REVIEW

グリーン・ナイト

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル

数々の個性的な作品を輩出し期待を集めるA24が手掛ける本作は、作者不明の「サー・ガーウェインと緑の騎士」を原典としています。原典は14世紀に詠まれたアーサー王にまつわる物語で、言語学者であり「指輪物語」で知られるJ・R・R・トールキンが翻訳し出版したことで広く読まれるようになったといわれています(映画公式資料より)。
主人公は、アーサー王の甥であるサー・ガウェイン(デヴ・パテル)。彼は自堕落な生活を送っていましたが、あるクリスマスの日、アーサー王が開いた宴に突如現れた奇妙な姿の緑の騎士の恐ろしい“遊び事”に応じます。その“遊び事”はその場では終わらず、緑の騎士は1年後にある約束を果たすよう言い残しその場を去ります。さて、サー・ガウェインは1年後、その約束を果たせるのだろうかというのが本作の物語です。
本作には比喩的な表現が多く出てくるので、どんな意味が隠されているのか考えながら観るおもしろさがあります。また、哲学的なセリフも多く、セリフの一つひとつを注意深く聞きながら観て欲しい作品です。クリスマスになぞらえて、緑と赤が何を象徴しているのかというのも鍵となっていて、なぜ“グリーン・ナイト=緑の騎士”なのかというところも自分なりの解釈を交えながら観ると一層楽しめます。さらに、緑の騎士が持ちかけた恐ろしい“遊び事”が意味するところは何なのかが最大のテーマです。サー・ガウェインは、どの時代どの世界にもいる“私達”を象徴しているキャラクターといえます。最後まで観ると、とても大切なことに気づかされるでしょう。今のままではダメだと自覚しながらも、時間に流されていると感じている方にぜひ観て欲しい1作です。

デート向き映画判定
映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル/アリシア・ヴィキャンデル

物語に隠されたメッセージを読み解きながら観るのが好きな方にはオススメの作品であると同時に、ストレートな表現、わかりやすいストーリーが好みの方には少々負荷が大きい作品ともいえます。そういう意味で、映画の好みによって反応が大きく異なるであろうことを考えると、デートで観るよりは1人でじっくり観るか、同じスタンスの映画好きの友達と観るほうが心おきなく楽しめるような気がします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル

キッズにはまだ難しいでしょうし、少々刺激が強いシーンもあるので、中学生くらいになってから観るほうが良いでしょう。世界観が独特なので、若い皆さんの感性にビビッとくるところもありそうです。今は解釈が完璧にできなくても、若い皆さんなりに感覚で楽しめる部分があると思います。こういう作品に苦手意識を持たず若いうちから触れておくと、今後の映画生活が豊かになると思います。

映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル

『グリーン・ナイト』
2022年11月25日より全国公開
トランスフォーマー
公式サイト

© 2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP