REVIEW

ミッドサマー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

へレディタリー/継承』のアリ・アスターが監督、脚本を務めた作品ということで、「何かあるんだろう」というのは予想していましたが、個人的には『へレディタリー/継承』よりもよっぽどこちらのほうがクレイジーでヘビーに感じました。本作の舞台は、スウェーデンの奥地で暮らす宗教団体が90年に一度行う祝祭。メインキャラクターは、両親と妹を亡くしたばかりの大学生ダニー(フローレンス・ピュー)、彼女の恋人クリスチャン(ジャック・レイナー)とその友人達。ダニーとクリスチャンは、民俗学を研究する友人達に誘われて、祝祭に参加するためにスウェーデンに旅行をすることになりますが、儀式を見学するだけに留まらない事態に巻き込まれていきます。最初はこの宗教団体の行為の恐ろしさに目がいきますが、根本は宗教云々いうよりも、ある意味、誰にでも起こり得る話だからこそ、このストーリーは怖くて、切ないのです。
あくまで私の解釈ですが、人には何かすがりつくものが必要な時があること、そして何かを“盲信”することが救いになることもあります。ダニーは家族を一度に亡くし、その背景にも重い事情があって失意のどん底にいますが、恋人のクリスチャンともうまくいっていません。そんな精神的に不安定な彼女が、この旅にきてどう変わっていくのかを観ていると、強烈な体験が彼女を変えていくことがわかります。ここで目にする光景の中には、ある意味動物的に男女の役割を象徴するような行為も出てきます。どれも一見すごくむごいのですが、どこか男女関係における“割り切り”を促すような描写にも見えます。そういった視点で観ると、最終的にダニーにとっては救いになる部分もあるように思うわけですが、世の中にある“宗教”の存在意義というものを改めて違った視点で観るような感覚があります。公式資料でアリ・アスター監督は「僕はダニーのような立場にいたんだ。(中略)これは僕自身のトラウマを癒すためのおとぎ話なんだ」と語っており、監督としてはハッピーエンドだそうです。観ようによってはバッドエンドにもハッピーエンドにも取れる結末ですが、皆さんはどう観るでしょうか。いろいろな解釈ができる作品なので、複数回観ると、毎度発見がありそうです。

デート向き映画判定
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

うまくいっていないカップルが、別れるタイミングを逃したまま、旅に出てえらいことになるというストーリーなので、カップルと観るとだいぶ複雑な気持ちになると思います(笑)。かなり強烈なストーリーなので、客観的に観る人も多いとは思いますが、むごいシーンも多いので、そういう意味でもデートにはオススメできません。哲学的な解釈が好きな人は、根底に描かれているものを考えながら観るとどっぷりハマれるので、1人でじっくり観るか、仲の良い友達と観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー

15歳未満の人は観られませんが、高校生でもこれはかなり刺激が強いので、心して観てください。怖いシーンも出てくるスリラー映画ではありますが、美しい風景や衣装なども出てくるので、アートとして楽しめる要素もあります。結末は「なんで、そうなっちゃうの〜?」と思う人もいるかも知れませんが、その辺りは人生でいろいろな経験をしてからもう1回観ると見え方が変わる部分もあるでしょう。今は今の心で観るということで良いと思います。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー

『ミッドサマー』
2020年2月21日より全国公開
R-15+
ファントム・フィルム
公式サイト

© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エマの秘密に恋したら』タイラー・ホークリン タイラー・ホークリン

1987年9月11日アメリカ生まれ。DCユニバースを描いたシリーズ『SUPERGIRL/スーパーガール』(15~)のシーズン…

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP