REVIEW

ミッドサマー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

へレディタリー/継承』のアリ・アスターが監督、脚本を務めた作品ということで、「何かあるんだろう」というのは予想していましたが、個人的には『へレディタリー/継承』よりもよっぽどこちらのほうがクレイジーでヘビーに感じました。本作の舞台は、スウェーデンの奥地で暮らす宗教団体が90年に一度行う祝祭。メインキャラクターは、両親と妹を亡くしたばかりの大学生ダニー(フローレンス・ピュー)、彼女の恋人クリスチャン(ジャック・レイナー)とその友人達。ダニーとクリスチャンは、民俗学を研究する友人達に誘われて、祝祭に参加するためにスウェーデンに旅行をすることになりますが、儀式を見学するだけに留まらない事態に巻き込まれていきます。最初はこの宗教団体の行為の恐ろしさに目がいきますが、根本は宗教云々いうよりも、ある意味、誰にでも起こり得る話だからこそ、このストーリーは怖くて、切ないのです。
あくまで私の解釈ですが、人には何かすがりつくものが必要な時があること、そして何かを“盲信”することが救いになることもあります。ダニーは家族を一度に亡くし、その背景にも重い事情があって失意のどん底にいますが、恋人のクリスチャンともうまくいっていません。そんな精神的に不安定な彼女が、この旅にきてどう変わっていくのかを観ていると、強烈な体験が彼女を変えていくことがわかります。ここで目にする光景の中には、ある意味動物的に男女の役割を象徴するような行為も出てきます。どれも一見すごくむごいのですが、どこか男女関係における“割り切り”を促すような描写にも見えます。そういった視点で観ると、最終的にダニーにとっては救いになる部分もあるように思うわけですが、世の中にある“宗教”の存在意義というものを改めて違った視点で観るような感覚があります。公式資料でアリ・アスター監督は「僕はダニーのような立場にいたんだ。(中略)これは僕自身のトラウマを癒すためのおとぎ話なんだ」と語っており、監督としてはハッピーエンドだそうです。観ようによってはバッドエンドにもハッピーエンドにも取れる結末ですが、皆さんはどう観るでしょうか。いろいろな解釈ができる作品なので、複数回観ると、毎度発見がありそうです。

デート向き映画判定
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

うまくいっていないカップルが、別れるタイミングを逃したまま、旅に出てえらいことになるというストーリーなので、カップルと観るとだいぶ複雑な気持ちになると思います(笑)。かなり強烈なストーリーなので、客観的に観る人も多いとは思いますが、むごいシーンも多いので、そういう意味でもデートにはオススメできません。哲学的な解釈が好きな人は、根底に描かれているものを考えながら観るとどっぷりハマれるので、1人でじっくり観るか、仲の良い友達と観ることをオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー

15歳未満の人は観られませんが、高校生でもこれはかなり刺激が強いので、心して観てください。怖いシーンも出てくるスリラー映画ではありますが、美しい風景や衣装なども出てくるので、アートとして楽しめる要素もあります。結末は「なんで、そうなっちゃうの〜?」と思う人もいるかも知れませんが、その辺りは人生でいろいろな経験をしてからもう1回観ると見え方が変わる部分もあるでしょう。今は今の心で観るということで良いと思います。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー

『ミッドサマー』
2020年2月21日より全国公開
R-15+
ファントム・フィルム
公式サイト

© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~【レビュー】

ニコール・キッドマン(主演兼製作総指揮)と『フェアウェル』のルル・ワンがタッグを組んだ本シリーズは…

映画『ハクソー・リッジ』ルーク・ブレイシー ルーク・ブレイシー【プロフィールと出演作一覧】

1989年4月26日生まれ。オーストラリア、シドニー出身。ベルビュー・ヒルにあるスコッツ・カレッジで学び…

映画『悪は存在しない』西川玲 悪は存在しない【レビュー】

『悪は存在しない』というタイトルにインパクトがあり、鑑賞中はどういう意味が込められているのか…

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『ミステリと言う勿れ』DVD通常版 1名様プレゼント

映画『アバウト・ライフ 幸せの選択肢』ウィリアム・H・メイシー ウィリアム・H・メイシー【プロフィールと出演作一覧】

1950年3月13日アメリカ、フロリダ生まれ。1994年から放送されたTVシリーズ『ER 緊急救命室』に出演し…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 青春 18×2 君へと続く道【レビュー】

『余命10年』『新聞記者』を手掛けた藤井道人が、台湾で話題を呼んだシジミー・ライの紀行エッセイ「青春 18×2 日本慢車流浪記」を…

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 海外ドラマ『エクスパッツ ~異国でのリアルな日常~』ニコール・キッドマン
  2. 映画『悪は存在しない』西川玲
  3. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  4. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  5. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス

PRESENT

  1. 中国ドラマ『花の告発~煙雨に仇打つ九義人~』QUOカード
  2. 映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉
  3. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
PAGE TOP