REVIEW

メモリーズ・オブ・サマー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

冒頭シーンからグッと引き込まれ、たったひと夏で大きく成長する少年の姿から目が離せません。母と穏やかに過ごすはずの夏休みの間に、あまりにいろいろなことが起きて、これが自分だったらヘトヘトというか、精神的にどうなってしまうかわかりません。大人のゴタゴタに振り回されていながら、少年だけは誰も傷つかないように奮闘していて、それを上手く周囲の人間に伝えることができないもどかしさがヒシヒシと伝わってきます。ものすごく孤独で困難な状況に陥っているのに身動きが取れないなんて、本当に辛過ぎる。ラストシーンにはそんな彼の精一杯の気持ちが詰まっていて、観る側もいろいろな意味でスリルを存分に体感させられる作品です。

デート向き映画判定
映画『メモリーズ・オブ・サマー』ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

主人公の少年の両親の間で問題が勃発するくだりは、デートで観るには気まずいでしょう。ある意味で、劇中の両親がとった対応が夫婦という関係を保つ術なのかも知れませんが、大人ってずるいというか、弱虫というか、あまり直視したくない部分を浮き彫りにしているので、1人でじっくり観るか、仲の良い友達と観るほうが良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ

主人公が12歳で、彼の目線から両親、家庭に起きている問題を描いているので、感情移入はしやすいと思います。ただ、子ども心には辛い内容ではあるので、敢えてオススメもしづらい部分があります。中学生くらいになれば、自分なりにもう少し消化しながら観られると思うので、ちょっとお兄さん、お姉さんになってから観ることをオススメします。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

『メモリーズ・オブ・サマー』
2019年6月1日より全国順次公開
マグネタイズ/配給協力:コピアポア・フィルム
公式サイト

© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

TEXT by Myson

関連記事
  • アダム・グジンスキ監督インタビュー
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希 引っ越し大名!

昔、引っ越し大名っていう役職は本当にあったようですね。今で考えると大企業がごそっと皆で家族も連れて拠点を変えるようなものなので…

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした『バウンティ・ロー』で主役を演じたリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物も登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件…

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、江口洋介 江口洋介(えぐち ようすけ)

1968年1月1日東京都生まれ。1987年に『湘南爆走族』でデビュー。さまざまなドラマや映画で活躍している。近年の映画出演作には…

映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ ドッグマン

本作は1980年代の終わりにイタリアで実際にあった事件からインスピレーションを受けて作られたそうで、犬のトリマーやドッグショーをやっていたマルチェロは実在の人物…

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

おすすめ記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

REVIEW

  1. 映画『引っ越し大名!』星野源/高橋一生/高畑充希
  2. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  3. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  4. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  5. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  6. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  7. 映画『天気の子』
    天気の子

  8. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  9. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  10. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP