTURES
©2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflix映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』エドガー・ラミレス ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム

本作は、リック・リメンダーとグレッグ・トッキーニのグラフィックノベルを原作に、『トランスポーター3 アンリミテッド』や『96時間/リベンジ』などを手掛けたオリヴィエ・メガトン監督が映画化。舞台は…

映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル SKIN/スキン

本作の前に作られた短編も観ることができたのですが、短い間にドラマが凝縮されていて、この物語が伝えたいことがバシッと表現された衝撃的なラストに圧倒されました。そして、その世界に存在する…

映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル WAVES/ウェイブス

2部構成となっている本作の前半は“タイラーの罪”と題して、裕福な家庭に長男として生まれたタイラーの物語が綴られています。一家が裕福であるのは父の苦労と努力の…

映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr. ルース・エドガー

人種差別に関する映画はたくさんありますが、こういった視点のものはあまりなかったのではないでしょうか。勉強もスポーツも万能で…

水間ロン、アーティスト写真 『燕 Yan』水間ロンさんインタビュー

日本と台湾の高雄を舞台に、離ればなれになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱えながら、もがき成長する姿が描かれたヒューマンドラマ『燕 Yan』。今回は本作で初主演を飾り、さらに企画と脚本にも携わっている水間ロンさんにリモート取材させて頂きました。企画段階から本作へ参加した感想や、また、水間さん自身、中国の大連出身で、日本の大阪育ちという経歴をお持ちということで、ご自身のアイデンティティ形成についても聞いてみました。

映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン 罪と女王

いや〜いろんな意味でゾッとしました。それくらいドラマチックで、映画だからこそ描ける“罪”であって欲しい衝撃的な内容です。主人公は…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

映画『燕 Yan』水間ロン 水間ロン(みずま ろん)

1989年生まれ。中国、大連出身、大阪育ち。大学を卒業後に上京し、俳優活動を始める。主なテレビドラマ出演作に…

映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉 心理学から観る映画12-2:自己注目が抑うつを引き起こす

人間というものを理解しようとする時、“自己”という概念がとても重要になります。自分をどう認知しているか、自分をどう見せたいか、自分はどう見られていると思うか…など、あらゆる視点やとらえ方が、心の健康及び病に影響をもたらします。そこで今回は自己注目と抑うつの関係について考察します。

映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン 未成年

不倫の末に妊娠してしまった女性の子どもと、不倫相手の娘が高校で同級生というなさそうでありそうな…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. Netflix映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』エドガー・ラミレス
  2. 映画『SKIN/スキン』ジェイミー・ベル
    SKIN/スキン

  3. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  4. 映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr.
  5. 映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン
    罪と女王

  6. 映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン
    未成年

  7. 映画『アンティークの祝祭』カトリーヌ・ドヌーヴ
  8. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  9. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  10. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP