REVIEW

ハント【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ハント』イ・ジョンジェ/チョン・ウソン

本作では、俳優のイ・ジョンジェが4年間温めてきたシナリオをもとに初監督を務め、チョン・ウソンと共にダブル主演を飾っています。『イカゲーム』『ただ悪より救いたまえ』など、作品ごとにさまざまな面を見せてきたイ・ジョンジェが、本作では監督としてどんな作品を作り上げたのか気になる方も多いのではないでしょうか。
本作は1980年代を舞台に、安全企画部(旧KCIA)の海外次長パク(イ・ジョンジェ)と国内次長キム(チョン・ウソン)が組織内に潜むスパイを探す模様を描いています。最初は組織内のスパイが誰なのか探りながら、主人公目線で観ることができます。物語が進むにつれて、まさかの展開が続くので終始ハラハラします。特にパクの運命が左右される場面や、キムが執拗な捜査を行う場面では緊張感が走ります。また、迫力あるカーアクションや銃撃戦、さらに、パクとキムの対立構造や腹の探り合いも見どころです。
イ・ジョンジェとチョン・ウソンの白熱した演技が観られるのも本作の醍醐味です。そして何よりイ・ジョンジェの監督、脚本家としての才能が存分に発揮されていると感じます。見応えある重厚なサスペンスとして仕上がっているので、俳優のファンだけでなく、サスペンス好きにとっても満足度の高い作品だと思います。

デート向き映画判定
映画『ハント』イ・ジョンジェ/チョン・ウソン

本作には、主人公達がスパイの捜査をする過程で痛そうな場面も登場します。デートで観る場合は事前に相手に作品の雰囲気を伝えて、好みかどうか確認すると親切だと思います。アクションやサスペンス好きの場合は、本作を観ることでハラハラ感を共有することができ、ジェットコースター効果を期待できます。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ハント』チョン・ウソン

韓国史の基本情報がある程度わかるほうが物語をより理解できるので、せめて中学生くらいになってから観ることをオススメします。ティーンの場合は、誰がスパイなのか自分なりに推理してみましょう。もし本作にハマったら、ぜひ他のスパイ映画も観てみてください。

映画『ハント』イ・ジョンジェ/チョン・ウソン

『ハント』
2023年9月29日より全国公開
PG-12
クロックワークス
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 MEGABOXJOONGANG PLUS M, ARTIST STUDIO & SANAI PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Shamy

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP