REVIEW

軍艦少年

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『軍艦少年』佐藤寛太

世界文化遺産に登録された軍艦島が物語の鍵を握る本作は、軍艦島が見える街が舞台となっています。現在軍艦島は無人島になっていますが、1974年までは人が暮らしており、ピーク時には5000人を超える人々がこの小さな島に住んでいたとされています。当時の人口密度は世界一で、東京の人口密度の9倍だったとも言われています。今は廃墟となった軍艦島も独特のオーラがあり、本作でもキャラクターの1人といえる存在感を放っています。そして、原作はヤンキー漫画「ギャングキング」「セブン☆スター」などで人気の柳内大樹による同名漫画です。
本作の主人公は海辺の街に住む男子高校生、海星(佐藤寛太)で、彼の日常と彼の家族の物語が綴られています。金髪がトレードマークの海星を佐藤寛太が魅力的に体現していて、やんちゃながらキュートな一面も垣間見えます。ヤンキー映画が世の中にいろいろあるなかで、本作で印象的なのは家族の物語が軸となっているところです。ヤンキー同士のどちらが強いかという競争はもちろんありますが、それよりも海星一家がどう苦難を乗り越えるかということ、人として強いとはどういうことかというような生きる上での美学が語られている点で、どんな世代の方が観てもそれぞれに共感できるところがあると思います。軍艦島での撮影許可に2年かけたとも言われているので、ぜひいろいろなポイントに注目して観てください。

デート向き映画判定
映画『軍艦少年』加藤雅也

主人公の海星もすごく強いですが、敵対する相当強いキャラクターも登場するので、喧嘩のシーンは多少痛々しい部分がありますが、目を背けるほどハードなシーンはそれほどないので、2人とも興味があればデートで観るのも良いでしょう。恋愛要素もちらっとありますが、気まずいシーンはなくそういう意味では気楽に観られると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『軍艦少年』山口まゆ/濱田龍臣

ティーンの皆さんは海星や同級生の目線で等身大で観られる物語だと思います。海星の鮮やかな跳び蹴りや喧嘩っぷりは爽快な部分もあって、原作が好きな方はもちろん、ヤンキー映画好きにもオススメです。親子の物語としても楽しめるので、友達と観ても親子で観ても良いと思います。

映画『軍艦少年』佐藤寛太/加藤雅也/山口まゆ/濱田龍臣/赤井英和/大塚寧々

『軍艦少年』
2021年12月10日より全国公開
PG-12
ハピネットファントム・スタジオ
公式サイト

© 2021『軍艦少年』製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ/神木隆之介 ノイズ

意図せず殺人を犯してしまった男と、それに関与した親友達が…

映画『スターダスト』ジェナ・マローン ジェナ・マローン

1984年11月21日アメリカ、ネバダ州出身。10歳の時に『冷たい一瞬を抱いて』で映画デビューし…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

今回は、最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より全国公開)の公開を記念し、これまでスティーヴン・スピルバーグが監督した作品(一部テレビ映画も含む)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『前科者』有村架純/森田剛 前科者

本作はWOWOWでドラマ版が放送(現在はWOWOWオンデマンド、Amazon Primeにて配信中)されていますが…

映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』サブリナ・アマーリ クレッシェンド 音楽の架け橋

今も争いが続くパレスチナとイスラエルの音楽家を夢見る若者達が集まり、オーケストラを結成するという…

映画『こんにちは、私のお母さん』チャン・シャオフェイ チャン・シャオフェイ

1986年1月10日生まれ。中国、遼寧省出身。2009年に北京電影学院俳優科を卒業後…

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』カヤ・スコデラリオ/アヴァン・ジョーギア バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の“バイオハザード”シリーズでは、ゲームシリーズには登場しないアリスを主人公として映画独自のストーリーが展開されました。それに対して…

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ビル・キャンプ ビル・プルマン

1953年12月17日アメリカ、ニューヨーク州生まれ。1996年の大ヒット作『インデペンデンス・デイ』のアメリカ大統領役で…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』トートバッグ、ノートブック 『ウエスト・サイド・ストーリー』オリジナルグッズ(ノートブック&トートバッグ) 3名様プレゼント

『ウエスト・サイド・ストーリー』オリジナルグッズ(ノートブック&トートバッグ) 3名様プレゼント

映画『Pure Japanese』ディーン・フジオカ/蒔田彩珠 Pure Japanese

映像、音楽、ファッションなどさまざまなジャンルで活躍するディーン・フジオカが企画、プロデュース、主演を務め…

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

今回は、最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より全国公開)の公開を記念し、これまでスティーヴン・スピルバーグが監督した作品(一部テレビ映画も含む)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

REVIEW

  1. 映画『ノイズ』藤原竜也/松山ケンイチ/神木隆之介
    ノイズ

  2. 映画『前科者』有村架純/森田剛
    前科者

  3. 映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』サブリナ・アマーリ
  4. 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』カヤ・スコデラリオ/アヴァン・ジョーギア
  5. 映画『Pure Japanese』ディーン・フジオカ/蒔田彩珠
    Pure Japanese

  6. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
  7. 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール
  8. 映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク
  9. 映画『さがす』佐藤二朗
    さがす

  10. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
PAGE TOP