取材&インタビュー

『I ~人に生まれて~』リリー・ニー監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『I ~人に生まれて~』リリー・ニー監督

本作は、主人公がインターセックス(性分化疾患)であることを知らされないまま両親に性転換手術を受けさせられるという衝撃的な物語です。子どもの頃は男の子として暮らしていた主人公が、思春期の身体の変化をきっかけに、女の子として生きざるをえなくなり葛藤する姿を描いています。この度、本作で長編監督デビューを果たしたリリー・ニー監督にメールインタビューを行いました。デリケートなテーマに挑んだきっかけや、他の国での反応などもお聞きしました。

※性分化疾患とは、ヒトの6つの性のうち、性染色体、性腺、内性器、外性器のいずれかが非定型的な先天的体質を指します(映画公式資料より引用)。
※性分化疾患について正しい理解のためにこちらもご覧ください→【日本性分化疾患患者家族会連絡会/nexdsd JAPAN

<PROFILE>
リリー・ニー:監督
中国の脚本家、監督。南カリフォルニア大学映画芸術学部を卒業。短編映画『FeMale』(2016)でハリウッド国際映像映画祭、カナダ短編映画祭で優良賞などを受賞し、『I ~人に生まれて~』で長編監督デビューを果たした。同作は当初中国での製作、上映を予定していたが、中国の検閲制度の問題のため断念し、台湾で製作された。同作では監督を務めるだけでなく、主題歌も歌っている。

もしインターセックスの人が伝統的なアジアの文化的背景の中で生まれ育ったとしたらどうなるだろうか

映画『I ~人に生まれて~』リー・リンウェイ/ベラ・チェン

マイソン:
性分化疾患について、どんなリサーチをしましたか?映画として表現する際に、難しかった点はどんな点ですか?

リリー・ニー監督:
ご質問ありがとうございます! この話は私の親しい友人からインスピレーションを受けました。私はその友人のことをずっと同性愛者だと思っていましたが、ある時インターセックスであると教えてくれました。 当時は“インターセックス”という言葉の意味すら知りませんでしたので、すぐにネットで検索してみました。 世界中で、インターセックスの子ども達、さらには赤ちゃんが性別適合手術を受けるケースが非常にたくさんあることを知りました。その事実を知り、私の友人はインターセックスコミュニティの中で幸運な人だったのだろうと思わずにはいられませんでした。 なぜなら手術を受けず、ご両親もありのままに受け入れてくれていたからです。

映画『I ~人に生まれて~』イン・ジャオトー

しかし同時に、もし友人が中国人だったらどうなるだろうかとも考えていました。 もし伝統的なアジアの文化的背景の中で生まれ育ったとしたらどうなるでしょうか?友人の人生は違うものになっていたのでしょうか?これらの疑問を念頭に置いて、私は『I ~人に生まれて~』の脚本を書き始めました。
恐らく皆さんが思っていたほど、私の研究は十分ではなかったかもしれません。私にはインターセックスの友人がおり、オンラインで少し調査をしましたが、それだけでした。私の友人は性別適合手術を受ける必要がなかったので、性転換後のストーリーは私の想像にすぎません。インターセックスの活動家と仕事をすることはできませんでしたが、撮影現場に医療コンサルタントがいてくれてよかったです。彼らは本当に私を助けてくれました。

映画『I ~人に生まれて~』リー・リンウェイほか

マイソン:
主役のリー・リンウェイさんはどんな風に役作りをされたのでしょうか?監督から何かリクエストやアドバイスをされたこと、お二人で話し合ったことはありましたか?

リリー・ニー監督:
はい、リンウェイはこの役作りのために本当に一生懸命でした。彼女は実生活では非常に女性らしく、穏やかな話し方をします。しかし、脚本で私が最初に書いたシーンは、シーナンが自慰行為をするというものでした。台本を読んだリンウェイは、そのシーンですでに緊張していました。また、シーナンはゲーム好きで長時間プレイするため、猫背であることを描写しました。リンウェイ本人は猫背でもなければビデオゲームもしないので、役作りのためにたくさんの準備をしなければなりませんでした。

映画『I ~人に生まれて~』リー・リンウェイ

マイソン:
本作の結末は、観る人によってさまざまな解釈ができるように感じました。監督としては、絶望と希望のどちらかを本作に込めたのでしょうか?もしくはそのどちらでもないのでしょうか?

リリー・ニー監督:
どちらでもないです。 誰もが自分なりの解釈をできるように、観客にオープンエンドを残したかったのです。

映画『I ~人に生まれて~』

マイソン:
本作は、大阪アジアン映画祭、ハワイ国際映画祭、ファイブフレーバーズ映画祭などに正式出品されたと聞いています。観客の反応で嬉しかった点など印象に残ったことはありますか?お国柄の違いなど感じたところがあれば教えてください。

リリー・ニー監督:
一部の観客が『I ~人間に生まれて~』をホラー映画のようだと思っていたのは興味深かったです。全くそのようなことを予想していませんでした。私はずっとホラー映画が好きで、子どもの頃から好きだったティム・バートン監督の視覚的なスタイルに深く影響されていたのかもしれません。しかし、私はこの映画をホラーやスリラーにするつもりはもちろんありませんでした。なぜなら主人公は、特別な体験をしましたが、それを除けば私達と同じ普通の人間だと思っているからです。
韓国とアメリカの観客が映画を気に入ってくれたこと、特にその映像美が好評だったことを知ってとても嬉しかったです。日本の観客の方々にも伝わることを願っています!

映画『I ~人に生まれて~』リリー・ニー監督

2023年9月取材 TEXT by Myson

映画『I ~人に生まれて~』リー・リンウェイ

『I ~人に生まれて~』
2023年9月22日より全国順次公開
監督:リリー・ニー
出演: リー・リンウェイ/ベラ・チェン/イン・ジャオトー
配給:ライツキューブ

ゲーム好きの14歳の少年シーナンはある日、激しい腹痛に襲われ、トイレに駆け込んだ。血で真っ赤に染まった尿を見て、膀胱がんを恐れたシーナンは両親に連れられ病院へ。医師は両親にシーナンが性分化疾患であると告げ、性転換手術の選択を迫る。そして、両親はシーナンに病気のことを伝えず、さらに相談もなく、性転換手術を決断する。

公式サイト 

©2021 Flying Key Movie Co., Ltd. All Rights Reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP