REVIEW

グリーン・ナイト【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル

数々の個性的な作品を輩出し期待を集めるA24が手掛ける本作は、作者不明の「サー・ガーウェインと緑の騎士」を原典としています。原典は14世紀に詠まれたアーサー王にまつわる物語で、言語学者であり「指輪物語」で知られるJ・R・R・トールキンが翻訳し出版したことで広く読まれるようになったといわれています(映画公式資料より)。
主人公は、アーサー王の甥であるサー・ガウェイン(デヴ・パテル)。彼は自堕落な生活を送っていましたが、あるクリスマスの日、アーサー王が開いた宴に突如現れた奇妙な姿の緑の騎士の恐ろしい“遊び事”に応じます。その“遊び事”はその場では終わらず、緑の騎士は1年後にある約束を果たすよう言い残しその場を去ります。さて、サー・ガウェインは1年後、その約束を果たせるのだろうかというのが本作の物語です。
本作には比喩的な表現が多く出てくるので、どんな意味が隠されているのか考えながら観るおもしろさがあります。また、哲学的なセリフも多く、セリフの一つひとつを注意深く聞きながら観て欲しい作品です。クリスマスになぞらえて、緑と赤が何を象徴しているのかというのも鍵となっていて、なぜ“グリーン・ナイト=緑の騎士”なのかというところも自分なりの解釈を交えながら観ると一層楽しめます。さらに、緑の騎士が持ちかけた恐ろしい“遊び事”が意味するところは何なのかが最大のテーマです。サー・ガウェインは、どの時代どの世界にもいる“私達”を象徴しているキャラクターといえます。最後まで観ると、とても大切なことに気づかされるでしょう。今のままではダメだと自覚しながらも、時間に流されていると感じている方にぜひ観て欲しい1作です。

デート向き映画判定
映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル/アリシア・ヴィキャンデル

物語に隠されたメッセージを読み解きながら観るのが好きな方にはオススメの作品であると同時に、ストレートな表現、わかりやすいストーリーが好みの方には少々負荷が大きい作品ともいえます。そういう意味で、映画の好みによって反応が大きく異なるであろうことを考えると、デートで観るよりは1人でじっくり観るか、同じスタンスの映画好きの友達と観るほうが心おきなく楽しめるような気がします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル

キッズにはまだ難しいでしょうし、少々刺激が強いシーンもあるので、中学生くらいになってから観るほうが良いでしょう。世界観が独特なので、若い皆さんの感性にビビッとくるところもありそうです。今は解釈が完璧にできなくても、若い皆さんなりに感覚で楽しめる部分があると思います。こういう作品に苦手意識を持たず若いうちから触れておくと、今後の映画生活が豊かになると思います。

映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル

『グリーン・ナイト』
2022年11月25日より全国公開
トランスフォーマー
公式サイト

© 2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP