REVIEW

カラーパープル【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『カラーパープル』ファンテイジア・バリーノ

REVIEW

スティーブン・スピルバーグ監督が1985年に撮った『カラーパープル』が、ミュージカルとして蘇りました。本作の製作には、スピルバーグ、オリジナル版でソフィアを演じたオプラ・ウィンフリー、音楽を担当したクインシー・ジョーンズが名を連ねています。主人公のセリーは、ブロードウェイ・ミュージカルでセリー役を演じたファンテイジア・バリーノが務め、同じくブロードウェイ・ミュージカルでソフィア役を演じたダニエル・ブルックスが本作でもソフィア役を演じています。ファンテイジアは、一見か弱いけれど芯がとても強く心優しいセリーを好演。ダニエルは、豪快で明るく勝ち気なソフィアの魅力を引き立てる演技を見せています。無敵のソフィアにも衝撃的な展開があるのでお楽しみに。そして、セリーの妹ネティは『リトル・マーメイド』の実写版でアリエル役を演じたハリー・ベイリーが務めています。他にも、タラジ・P・ヘンソン、コールマン・ドミンゴ、コーリー・ホーキンズ、H.E.R.と魅力的なキャストが揃っています。

映画『カラーパープル』ダニエル・ブルックスほか

物語の舞台はジョージア州沿岸、1909年からストーリーが綴られていきます。母を亡くし、父と妹のネティと暮らしていたセリーは、父が独断で決めた相手、通称ミスター(コールマン・ドミンゴ)と結婚させられます。セリーは、ミスターと前妻との子ども3人の世話と家事、畑仕事とこき使われ、自由のない生活を送ります。そんなセリーにとって、心の支えは妹ネティの存在だけだったにもかかわらず、ある出来事を機にネティとも生き別れとなり、孤独な日々を過ごします。でも、後に義理の娘ソフィアや、歌手となり自由奔放に生きるシュグ(タラジ・P・ヘンソン)と出会うことで、セリーの人生は徐々に変わり始めます。
既に1985年版を観てストーリーを知っていたとしても、本作を観て改めてセリー達女性が受ける仕打ちに衝撃を受けます。黒人差別も描かれていながら、性差別が色濃く映り、時代の風潮に従順に生きざるをえない女性の象徴としてセリーがいて、時代の風潮に逆らうように生きる女性の象徴として、ソフィアやシュグがいます。対極にいる彼女達が、お互いを支え合いながらいかに幸せを見つけていくかが、本作の見どころです。
どんな物語かは映画で観ていただくとして、辛い物語の中に救いがある点が本作の魅力です。セリーを始めとする女性達の忍耐力、包容力、勇気に頭が下がります。そんな女性達の生き様に男性達がどう反応するのかにもご注目ください。この物語に込められたメッセージは、時代、国を越えて、現代の私達にも必要なメッセージです。ぜひ、老若男女問わず観ていただきたい作品です。

デート向き映画判定

映画『カラーパープル』ファンテイジア・バリーノ/タラジ・P・ヘンソン

時代は変わったとはいえ、今でもTPOによっては酷い性差別の真っ只中にいる方もいるでしょう。“これまでの常識”から抜け出せない人は、性差別をしていても全く自覚がないままでいる可能性もあります。本作は、そうした社会の風潮について話すきっかけになると思います。カップルで一緒に観て、日頃悶々としていることを打ち明けたり、お互いの価値観を知るきっかけにするのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『カラーパープル』

キッズやティーンの皆さんにもぜひ観ていただきたい作品です。日本でもまだまだ性差別があります。それに耐える女性の姿、「これはおかしい!」「こんなことはあってはならない!」と立ち上がる女性の姿のいずれを観ても、考えさせられるところがあります。性差別だけではなく、親子関係にもいえることがあります。自分で判断ができる年齢になっても親のいうことが絶対だとして、ずっと自由を奪われていることがあるかもしれません。本作は、逆境に立たされている人達が、自分にとっての幸せを探すための勇気をくれます。

映画『カラーパープル』ファンテイジア・バリーノ

『カラーパープル』
2024年2月9日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

TEXT by Myson


関連作

『カラーパープル』(1985年製作/オリジナル版)
2024年1月24日より日本語吹替音声追加収録版 <4K ULTRA HD & ブルーレイセット>販売中

映画『カラーパープル』(1985)

Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る

© 1985 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP