REVIEW

メモリーズ・オブ・サマー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ

冒頭シーンからグッと引き込まれ、たったひと夏で大きく成長する少年の姿から目が離せません。母と穏やかに過ごすはずの夏休みの間に、あまりにいろいろなことが起きて、これが自分だったらヘトヘトというか、精神的にどうなってしまうかわかりません。大人のゴタゴタに振り回されていながら、少年だけは誰も傷つかないように奮闘していて、それを上手く周囲の人間に伝えることができないもどかしさがヒシヒシと伝わってきます。ものすごく孤独で困難な状況に陥っているのに身動きが取れないなんて、本当に辛過ぎる。ラストシーンにはそんな彼の精一杯の気持ちが詰まっていて、観る側もいろいろな意味でスリルを存分に体感させられる作品です。

デート向き映画判定
映画『メモリーズ・オブ・サマー』ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

主人公の少年の両親の間で問題が勃発するくだりは、デートで観るには気まずいでしょう。ある意味で、劇中の両親がとった対応が夫婦という関係を保つ術なのかも知れませんが、大人ってずるいというか、弱虫というか、あまり直視したくない部分を浮き彫りにしているので、1人でじっくり観るか、仲の良い友達と観るほうが良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ

主人公が12歳で、彼の目線から両親、家庭に起きている問題を描いているので、感情移入はしやすいと思います。ただ、子ども心には辛い内容ではあるので、敢えてオススメもしづらい部分があります。中学生くらいになれば、自分なりにもう少し消化しながら観られると思うので、ちょっとお兄さん、お姉さんになってから観ることをオススメします。

映画『メモリーズ・オブ・サマー』マックス・ヤスチシェンプスキ/ウルシュラ・グラボフスカ/ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ

『メモリーズ・オブ・サマー』
2019年6月1日より全国順次公開
マグネタイズ/配給協力:コピアポア・フィルム
公式サイト

© 2016 Opus Film, Telewizja Polska S.A., Instytucja Filmowa SILESIA FILM, EC1 Łódź -Miasto Kultury w Łodzi

TEXT by Myson

関連記事
  • アダム・グジンスキ監督インタビュー
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

映画『ある町の高い煙突』渡辺大 渡辺大(わたなべ だい)

1984年8月1日東京都生まれ。2002年に『新春ワイド時代劇壬生義士伝』で俳優デビュー後、テレビドラマ、映画で活躍。2018年には…

映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク 神と共に 第二章:因と縁

第一章から語られている概念は共通していながら、視点がガラリと変わって、本作のほうが人間のダークな面にフォーカスした内容になっています。でも、だからこそ人間味が感じられるストーリーになっていて…

映画『きみと、波にのれたら』 きみと、波にのれたら

爽やかな青春ラブストーリーという枠に留まらず、予期せず辛い経験をした若いカップルが心に大きな傷を抱えながら、それを…

映画『アラジン』メナ・マスード メナ・マスード

1992年エジプト生まれ、カナダで育つ。ライアソン大学の演劇プログラムを卒業後、テレビシリーズ『ニキータ』や『コンバット・ホスピタル 戦場救命』などのドラマや短編映画など…

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー 『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

映画『新聞記者』北村有起哉 北村有起哉(きたむら ゆきや)

1974年4月29日、東京都生まれ。1998年に舞台“めざめ”と映画『カンゾー先生』でデビュー。以降、舞台と映像の両方で活躍中。劇団☆新感線の“メタルマクベス”や…

おすすめ記事

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

REVIEW

  1. 映画『神と共に 第二章:因と縁』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/D.O.(EXO)/マ・ドンソク
  2. 映画『きみと、波にのれたら』
  3. 新聞記者

  4. クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン
  5. 映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月
    ザ・ファブル

  6. 映画『パピヨン』チャーリー・ハナム/ラミ・マレック
    パピヨン

  7. 映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大
  8. 映画『ハウス・ジャック・ビルト』マット・ディロン
  9. 映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』ソフィー・ターナー/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ジェシカ・チャステイン/ニコラス・ホルト/エヴァン・ピーターズ/コディ・スミット=マクフィー/アレクサンドラ・シップ/タイ・シェリダン
  10. 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』二宮慶多/水野哲志/奥村門土/中島セナ

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP